ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング

第2回 ムービークリップインスタンスをコントロールする

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

本連載は,簡単なスクリプトは書いたことがあるという初級者を対象とする。そのため,ActionScriptの基本的なポイントは,必要に応じて簡単に説明する。なお,Flashアプリケーションの基本操作については,理解していることが前提である。

今回はまず,インスタンスとターゲットパスの考え方を確認しておこう。そしてつぎに,ActionScriptに定義済み(ビルトイン)のプロパティや関数を使って,インスタンスをコントロールしてみる。作成するのは,ストップウォッチのような,回転する秒針のアニメーションだ。

図1 回転する秒針のアニメーション

図1 回転する秒針のアニメーション

インスタンスとその名前

まず,秒針にするムービークリップシンボルを作成し,そのインスタンスをひとつメインタイムラインに配置しよう図2※1))。[ライブラリ]に作成された「シンボル」は,舞台でいえば役者に当たる。ステージに配置された「インスタンス」は,いわば配役を与えられた「キャスト」である。

実は,スクリプト(script)には,英語で「台本」という意味もある※2)。脚本で演技を指示するためには,役名が与えられなければならない。したがって,インスタンスには「インスタンス名」が必要になる。メインタイムラインに配置した秒針のムービークリップインスタンスに,[プロパティ]インスペクタで"bar_mc"という名前を設定しておこう図2)。

図2 メインタイムラインに配置したムービークリップにインスタンス名をつける

図2 メインタイムラインに配置したムービークリップにインスタンス名をつける

インスタンス名は,基本的に半角の英数字または「_」(アンダースコア)で設定する。プログラムでコントロールするものにつける名前を,一般に「識別子」(identifier)と呼ぶ。インスタンス名は,もちろん識別子である。その他,後で学習する変数名や関数名にも,識別子をつける。識別子には,つぎのような決まりがある。

識別子の決まり
  1. すべて半角で,英数字か「_」(アンダースコア)または「$」(ドル記号)のみ用いる(ただし,「$」は通常は使われない)。
  2. 識別子の最初の文字に,数字は使えない。
  3. 英字の大文字と小文字は区別する。
  4. ActionScriptで現在使用され,あるいは将来使われる可能性のあるキーワードとして定められている「予約語」を使うことはできない※3)。
※1
ムービークリップインスタンスは,「基準点」を中心に回転する。したがって,秒針を12時の方向で作成したなら,基準点は下端の真ん中に設定する必要がある図3)。

図3 [シンボルに変換]ダイアログボックスで[基準点]を選択

図3 [シンボルに変換]ダイアログボックスで[基準点]を選択

※2
たとえば,goo辞書(三省堂『EXCEED英和辞典』)scriptの項参照。
※3
「予約語」は,オンラインヘルプ「ActionScript 3.0 のプログラミング」[ActionScript 言語とシンタックス] > [シンタックス]の項に,「キーワードと予約語」として一覧表が掲げられている。しかし,とくに初級者のうちは,予約語に含まれていなくても, ActionScriptの定義済みブロバティやメソッド・関数として使われている名前は使うのを避けた方がよい(Flash CS3英語版LiveDocsKeywords and reserved words参照)。

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入