ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング

第19回 Objectクラスと静的メソッドの定義

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回の第18回カスタムクラスを定義するでは、クラスMyTimerを定義した。今回は、このMyTimerクラスに、さらに機能を加えてみよう(前回のサンプルファイルは3ページからダウンロードできる)。

Objectクラスを使う

MyTimerクラスには,インスタンスを作成した時刻が保持される。この時刻は,クラスのprivateなプロパティにDateインスタンスとして設定した。

var myObject:MyTimer = new MyTimer();

そして,MyTimerクラスのgetElapsedTime()メソッドを使うと,インスタンスを作成してからの経過時間がミリ秒で取得できた※1)。

var nElapsedTime:Number = myObject.getElapsedTime();

しかし,桁数の大きいミリ秒の整数より,時分秒ミリ秒の数値を個別に調べられた方が時間はわかりやすい。たとえば,Dateインスタンスであれば,それらの値はプロパティとして取出すことができた。そこで, getElapsedTime()の戻り値をオブジェクトとして,そのプロパティから時分秒ミリ秒の数値が取出せるようにしよう。

実際,getElapsedTime()がDateインスタンスを返せば,時分秒のプロパティは得られる。しかし,それら以外の日付のプロパティやDateクラスのメソッドを使うつもりはない。したがって,もっとシンプルで軽いObjectクラスのインスタンスを用いることにする。

具体的には,getElapsedTime()メソッドの戻り値に対して,つぎのようなアクセスができるようにしたい図1)。

var oElapsedTime:Object = myObject.getElapsedTime();
trace(oElapsedTime.hours);   // 時
trace(oElapsedTime.minutes);   // 分
trace(oElapsedTime.seconds);   // 秒
trace(oElapsedTime.milliseconds);   // ミリ秒

図1 getElapsedTime()メソッドの戻り値から時分秒のプロパティを取出す

図1 getElapsedTime()メソッドの戻り値から時分秒のプロパティを取出す

Objectクラスは,その使い方によって,いくつかの側面をもつ。今回は,配列(Arrayクラス)と似た,複数の値を収める容れ物として用いる。まず,Objectインスタンスの生成は,ActionScriptの原則どおり,コンストラクタメソッドを呼出して行う。

var myObject:Object = new Object();

つぎに,Objectインスタンスへの値の納め方だ。配列は整数インデックスに値を格納した。Objectインスタンスには,インデックスでなく変数のように識別子をつけて値を代入する。識別子は,Objectインスタンスにドットシンタックスで以下のように設定すればよい。そして,値は代入演算子=で代入する。

myObject.hours = 12;
myObject.minutes = 34;
myObject.seconds = 56;
myObject.milliseconds = 789;

さらに,値の取得も,つぎのようにドットシンタックスで行う。なお,Arrayインスタンス(配列)にインデックスをつけて納めた値は「エレメント」と呼ぶのに対して,Objectインスタンスに識別子で設定した値を「プロパティ」という。

trace(myObject.hours);   // 出力: 12
trace(myObject.minutes);   // 出力: 34
trace(myObject.seconds);   // 出力: 56
trace(myObject.milliseconds);   // 出力: 789
※1)
インスタンスを参照してアクセスするプロパティやメソッドは,「インスタンスプロパティ」および「インスタンスメソッド」と呼ばれる。

ミリ秒から時分秒を計算する

MyTimerクラスのメソッドgetElapsedTime()がObjectインスタンスを返すよう修正する前に,ミリ秒から時分秒を計算する方法について確認しておこう。総ミリ秒の数値をもとに,つぎのように1000(ミリ秒),60(秒),60(分)で順に割り,順に余りを取出せばよい。

画像

たとえば,ミリ秒の数値から時分秒ミリ秒のプロパティ値が納められたObjectインスタンスを返す関数translateToTimeObject()は,フレームアクションとしては以下のスクリプト1のように定義できる※2)。同じタイムラインからは,この関数をつぎのように試せばよい図2)。

var myObject:Object = translateToTimeObject(45296789);
trace(myObject.hours);   // 出力: 12
trace(myObject.minutes);   // 出力: 34
trace(myObject.seconds);   // 出力: 56
trace(myObject.milliseconds);   // 出力: 789

スクリプト1 ミリ秒値から時分秒ミリ秒のプロパティ値が納められたObjectインスタンスを返す関数

// フレームアクション
function translateToTimeObject(nTime:Number):Object {
  var oTime:Object = new Object();
  oTime.milliseconds = nTime%1000;
  nTime = Math.floor(nTime/1000);
  oTime.seconds = nTime%60;
  nTime = Math.floor(nTime/60);
  oTime.minutes = nTime%60;
  oTime.hours = Math.floor(nTime/60);
  return oTime;
}

図2 関数に渡したミリ秒から時分秒ミリ秒が設定されたObjectインスタンスを得る

図2 関数に渡したミリ秒から時分秒ミリ秒が設定されたObjectインスタンスを得る

※2)
割った余りは,剰余演算子%を使って求められた(第16回「三角関数を使った楕円軌道のアニメーション」円や楕円軌道のアニメーション参照)。

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入