ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング

第39回 TLFTextFieldクラスを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

3次元表現のお題はまだ当分続く予定だが,前回予告したとおりFlash Professional CS5から加わったテキストレイアウトフレームワーク(Text Layout Framework)について数回を割いて説明しておきたい。今回はまず,TLFTextFieldクラスだ。これまでのTextFieldクラスと基本的な扱いは同じものの,より細かな設定ができる。

TLFテキストの操作

TLFはText Layout Frameworkの略だ。Flash Professional CS5で[ツール]パネルから[テキストツール]を選ぶと,[プロパティ]インスペクタのテキストエンジンとして[TLFテキスト]が選択できる図1左)。[TLFテキスト]は,[詳細な文字設定]など文字や段落をInDesignのように細かく設定できる図1右)。

図1 [テキストツール]で[TLFテキスト]が選択できる

図1 [テキストツール]で[TLFテキスト]が選択できる図1 [テキストツール]で[TLFテキスト]が選択できる

[TLFテキスト]のインスタンスはTLFTextFieldクラスで生成し,そのプロパティやメソッドを操作する。たとえば,TLFTextFieldインスタンス([TLFテキスト])をタイムラインに動的に配置して,テキストを設定するときは,つぎのスクリプト1のようなフレームアクションを記述する図2)。

スクリプト1 動的に配置したTLFTextFieldインスタンスにテキストを設定する

// フレームアクション
import fl.text.TLFTextField;
var my_txt:TLFTextField = new TLFTextField();
addChild(my_txt);
my_txt.x = 20;
my_txt.y = 20;
my_txt.width = 200;
my_txt.height = 100;
my_txt.wordWrap = true;
my_txt.border = true;
my_txt.text = "智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。";

図2 タイムラインに配置されたTLFTextFieldインスタンスにテキストが設定された

図2 タイムラインに配置されたTLFTextFieldインスタンスにテキストが設定された

このスクリプト1は,これまでのTextFieldインスタンスを使う処理と基本的に変わらない(第26回外部データの読込み待ち「外部テキストファイルのロード」参照)。実際,インスタンス生成のステートメントをつぎのようにTLFTextFieldからTextFieldに変えれば,動的に配置されたTextFieldインスタンスにテキストが設定される。なお,wordWrapborderプロパティは,それぞれテキストの折返しと周囲の境界線の有無を設定する。

// var my_txt:TLFTextField = new TLFTextField();
var my_txt:TextField = new TextField();

なお,ひとつ注意しておきたいのは,スクリプト1冒頭のimport宣言だ。他の多くのActionScript定義済みクラスと違い,Text Layout Frameworkに含まれるクラスはフレームアクションでもimport宣言が必要だ※1)。これがないと,[コンパイルエラー]になる図3)。

図3 TLFTextFieldクラスのimport宣言がないと[コンパイルエラー]になる

図3 TLFTextFieldクラスのimport宣言がないと[コンパイルエラー]になる

図3 TLFTextFieldクラスのimport宣言がないと[コンパイルエラー]になる

※1
もっともFlash Professional CS5では,データ型を指定すればそのクラスのimport宣言が自動的に挿入される。なお,多くのActionScript定義済みクラスは,フレームアクションではデフォルトで自動的にimportされる(F-siteコードヒントとimport宣言参照)。

著者プロフィール

野中文雄(のなかふみお)

ソフトウェアトレーナー,テクニカルライター,オーサリングエンジニア。上智大学法学部卒,慶応義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了(MBA)。独立系パソコン販売会社で,総務・人事,企画,外資系企業担当営業などに携わる。その後,マルチメディアコンテンツ制作会社に転職。ソフトウェアトレーニング,コンテンツ制作などの業務を担当する。2001年11月に独立。Web制作者に向けた情報発信プロジェクトF-siteにも参加する。株式会社ロクナナ取締役(非常勤)。

URLhttp://www.FumioNonaka.com/

著書

コメント

コメントの記入