スマホ×Windows Azure開発講座(iOS編)

第4回 Windows Azureへのデプロイ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

前回までで,iOSデバイス+Windows Azureプラットフォームの開発における,技術概要と開発環境そして実際にサービスアプリケーションの作成までご紹介しました。今回から,今回は,前回作成したアプリケーションをVisual Studioから直接Windows Azureにデプロイする方法をご紹介いたします。

※来週公開予定の,スマホ×Windows Azure開発講座(Windows Phone編)第4回では,⁠Windows Azure 管理ポータル』経由でアプリケーションをWindows Azureにデプロイする方法を紹介しています。

本記事では,Visual Studio 2010を使用して開発内容を説明していきます。第2回で紹介したとおり,Visual Web Developer 2010 Expressでも開発可能です。以降,Visual Studioと表記しますので,適宜環境に合わせて読み替えてください。

デプロイには,Windows Live IDに紐付くWindows Azure Platformアカウント(以下,Azureアカウント)が必要になります。持っていない方は無料で評価版を使うことができますので,取得してください。

発行プロファイルの取得

Visual Studioからアプリケーションを発行するには,Azureアカウントの証明書となる発行プロファイルが必要です。

https://windows.azure.com/download/publishprofile.aspxにInternet Explorerでアクセスして,AzureアカウントのWindows Live IDでサインインすると,⁠<アカウント名>-<年月日>-credentials.publishsettings」というファイルがダウンロードできます図1)⁠

図1 発行プロファイルのダウンロード

図1 発行プロファイルのダウンロード

アプリケーションの発行

前回作成したソリューション「GihyoiOSAzureSample1」をVisual Studioで開きます。ソリューション エクスプローラーにある二つのプロジェクトのうち「GihyoiOSAzureSample1」を選択します。コンテキストメニューから[発行(B)…]をクリックします図2)⁠

図2 クラウドプロジェクトのコンテキストメニュー

図2 クラウドプロジェクトのコンテキストメニュー

著者プロフィール

高橋俊光(たかはしとしみつ)

ティルフィン合同会社 代表。

メーカー企業でパッケージソフト開発などに携わった後,ティルフィン合同会社を設立しフリーエンジニアとして,RIAやスマートモバイルアプリとサーバーサイドと広い分野で開発に従事。iOSアプリ トレンドトピック,Newstrushをリリースしている。

コメント

コメントの記入