使ってみよう! Bing API/SDK

第10回 使ってみよう! Bing Maps REST Services(2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 7.5 分

画像取得の例

実際に取得した画像をみてみましょう。中心となる経緯度とズームレベルの指定した場合は図1のようになります。

  • http://dev.virtualearth.net/REST/v1/Imagery/Map/AerialWithLabels/35.689184611,139.691633583/17?
      key=BingMapsKey

図1 中心の経緯度とズームレベルの指定

図1 中心の経緯度とズームレベルの指定

エリアを示す2点の経緯度を指定した場合は図2のようになります。

  • http://dev.virtualearth.net/REST/v1/Imagery/Map/AerialWithLabels?
      mapArea=35.686481029111,139.68893000133298,35.691888193111005,139.694337165333&
      key=BingMapsKey

図2 エリアを示す2点の経緯度を指定

図2 エリアを示す2点の経緯度を指定

ルートの指定は図3のようになります。各地点にはフラッグ形式のプッシュピンが描画されます。

  • http://dev.virtualearth.net/REST/v1/Imagery/Map/Road/Routes/Driving?
      waypoint.1=Tokyo&
      waypoint.2=Kyoto&
      key=BingMapsKey

図3 ルートの指定

図3 ルートの指定

クエリーの指定は次のようになります。クエリーが示す地点には図4のようなプッシュピンが描画されます。

  • http://dev.virtualearth.net/REST/v1/Imagery/Map/Road/Tokyo?
      key=BingMapsKey

図4 クエリーの指定

図4 クエリーの指定

次はプッシュピンを描画した場合です。経緯度とズームレベルを指定した地図の3か所にプッシュピンを描画しています。図5のように一応,プッシュピンに日本語の表示も可能です。

  • http://dev.virtualearth.net/REST/v1/Imagery/Map/Road/35.689184611,139.691633583/8?&
      pp=35.68955124,139.6918197;34;%E6%9D%B1&
      pp=35.856954163889,139.648881555556;36;%E5%9F%BC&
      pp=35.605059852778,140.123322944444;36;%E5%8D%83&
      key=BingMapsKey

図5 プッシュピンの描画

図5 プッシュピンの描画

プッシュピンの種類や表示する文字列は「pp=35,139」「pp=35,139;;A」のように省略可能です。指定できる種類の番号は0から36まで用意されています。詳しくはMSDN Libraryからダウンロードできる文書を参照してください。

次はルートを描画した場合です。

  • http://dev.virtualearth.net/REST/v1/Imagery/Map/Aerial/Routes?
      mapArea=35.5,139,35.9,139.8&
      wp.0=35.68955124,139.6918197&
      wp.1=35.020907305556,135.755329916667&
      key=BingMapsKey

図6 ルートの描画

図6 ルートの描画

いずれの場所の指定方法でも,次のように画像の大きさを指定できます。

  • http://dev.virtualearth.net/REST/V1/Imagery/Map/Road?
      mapArea=37.317227,-122.318439,37.939081,-122.194565&
      ml=TrafficFlow&
      ms=200,200&
      key=BingMapsKey

図7 大きさの指定

図7 大きさの指定

上図は交通情報も表示しています。交通情報なしの場合は下図のようになります。

図8 大きさの指定(交通情報なし)

図8 大きさの指定(交通情報なし)

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp