ビジネスがわからないシステム屋はいらない!?

第3回 ビジネスがわかるシステム屋になるために

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

いよいよ本連載の最終回です。一目置かれるシステム屋になるための,問題発見と問題整理のやり方をお伝えします。

経営とビジネス環境を知ることから始める

企業の進む方向性や考えを知るには,経営戦略を知ることです。そのためには,経営者と話をするのが一番ですが,必ずしもそういうわけにはいきません。したがって,経営計画をはじめ,ステークホルダーとの関係,事業構造,製品やサービスの特徴を調べていきます。さらに,組織構造,社内の制度や規程など内部的な特徴も把握していきます。

現場との関係性づくり

現状調査をする際,部門外の人や社外の人が介在すると,現場が拒絶反応を示すことがあります。ITの知識や専門性だけでは受け入れてもらえません。

システム屋の理屈ではなく,あくまでもエンドユーザであるビジネス側の悩みを,⁠本音ベースで話してもらう関係性を築くこと⁠が大切です。そのために,まずはシステム屋がシステム以外の見地から話をしていきましょう。その際に,経営やビジネスの視点は重要な材料です。⁠お…話がわかるじゃん!」と思われたらしめたものです。適度なアイスブレイクで心を解きほぐしながら話を進めます。

目的・ゴールはみんなで決める

「経営者やCIOが言っていたから,目的は決まっている。目的は新しい基幹システムの導入だ!」という声があったとしても,⁠ちょっと待てよ…」と考えたいものです。上から言われたことをそのまま目的にしても,現場のエンドユーザの腹に落ちていないとその気にはなれず,無責任・無関心を招く要因となります。

現場の腹に落とすためには,目的をエンドユーザ自らが納得して決めることです。経営戦略や課題がぼんやりと見えていると,目的は「システム導入ではなく,コスト削減であり,その手段の1つがシステム導入である」と,考えられるようになります。システム導入だけではなく,業務プロセス変更などの環境づくりにも関心が広がってくるはずです。また,傍観者から当事者になり,参画意識が高くなります。

次は,自分で決めた目的やゴールを明文化し,関わっている現場以外の人にも積極的に見せていきます。

問題意識を共有する

関係性ができ,ある程度の目的やゴールのイメージを共有できたら,問題意識を共有します。この段階ではまだ,きちんと問題を整理する必要はありません。⁠こんなのが問題だと思うんだけど…」とざっくばらんに話をしながら,システム屋のあなたは先に仕入れていた経営や組織の情報と頭の中で照らし合わせを行います。

業務の棚卸しは共同作業

現状調査の具体的行動の第一歩として業務の棚卸しを行います。よくあるのは,上司が現場に行っている業務を提出させて,それを積み重ねて部門全体の業務とするケースと,一方的にコンサルなどが現場をヒアリングして作り上げるケースです。どちらも,ダブりや抜けがあったり,名称・用語,業務単位,区分や範囲がバラバラだったりしがちです。

業務構造を把握し,階層化を行うことが必要です。⁠どんな構造か?どの階層にあるのか?」といった視点で業務の棚卸しを共同作業として行い,相互の理解を進めます。

図1 業務の棚卸しの例

図1 業務の棚卸しの例

業務モデリングは現場が行う

ビジネスの価値に基づいてシステム開発を行うには,現状のビジネス全体像を正確に把握することが求められます。通常,業務をモデリングする作業は,ITコンサルや戦略コンサルが行いますが,彼らは現場の業務については詳しくありません。

むしろ現場の業務に精通しているエンドユーザがモデリングを行うのが一番早く確実です。そのために,システム屋がモデリングするコツやポイントをエンドユーザに伝授し,モデリングの最初の敷居をうんと下げることが大切です。該当部門の前工程・後工程の部門の人にも参画を促します。

著者プロフィール

世古雅人(せこまさひと)

メーカにて開発エンジニアと半導体基礎研究(国の研究機関出向)の計13年を設計と研究開発の現場で過ごす。企業風土改革,組織・業務コンサルティング会社や上場企業の経営企画責任者などを経て,技術の現場あがりの経験や知識を活かした業務改善やコンサルティングなどに従事。

2009年に株式会社カレンコンサルティングを設立,同社代表取締役。現場と経営を巻き込んだ「プロセス共有型」のコンサルティングスタイルを推し進めている。

株式会社カレンコンサルティング

URL:http://www.carren.co.jp/

コメント

コメントの記入