ソフトウェア開発の必須アイテム,BTSを使ってみよう

第3回 Bugzillaの導入

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回からは,代表的な幾つかのBTSを細かく見て行きたいと思います。

まずはBugzillaを取り上げます。

図1 Bugzilla

図1 Bugzilla

Bugzillaとは

Bugzilla(バグジラ)は,Mozilla Foundationが開発,使用してきたWebベースのBTSです。元々Netscape Communicationsが社内で使ってきたシステムですが,1998年8月にNetscape Navigator(Webブラウザ)のソースコードを公開する際,mozilla.orgで使うツールとして公開されました。

Bugzilla公式サイト
URLhttp://www.bugzilla.org/

非常に多くのプロジェクトで利用されており,Installation Listのページでその一端を垣間見ることができます。

2007年5月に9年振りのメジャーバージョンアップがなされ,Bugzilla 3.0が公開されました。

デモ版はこちら以下のサイトで体験できます(英語版)。

Bugzillaの特徴

Bugzillaは元々ブラウザのテストに用いられていたシステムですので,Webアプリケーション開発向きのBTSだと言えるでしょう。大規模案件での運用実績も魅力です。

細かい入力項目
バグ報告の記入項目は13あり,BTSの中でも比較的詳細です。
細かい権限設定が可能
不特定多数での利用を想定しており,バグ情報編集の可否や確認の可否などをユーザごとに細かく設定することができます。
プラットフォーム,OSといった設定項目がある
入力項目などはWeb環境を想定されているようで,プラットフォーム,OSなどの項目が設定されています。
ステータスにVERIFIEDがある
QA向けのステータスがあり,テスト担当者がいる場合や2重チェックを行っている組織に向いています。
移行可能なBTSが多い
Bugzillaからのデータ移行を考慮したり,移行用スクリプトが用意されているBTSが多くあります。Mantis,Trac,JIRAなどが該当します。

Bugzillaの弱点

代表的なBTSでありながら,日本での人気は海外よりやや低めかもしれません。幾つか気になる点も挙げてみたいと思います。

とっつきにくいデザイン
デザインが地味で見づらいので,ややとっつきにくいという声も耳にします。
軽めの用途では向かない
利点と裏腹ですが,項目などが細かい代わりに,軽めの用途では取り扱いが面倒に感じるかもしれません。
レポート機能が弱め
デザインの地味さとも関連しますが,レポート出力も魅力的ではありません。
日本のコミュニティがドライ?
Bugzillaは日本語化されていますが,硬い表現が目立ったり,そもそも日本語の情報が少ないのも気になります。

著者プロフィール

山本健(やまもとたけし)

ウノウ株式会社 QAエンジニア。パーソナルコンピュータ黎明期にPCを使い始めるも,若気の至りか芸術の道へ大きく寄り道し東京芸術大学大学院で油画を専攻。在学中から始めたサイト制作・携帯コンテンツ運営などを経て2003年より株式会社BEATにて受託開発のテスト業務に携わる。2006年4月よりウノウに参戦し,より早くより深いWebアプリケーションの品質管理を目指して奮闘中。画家としても活動しており,見た目からは連想できない繊細な画風で世間の注目を集めている。白日会会員。

コメント

コメントの記入