ソフトウェア開発の必須アイテム,BTSを使ってみよう

第5回 Tracの導入

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,エンジニアに人気の高いTracを取り上げます。

Tracとは

Trac(トラック)は,スウェーデンのEdgewall Softwareが開発しているオープンソースのプロジェクト管理ツールで,Pythonで作成されています。日本ではインタアクト(株)がTracを日本語化したtrac-jaを配布しています。

The Trac Projectの公式サイト
URL:http://trac.edgewall.org/
インタアクト株式会社─公開資料
URL:http://www.i-act.co.jp/project/products/products.html
Trac Hacks─多数のプラグイン,マクロが登録されています。
URL:http://trac-hacks.org/wiki/

図2 Trac Hacks

図2 Trac Hacks

Tracの特徴

Tracは厳密にはBTSではなくプロジェクト管理ツールです。バグだけでなく開発タスクなどもチケット化して進行を管理できます。

プロジェクトポータルとして機能
wikiとバージョン管理システムとBTSが統合された構成をしており,プロジェクトポータルとして使用することを想定されています。規模の小さい開発であれば,Trac上ですべての情報管理が済んでしまいます。
スマートなプロジェクト管理が可能
wikiとバージョン管理システムが統合されているので,相互に横断したリンクを貼るなどスマートなプロジェクト管理が可能です。プロジェクト管理ツールを使ったことがない方は,ぜひ一度触れてみてください。
BTSとしてはシンプル
バグトラッカーとしての機能は,他のBTSに比べるとシンプルで,すぐに覚えることができます。ITS(issue tracking system)に近い使い方を想定されているようです。軽めの開発であればこのくらいでちょうどいいのかもしれません。
もっと機能を強化したい場合はプラグインで行うことができます。
日本のコミュニティ活動が盛ん
Web上の日本語の情報量ではMantisに届かないようですが,探すと参考になる情報が見つかります。最近は解説本が出版されたり,Shibuya.Tracという勉強会も開催されるなど,コミュニティ周辺も盛り上がりを見せています。
Shibuya.tracプロジェクト Wiki
URL:http://sourceforge.jp/projects/shibuya-trac/wiki/FrontPage

著者プロフィール

山本健(やまもとたけし)

ウノウ株式会社 QAエンジニア。パーソナルコンピュータ黎明期にPCを使い始めるも,若気の至りか芸術の道へ大きく寄り道し東京芸術大学大学院で油画を専攻。在学中から始めたサイト制作・携帯コンテンツ運営などを経て2003年より株式会社BEATにて受託開発のテスト業務に携わる。2006年4月よりウノウに参戦し,より早くより深いWebアプリケーションの品質管理を目指して奮闘中。画家としても活動しており,見た目からは連想できない繊細な画風で世間の注目を集めている。白日会会員。

コメント

コメントの記入