CakePHPで高速Webアプリ開発

第4回 CakePHPでの開発環境を構築する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第12回ではCakePHPの概要を紹介し,第3回では情報収集に便利なサイトを紹介しました。今回からはCakePHPでのアプリケーション開発の実際の手順を紹介いたします。今回行う作業は以下になります。

  • CakePHPの入手
  • パッケージの展開と設置
  • パーミッションの設定
  • データベースへの接続設定

CakePHP(1.1)の動作には,WebサーバとPHP 4.3.2以降,DBはMySQL・PostgreSQL・ADODBのいずれかが必要です。今回は以下の環境を前提とします。

  • Apache 1.3.37
  • PHP 5.2.3
  • MySQL

CakePHPの入手

CakePHP本体はhttp://www.cakephp.org/から入手できます。現在配布されているパッケージは安定版の1.1(Stable)と開発版の1.2(alpha)があります。今回は安定版(Stable)を使うことにします。

http://www.cakephp.org/にアクセスし,「Stable: 1.1.~」のリンクを選択します。3種類の圧縮形式が並んだ赤く示されたリストが表示されたら,圧縮形式を選んでください図1)。中身はどれも同じです。

図1 Stable版のダウンロード

図1 Stable版のダウンロード

次に表示される画面がちょっとわかり辛いので注意が必要です。下のボックスに「Help the Cake Software Foundation grow CakePHP!」という見出しの文章がありますが,リンクはありません。

その上にある3つの「Donate Any」「Donate $1」「No Thanks」と書かれたタグのような画像が並んでいますので「No Thanks」を選びましょう図2)。ちなみにDonateは寄付という意味で,下の文章は寄付についての呼びかけです。寄付はオープンソースプロジェクトへの立派な参加行為ですので,CakePHPプロジェクトへの協力手段の一つとして検討する価値があります。

図2 Help the Cake Software Foundation grow CakePHP!.寄付の呼びかけ

図2 Help the Cake Software Foundation grow CakePHP!.寄付の呼びかけ

とりあえず今回はNo Thanksを選び,表示されたページ下部の「Download Latest Release」リンクからパッケージをダウンロードします図3)。

図3 パッケージのダウンロード

図3 パッケージのダウンロード

パッケージの展開と設置

パッケージを展開すると,以下のディレクトリとファイルが現れます。

app/
cake/
docs/
vendors/
index.php

設置方法は大きく分けて2種類あるのですが,今回はroot権限の無い制限された環境でも設置できる方法をご紹介いたします。仮に,サブドメインが利用できるサーバが利用可能で,設定されているサブドメインが

http://yourdomain.example.com/(このドメインは実在しません)

だったとして,このURLで公開されているディレクトリ(DocumentRoot)

/home/gihyo/public_html/

だったとします。

このディレクトリにCakePHP用のディレクトリを作成します。ディレクトリ名は任意でかまいません。ここでは「cake」とします。

cakeディレクトリを作成したら,展開したディレクトリとファイルをこのディレクトリ内に置きましょう。

/home/gihyo/public_html/cake/
  app/
  cake/
  docs/
  vendors/
  index.php

これで設置は完了しました。

著者プロフィール

秋田真宏(あきたまさひろ)

株式会社ロケットスタート エンジニア。個人ブログは「akiyan.com」。1981年生まれ。

URLhttp://www.akiyan.com/

著書

コメント

コメントの記入