児玉サヌールと田中ばびえの会社訪問

第6回(最終回) ゼロベース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

はじめに

今回は,ユーザインタフェース技術を得意とされるゼロベース株式会社にお邪魔してきました。

なんとこれで最終回! 記事の最後では我々2人が逆にインタビューを受けています。

自己紹介

――自己紹介をお願いします。

石橋:代表取締役とプランナーをやっている石橋です。主に企画立案や営業などを担当しています。

田中:田中孝太郎です。肩書きはエンジニアとインタラクションデザイナなんですけど,サーバサイドのプログラミングからFlashの制作まで,器用貧乏にいろいろとやっています。

境界を越える

――石橋さんのブログが好きでずっと読んでるんですけど,社長ブログなのにまともなことが書いてあって(笑),いろいろとドキっとさせられるんですよ。

石橋:ありがとうございます。

――Webの広い意味での「デザイン」についての記述が多く見られますよね。どういうきっかけで興味を持たれたんですか?

石橋秀仁(ひでと)さん 代表取締役/プランナー
(写真:上松尚之)

石橋秀仁(ひでと)さん 代表取締役/プランナー(写真:上松尚之)

石橋:最初に勤めた会社にはプログラマとして入社したんですが,プログラマが僕1人しかいなくて,ほとんど全部自分でやらないといけなかったんですよ。その延長でデザインについて調べていたら,すごく奥の深い分野だということがわかって,どんどん興味を持っていったんです。マーケティングについても同様ですね。結果的に,エンジニアでデザインとマーケティングの両方がわかるというのが,すごく珍しがられたみたいです。

――ブログには,専門家よりも1人でいろんなことができる人材のほうが好ましいとの記述もありますよね。

石橋:専門家じゃないとできない仕事というのはあると思うんですよ。一方で,専門家じゃない人も世の中にはたくさんいるわけで,たとえばアイデアはあるけど具体化できずに困っている人とか,そういう人たちと専門家,あるいは,専門家同士のコミュニケーションをもっとスムーズにするためのグルー(糊)のような存在が,いろんなところで重宝されると思っているんです。

――田中さんも,基本的にはプログラマだけど,Flashの制作もするし,美大の講師もされていたわけですよね。

田中:僕は自分がプログラマという意識が低いんで,その点がゼロベースと合っているんです。

――意識が低いんですか?

田中:低いですよ。いちおう工学部卒ではあるんですけど,プログラミングだけというよりもデザイン,特に動きやユーザの体験に関するデザインに興味があるんです。

――プログラミングとデザインの両方がわかるというのはいいですね。今時のリッチなWebインタフェースって,従来のようなプログラマとデザイナの分業体制ではなかなか作れないですからね。

田中:そうですね。プログラムしかできない人よりも,デザイナ畑でプログラミングができるようになった人のほうが今は脚光を浴びている感じがするし,実際そういう人が求められていますよね。

――仕事ではそういったリッチなインタフェースのWebアプリケーションが中心なんですか?

石橋:そういうのがメインですね。ただ,同じようにリッチなインタフェースとはいっても,広告系の「見せるWeb」ではなくて,実際にユーザが「使うWeb」にこだわっています。

ペーパープロトタイプ

――プロジェクトはどういう流れになるんですか?

石橋:最初に「こういう感じでいきたい」という話をクライアント様からいただいて,企画を作ります。そこから実際に開発を行うんですが,全体でだいたい4,5ヵ月くらいかかりますね。

――企画はどのように行うんですか?

石橋:企画の考え方っていろいろあるので,まずは「どの方法でいこうか?」みたいな話をします。「今回はUIを作るところから広げてみる?」みたいな。それからホワイトボードを机に置いて,みんなで落書きみたいにいろいろ書いていくんです。で,こっからちょっとヒドいんですけど(笑),その落書きをデザイナの人に渡して,「イメージを共有できる絵を描いてください!」とお願いする。

――その時点で実装方法は決まっているんですか?

石橋:まだ決めてないですね。ここは実現したいものが何なのかを社内で確認している段階です。そこからペーパープロトタイプなどを作って,それを見ながらお客様と一緒にディスカッションをしていきます。

――ペーパープロトタイプはどういったものなんですか?

石橋:UI部品を大量に印刷したものがあって,それをA4の用紙にペタペタ切り貼りして,1枚1枚デジカメで撮影するんです。それを,これは最近のお気に入りなんですが,PDFにしてリンクを設定するんです。すると,本当に触れるプロトタイプになる。ログイン画面でボタンをクリックすると画面が遷移したり。これがお客様との共通言語になるんですよ。

――それって作るのに時間がかかりませんか?

田中:画面遷移を考えながらやって,半日くらいでできるみたいですよ。

石橋:変更コストもかからないし,PDFなんでメールでも送れるし,結構お勧めです。

田中:触れるって重要なんですよね。口で言うよりも実際に触ってもらったほうがイメージが沸きやすいし,共有もしやすいし,いいですよね。

著者プロフィール

児玉サヌール(こだまさぬーる)

kdmsnr(発音できない)の本名であると期待される名前。角征典名義の訳書『アジャイルレトロスペクティブズ』(オーム社)が好評発売中。

著書


田中ばびえ(たなかばびえ)

田中ぷにえの亜種。趣味はブーンで写真撮影すること。正体はid:babieこと馬場道明。(株)フィルン所属。

コメント

コメントの記入