個人利用から大規模開発までConoHaで始めるクラウド開発入門

第1回 新しくなったConoHaはすごいぞ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

クラウドとしてConoHaを選択する理由

ConoHa「必要な機能をシンプルに,わかりやすく」をコンセプトにGMOインターネット株式会社が提供する,OpenStackをベースに構築されたパブリッククラウドです図1)⁠もともとConoHaは2013年にVPSサービスとして登場し,高パフォーマンスな仮想サーバ,使いやすいコントロールパネルなどで,多くの方からご好評をいただいてきました。ConoHaは2015年5月18日にサービスの大幅拡充を行い,VPSの枠にとどまらず,クラウドとして必要となる多くの機能が追加されました。本連載ではConoHaの特徴や魅力,実際のユースケースをもとにした応用的な使い方などを紹介します。

図1 ConoHa

図1 ConoHa

ConoHaの考える「クラウド」

「クラウド」というキーワードにはいろいろな意味がありますが,ここではいわゆるIaaS型のクラウドサービスを指します。仮想マシンやネットワークなどのインフラを,サービスとして提供するものです。高機能,高性能なリソースを,使用分だけのコストで利用できるため,サービスの迅速な立ち上げ,システム運用コストの最小化,高い安定性とセキュリティの確保など,多くのメリットをユーザに提供します。一方で,多機能化したクラウドは運用管理を複雑にする場合があります。また,クラウドの多くは従量制の課金体系を採用していますが,トラフィックの急増などの影響を受けて予想以上の料金になることがあります。

ConoHaはクラウドの良い面はそのままに,機能と価格の両面で,プロダクトをできるだけシンプルに保ち,複雑な部分を減らすように努めました。たとえば,わかりやすいプラン構成,定額制と時間制を組み合わせた料金体系,誰でも簡単に豊富な機能を扱えるよう設計されたコントロールパネルなどを提供しています。これによりユーザは,高機能なクラウドを,より手軽かつ簡単に利用できると考えています。

ConoHaの特徴

ConoHaの各機能については今後の連載で触れていきますが,まずConoHaならではの特徴をいくつかハイライトで紹介しましょう。

All SSD

ConoHaのストレージはすべてSSDを使用しています。VPSのローカルのストレージや,追加でアタッチできるブロックストレージも含めすべてです。これにより,高いI/Oパフォーマンスを実現しています。

豊富なオプション

ConoHaはプライベートネットワーク機能,ロードバランサ,無料DNS(+GeoDNS)⁠自動バックアップなど,豊富なオプションサービスを提供しています。この連載でも随時紹介していきたいと思っていますが,個人的にはGeoDNSはとてもおもしろいと思います。これは接続元ユーザの地域に応じて,一番近いリージョンのIPアドレスを返す機能を持ったDNSです。

海外リージョン対応

日本以外にアメリカ(サンノゼ)とシンガポールにデータセンターを設置しています。ConoHaでは,コントロールパネルやAPIを通じて,どのリージョンにも素早く仮想マシンを構築できます。また,GeoDNSやロードバランサなど,複数リージョンを活かすオプションサービスも用意しました。

海外リージョンを利用するメリットは,ユーザが海外からサーバへアクセスする場合などに,ユーザとデータセンター間の物理的な距離を短くできることです。これによりネットワークの遅延(レイテンシ)を低くでき,高速でストレスのないサービス提供が可能となります。海外リージョンは今後増やす計画もあります。

APIでプログラマブルなコントロールが可能

ConoHaで提供されている機能は,ほぼすべてAPIでもコントロールできます。VPSの構築やネットワークの設定などのシステム構築に直接関わる部分から,ユーザ管理や請求管理といったアカウント管理などが操作できます。

ConoHaはOpenStack(後述)をベースに構築されており,APIにも互換があります。そのため,OpenStack APIに対応したアプリケーションなどは,そのままConoHaでも使えます。APIについては今後の連載で詳しく触れます。

月額制と時間課金によるコストの最小化

プラン構成と料金体系もConoHaの特徴の1つです。⁠クラウドは従量制の料金体系が多い」と前述しましたが,これはリソースのコストを最小限にできるというメリットがある一方,コストの予測が立てづらくコントロールしづらいという側面があります。

ConoHaのすべてのサービスには,月額料金と1時間ごとの料金の2つが定められています。1ヵ月使った場合は月額の固定料金,それ以下の短期間使った場合は1時間ごとの料金の累積になります。リソースを短時間使った場合はそれだけのコストになる一方で,1ヵ月の月額料金が固定で決まっているため,それ以上のコストは発生しません。ユーザはデータ転送量やリクエスト数などを気にすることなくサービスを利用できます。

ConoHaとOpenStackの関係

ConoHaはOpenStackというオープンソースソフトウェアを利用しています。OpenStackは現在急速に普及が進んでいるクラウド開発基盤のソフトウェアで,クラウドサービスを構成するさまざまなコンポーネントが統合されています。ConoHaでは,OpenStackのコンポーネントを使用しながら,独自機能を実装したり,機能拡張を行ったりしています。

OpenStackのコンポーネントとConoHaの各種機能との関係は表1のようになっています。

表1 OpenStackとConoHaの関係

OpenStackコンポーネントConoHaのサービス名
Keystoneアカウント認証
NovaVPS
Neutron仮想ネットワーク
VPSへのIPアドレス割り当て
Cinderブロックストレージ(追加SSD)
Swiftオブジェクトストレージ
VPSのOSイメージ自動バックアップ
Ceilometerリソース利用状況の収集
Heatcloud-initによるVPSの初期化
Horizon(管理用)

ConoHaに限らず,GMOインターネットは以前からOpenStackを採用したプロダクトをいくつもリリースしてきました。しかし,ConoHaはこれまでで最も多くの種類のOpenStackコンポーネントを使用しています。また,OpenStackのAPIをユーザに開放したりと,展開も最もアグレッシブです。さらに,まだ一部ですが,ConoHaの開発で実装した機能や修正を,OpenStack自体にもコミットしています。ユーザの皆さんにAPIなどをもっと使っていただき,さまざまな活用例が出てくることで,OpenStack界隈が盛り上がることを期待しています。

著者プロフィール

斉藤弘信(さいとうひろのぶ)

GMOインターネット株式会社 テクニカルエバンジェリスト

2000年に同社に入社。ユーザーサポートやデータセンターでのオペレーション業務等を担当し,その後社長室などのゼネラル部門を経て,2014年9月よりホスティング事業のテクニカルエバンジェリストを担当。

得意分野はWebアプリケーションの設計/開発,Linuxサーバー構築/運用。

Twitter:@hironobu_s

コメント

コメントの記入