継続は力なり―大器晩成エンジニアを目指して

第4回 プロダクティビティの鬼

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

人生において使える時間は有限だ。そして種々の理由で自分が使える時間は減っていく。彼氏・彼女ができた。結婚した。子どもができた。転職したら忙しくなったなど。そのような状況においていかに短時間で大きな成果を出すかはとても難しい問題だ。

限られた時間の中で最大限の成果を出す方法の一つは,自分のプロダクティビティをあげることだ。筆者は過去に少人数かつ大規模のオープンソースプロジェクトに携わっていたので,常に「いかにプロダクティビティを上げてプロジェクトの進む速度を上げられるか」を追求していた。仕事においても,短時間で成果を出して残業せずにさっさと家に帰ることを意識し続けてきた。はっきり言えば筆者はプロダクティビティマニアだ。

ここでは筆者が試行錯誤してたどり着いたプロダクティビティ向上の方法を紹介しようと思う。方法だけではなくその背景となる思想にも触れる。

プロダクティビティの定義

筆者の考えるプロダクティビティは2つのものから成る。スループットと継続性である。スループットは単位時間あたりの成果の量だ。たとえば3時間でどれだけの仕事を終わらせることができるかだ。継続性は長期的に成果を出し続けられることだ。スループットがすばらしくても飽きっぽくて週に1回しかやらないなら成果は出ない。中規模以上のプロジェクトの場合,スループットと同様に継続性が重要な鍵になる。

なぜプロダクティビティを上げるのか?

プロダクティビティを上げれば得るものは多いが,必ずしも必要なものではないことに注意してほしい。何か目標や必要性があって初めてやる価値がある。

たとえば「大量の仕事のノルマを残業せずにさばいて早く家に帰って家族とゆっくりすごしたい」とか「スタートアップに勤めていて競合よりも先にアプリを出したい」などである。

必要性があればプロダクティビティ向上に取り組むのは,応用範囲が広く投資効果が高いと筆者は考える。一つ上のメタなレイヤであるプロダクティビティテクニックが向上すれば,その下にあるすべての仕事,プロジェクトが恩恵を受ける。たとえるならば,フリック入力やタッチタイピングをマスターするとスマートフォンやPCでの作業効率が一気に上がるのに似ている。

プロダクティビティを追求しない人生もある。朝目を覚ます。やることは何も決まっていない。何をやるともなくのんびり1日をすごす。仕事を適当に済ませて,おいしいものを食べるのが楽しみ。そういう生活にはプロダクティビティは必要ではないかもしれない。

最も重要なことに集中する

プロダクティビティを上げるには「最も重要なことに集中する」ことが大切である。言い換えるならば「重要なこと以外に頭を使わない」ことである。複数のタスクを同時に進めるよりも,1つのタスクに集中したほうが効率の良いことはみなさんも経験があると思う。その集中を最も重要なことに使えばスループットが上がるのである。

そして集中している場合には,それ以外に頭を使ってはいけない。たとえば大事なコーディングをしながら「4時になったら不動産屋に電話しなければ」と考えていてはダメなのだ。それだとなんとなく気になってそわそわしてしまい集中できない。電話するというスケジュールをカレンダーに入れて,そのことは忘れてしまうほうが良い。

さて,ここからは筆者も実践しているメジャーなプロダクティビティテクニック,⁠ポモドーロテクニック」「GTD」を紹介していく。

プロダクティビティvs.クリエイティビティ

プロダクティビティとクリエイティビティは両立しないという研究結果がある。どうやらプロダクティビティを追求すると,クリエイティブな発想ができなくなるらしい。

筆者はこれを少しでも軽減するために,1日に30分間ほどスマートフォンやPCから離れる時間を作っている。紙のノートとペン,コーヒーを持って自分のデスクから離れた場所で考えごとをするのである。そこで思い付いたことはメモしておき,週次レビューでフォローアップする。

ポモドーロテクニック

筆者は日々の短期的なスループットを最大化するのにポモドーロテクニックを利用している。詳細は本家注1を参照してもらいたいが,簡単に紹介したい。

このテクニックではまず1つのToDoリストを用意する。これは紙でもオンラインのツールでもよい。そのリストにすべてのToDoを箇条書きで集約する。そして次のセット(単位はポモドーロ)を繰り返すのである。

  • ❶ ToDoリストからその時点で一番大事なタスクを取り出す
  • ❷ 25分間集中してそのタスクに取り組む
  • ❸ 5分間休憩をする

ポモドーロ中は1つのことしかやらない。ポモドーロ中に同僚から話しかけられたりして中断した場合は,完全に中断してゼロからやりなおそう。❶に戻るたびに一番やるべきことを考える。2~3ポモドーロごとに少し長めの休憩をとる。

❸の5分間の休憩では,立ち上がって「2歩以上」歩くことが推奨されている。デスクから離れてトイレなどにいくとよいだろう。この休憩は思ったよりも重要で,筆者は休憩中に何度もコーディングの間違いに気が付いた。調子が良いときはついつい休憩をスキップしてしまいがちだが,休憩の恩恵は大きいのでツールを使って強制的に休憩を挟むのもよいだろう。筆者はmacOSのアプリ「Take A Break, Please」を利用している。このアプリを利用するとフルスクリーンで休憩時間のお知らせが表示されるので,強制的に作業が中断されて良い。

1つのタスクの大きさは個人的な経験から1~3ポモドーロ程度がよいと思う。それ以上大きいと日をまたいでしまうこともあり見通しが良くない。大きすぎて途中で挫折してしまう可能性もある。本家ではタスクのサイズを見積もって,実際にどれだけかかったかの実績の記録をとることが推奨されている。

注1)
Staffan Noeteberg著/渋川よしき,渋川あき訳『アジャイルな時間管理術─⁠─ポモドーロテクニック入門』アスキー・メディアワークス,2010年

著者プロフィール

ひげぽん(Taro Minowa)

Software Engineer.

Mona OS/Mosh Scheme

URL:http://www.monaos.org/
技術ネタ:http://d.hatena.ne.jp/higepon

コメント

コメントの記入