継続は力なり―大器晩成エンジニアを目指して

第7回 1 on 1で何を話すのか

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

1 on 1(ワンオンワン)とは,マネージャーとその直下のソフトウェアエンジニアが定期的に行う面談のことである。アメリカのIT系の会社では一般的だったが,最近少しずつ日本の会社でも導入されてきた。しかしながら導入したものの何を話したらよいかわからないという声をよく聞くので,筆者の経験からまとめてみたい。筆者はマネージャーとエンジニアどちらの経験もあるので,両者の立場からそれぞれ説明する。

ソフトウェアエンジニアが話すこと

まず,1 on 1は「マネージャーと話す定期的な自分の時間であることを強く意識しよう。考えてみてほしい。マネージャーとは席が離れている。とても忙しそうであまり席にいない。週次のチームミーティングで顔を合わすが,話すことは多くない。筆者はそこまで社交的ではないので,自分から積極的に話しかけに行くことはほとんどない。半年に一度の評価面談で話すのがほぼ唯一の機会である。そういう関係のマネージャーが自分の仕事を正しく理解してくれているだろうか。自分はマネージャーが何を考えているか理解しているだろうか。そういう関係のマネージャーと定期的かつ強制的に1対1で話す機会をもらえるのが1 on 1なのだ。その自分の時間を最大限に利用してマネージャーとコミュニケーションをとろう。

1:N

マネージャーと自分は1:Nの関係であることに留意しよう。マネージャーが自分や自分のプロジェクトについてよく知っていると思わないこと。いくらマネージャーがメールで返事をくれたり,いいねをしてくれていても,忘れているかもしれない。あなたのためには1/Nの時間しか使えない。あなたのプロジェクトはN個のうちの1つにすぎないのだ。

困っていること

困っていることは最優先で伝える。作業が遅れている,ブロックされているなど。マネージャーがただちにアクションを起こす必要があるものは要注意である。マネージャーの立場からすると,⁠助けが必要である」と自分で気付き,自ら助けを求めてくれる人はたいへんありがたい。

プロジェクトの進捗

次に話すべきはプロジェクトについてだ。プロジェクトの進捗を正しく伝えて意識の差をなくそう。あなたはメールや朝のスタンドアップミーティングなどで進捗をすでに共有しているかもしれない。だがマネージャーが正しく全体像を把握しているとは限らない。またスタンドアップでは言いづらいこともある。プロジェクトの遅延,時間のかかる相談,プロジェクト内の「人」に関わる相談などは,1 on 1でのほうが話しやすい。またプロジェクトがうまく行っていても,⁠うまく行っています。大丈夫です」で済ませないように。入り口は大まかな進捗でよいが,どのマイルストーンを達成したか,ターゲットリリースはいつなのかなど,タイミングや進捗率を共有しよう。

キャリアマネジメント

この先5年,10年,どうなっていきたいのかをよく相談しよう。自分は何が得意で,何を改善しなければいけないのか。マネジメントに進みたいのか,技術を極めたいのかなどを話すと良いだろう。自分自身について客観的なフィードバックを定期的にもらう機会として1 on 1を利用しよう。

一番防ぎたいことは,半年に一度の評価面談で「君は○○が苦手だから改善が必要です」とか「○○の部分が期待を上回りませんでした」などと寝耳に水のマイナス評価を受けることである。1 on 1でも小さなフィードバックループを維持するよう心がけよう。

マイクロマネジメント

マネージャーによってはマイクロマネジメント(細かいことに口を出すマネジメントスタイル)の場合もあるだろう。その場合,不本意ではあるけれども,1 on 1はマネージャーを安心させる場にしよう。プロジェクトの進捗を細かくわかりやすく報告しよう。また,マネージャーに簡単な相談事をするのもよい。仮に自分の中で答えがわかっているものでも,相談すればマネージャーは「自分はプロジェクトに貢献した」と思ってくれて満足する。

最新情報

情報収集を欠かさないようにしよう。マネージャーたちの間で問題になっていること,うまくいっていないプロジェクト,組織変更の予感など。聞いてみると意外とマネージャーはたくさんの情報を持っている。チームの週次ミーティングでチームに共有されているのはごく一部の情報なのだ。

チーム貢献

チームプレイヤーであることは良いエンジニアの必要条件である。1 on 1の時間が余ったら自分たちのチームについて話そう。チームで困っている人はいないだろうか。ミーティング,ワークフローなどで改善できることはないだろうか。チームやマネージャーの生産性向上に貢献できればすばらしい。

1 on 1をスムーズに行うための工夫

マネージャーと自分だけが見られる1 on 1ドキュメントを作り,共有しよう。毎週の1 on 1の前に話したいことを箇条書きで書いておくと,話を進めやすい。また,マネージャーと仕事以外の共通の話題が1つでもあると導入部分に使えて,場の雰囲気が和むのでお勧めである。ゲームやアニメなど趣味の話,子育ての話などだ。マネージャーも人間なので,仲良く打ち解けて話せたほうが良い。

著者プロフィール

ひげぽん(Taro Minowa)

Software Engineer.

Mona OS/Mosh Scheme

URL:http://www.monaos.org/
技術ネタ:http://d.hatena.ne.jp/higepon