表紙の人

第4回 竹岡尚三さん

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

写真:平野正樹

竹岡尚三さん(写真:平野正樹)

プロフィール

所属株式会社アックス 代表取締役社長
趣味LispやPrologなどでプログラミング&マイコンのはんだづけ
主な出没地京都,秋葉原
好きな言葉1ビットを笑うものは1ビットに泣く
組込みプレス読者に一言!ソフトウェア技術者もはんだごてを持とう。
テスターとオシロスコープ(ロジックアナライザー)ぐらいは実際に使おう。
ハードウェア技術者は半導体会社の参照回路のまる写しはやめよう。

ある会社のデジカメには,僕が設計して弟子がコーディングした「XTAL」という名前のOSが組み込まれています。一部の携帯にも弊社のソフトウェア製品が入っており,縁の下の力持ち的に頑張っています。

大昔にWnn(うんぬ)というUNIXのかな漢字変換システムの開発に参加させてもらってから,UNIX技術とフリーソフトウェア(昔はオープンソースという言葉はなかった)開発というものに,かなり積極的に関わってきています。Wnnは,日本のフリーソフトウェアの草分けのプロジェクトの一つです。

現在,僕の昼の仕事は,PowerPointとExcelで行う,非常にオヤジな仕事をやっていますが,(呑んでいる時間を除く)と休日は,趣味のPrologプログラマをやったり,趣味の電子工作をやったりしています。あくまでアマチュアですので,中学生が持っているような道具でのみ工作をしています。貧乏な機材でいろいろとハードウェアの確認をするというのは,頭の体操になって楽しいです。

表紙で持っているの基板は,ARM用の評価ボードです。ST社のARMを使用した評価キットで小さいながらもUSBなどのI/Oが付いています。また,ドータボードでAD,DA入力などの拡張ができます。


今号78ページからは,竹岡氏による「組込みLinux開発,見積もりの勘所」の記事を掲載してます。

表紙モデルをやってみて

これまでも,グラビアアイドル(水着ではない)をやったこともあるので,へっちゃらでした。が,好天のESEC会場での撮影は,かなり目立っていたので,人目が恥ずかしかったですぅ。

Making photo

東京ビッグサイトの屋外にて。

東京ビッグサイトの屋外にて。

お仕事の電話をしながらの撮影です。

お仕事の電話をしながらの撮影です。

デザイナーさんは何パターンも構成案を考えてくれました。

デザイナーさんは何パターンも構成案を考えてくれました。

ESEC会場内の撮影では,ゴンドラで5メートルの高さまで上がりました。

ESEC会場内の撮影では,ゴンドラで5メートルの高さまで上がりました。

コメント

コメントの記入