サイバーエージェントを支える技術者たち

第23回 ファン待望のスマートフォン向けピグを開発!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

長らくPC用のサービスとして展開されてきたサイバーエージェントのアメーバピグだが,外出中でもピグ内で誰かとコミュニケーションしたり,あるいはゲームを楽しんだりしたいというニーズは強い。そうした声に応えるべく,iPhoneとAndroidの両方に対応した,スマートフォン版のアメーバピグがリリースされるという。

そこで今回は,この開発に従事しているアメーバ事業本部 スマートフォンディビジョンの原氏と平松氏にお話を伺った。

HTML5をフルに活用しスマートフォン対応を実現

―― まず,現状担当されている業務を伺わせていただけますか?

原:現在はスマートフォン向けのアメーバピグの開発をしています。基本的にはWeb技術者ですので,HTMLとCSS,JavaScriptを主に使って制作しています。

平松:私はもともとサイバーエージェントが独自に展開しているAndroidマーケットである「Ameba AppMarket」の開発をしていましたが,2011年7月半ばからアメーバピグのスマートフォン対応を進めているチームにジョインしました。

―― 以前,サイバーエージェントではAdobe AIRを使い,Flashで開発されているPC版アメーバピグをAndroidに移植されていましたが,それとは別に,スマートフォン向けのアメーバピグを実現する新たな取り組みということでしょうか?

原:はい,新たなプロジェクトですね。今回はFlashやAdobe AIRではなく,HTML5の技術を使ってフロントエンド部分を開発しています。PC版のFlashを移植するという考え方もありますが,PCとスマートフォンでは画面の大きさもまったく異なるため,どちらにしても開発し直す必要があります。その開発における技術の選択として,今回はFlashではなくHTML5を選んだというわけです。

―― そうすると,HTML5を使って改めてアメーバピグを作り直すというイメージでしょうか?

原:そうですね。当然流用できる部分は流用していきますが8割ぐらいは作り直すので,新たなスマートフォン向けサービスをつくるというイメージですね。

平松:FlashからHTML5に変換するコンバータもいくつか登場していますが,精度や変換後のパフォーマンスの観点から,現状ではまだ実用段階ではないかなと考えています。データのフォーマットから画像の切り出し方など,さまざまな部分でHTML5向けに工夫して開発しなければならないという状況です。

―― スマートフォン向けということですが,これはiPhoneとAndroidの両方に対応するということでしょうか?その場合,それぞれのOSに搭載されているWebブラウザの実装レベルの差は気にならないのでしょうか?

平松:両方に対応します。実装レベルの差は,やはり気になる部分はありますね。たとえばパフォーマンス面で,この部分はAndroidのほうが速いけれど別の部分はiPhoneに分があるといったことがあるので,どうやってバランスを取っていくかはつねに考えています。共通の実装をしてパフォーマンスに違いが出るのは避けたいのですが,一方でなるべく同じコードで両方に対応したいという気持ちもあります。そのため,共通部分をどう取っていくかというノウハウも必要です。

アメーバ事業本部
スマートフォンディビジョン
マークアップエンジニア 原 一成氏

アメーバ事業本部 スマートフォンディビジョン マークアップエンジニア 原 一成氏

従来になかったさまざまな仕組みを採り入れ, 単にWeb「ページ」を作成するだけでなく,Web「アプリケーション」を開発するためのプラットフォームとしての役割も担うHTML5には,多くの技術者が注目しています。ただ,現状では正式な勧告に至っていない状況であり,またWebブラウザの実装にも差があることから,本格的にHTML5を採用するケースは多くありません。こうした状況であるにもかかわらず,HTML5を選択した点は注目に値するでしょう。

著者プロフィール

川添貴生(かわぞえたかお)

株式会社インサイトイメージ代表取締役。企業サイトの構築及び運用支援のほか、エンタープライズ領域を中心に執筆活動を展開している。

メール:mail@insightimage.jp

コメント

コメントの記入