スマートフォン広告×テクノロジー最前線

第1回 CyberZに聞くスマートフォン広告のテクノロジー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

急成長を続けているスマートフォン広告市場。フィーチャーフォン市場を上回るスピードで成長しています。PCからスマートフォン,Webからアプリへとチャネルの拡大と同時に,アドテクノロジーは多様化しています。今回は,スマートフォンにおける広告効果測定ツール「Force Operation X」の開発を手掛けるCyberZに,同社のビジネスやアドテクノロジーの現状・今後の展開などについてお話を伺いました。

今回お話を伺ったは,CyberZ スマートデバイスアドテクノロジー事業部 取締役の市川陽氏 ,同プロダクトマネージャーの中村智武氏,同エンジニアの萩原伸悟氏,同エンジニアの 末元塁氏の4名の皆さんです。

右から市川陽氏,中村智武氏,萩原伸悟氏,末元塁氏

右から市川陽氏,中村智武氏,萩原伸悟氏,末元塁氏

スマートフォン広告市場に先陣を切って参入したCyberZ

――まず,CyberZにおけるこれまでのビジネス展開について教えていただけますか。

市川氏:CyberZは2009年に立ち上げた会社で,もともとフィーチャーフォンをターゲットに広告代理事業を展開していました。しかし2年ほど前にスマートフォンの市場が一気に伸びそうだということで,事業をスマートフォンに集中する形に業態を変更したという経緯があります。

業態変更した当時,スマートフォンで広告を配信するための技術はそれほど進化していませんでした。ただスマートフォンは技術的にPCに近い部分があり,今までフィーチャーフォンでは難しかったことを実現できる可能性がある。そこで我々が提供を開始したのが「Force Operation X」⁠以下,F.O.X)というスマートフォン広告向けソリューションツールです。これはスマートフォン上でのユーザのアクション,たとえばアプリのダウンロードやWebサイト上での行動をトラッキングし計測することができるサービスであり,現状で国内の1,000程度のアプリで導入していただいています。今後スマートフォン向けの広告市場を伸ばしていくためには,こうしたテクノロジーを活用していくことがポイントになっていくと予想しています。

Force Operation Xとは?

画像

スマートフォン広告における全方位測定を国内初めて実現した,スマートフォン広告向けソリューションツール。スマートフォンアプリのダウンロード,Web上でのアクション計測はもちろん,LTV(顧客生涯価値。広告でユーザを獲得した後の「質」を測定する値)計測,アクセス解析など,ユーザの行動特性に基づいた独自の効果計測が可能となっている。

――すでに1,000ものアプリでF.O.Xが導入されているということですが,そのように高く評価された背景をどのように分析されていますか。

市川氏:スマートフォン広告市場に一番乗りで参入したことが大きいのではないでしょうか。当時,スマートフォン向けに広告を出稿されていたのは,新しいことに率先してチャレンジする,意識の高いお客さまが中心でした。そうした先頭を走っているお客さまのご要望というのは,その後のお客さまのご要望を先取りしているわけです。私たちは最初のお客さまからスマートフォン向け広告に対するニーズを汲み取ることができたことで,その後のお客さまの要望に迅速に対応することができ,それが高い評価につながったと考えています。

市川陽氏

市川陽氏

止まることも遅れることも許されないシステムを支える技術

――システム面におけるF.O.Xの特徴を教えてください。

中村氏:広告を配信したりその効果を測定したりする際,Webの場合は各Webページに専用のタグを組み込むことによって実現していますが,スマートフォンのアプリの場合はタグの代わりにSDKを組み込みます。

以前は広告会社ごとにSDKがあり,アプリはそれぞれのSDKを個別に組み込んでいました。ただ広告主が複数の広告メディアに出稿してそれぞれのメディアの効果を測定したい場合,それぞれの広告会社のSDKを組み込むことになるため,開発者の負担は大きくなります。そこでF.O.Xでは,ワンSDKという形で私たちが提供するSDKをアプリに導入するだけで,提携している全ての広告の効果測定を行うことが可能になります。

逆に言えば,各広告会社のSDKが導入されないため,広告会社は自分たちが配信している広告の成果がわらかなくなります。そのため,現在CyberZで は,150社を超える広告会社とシステム連携しており,F.O.Xが得た成果情報を私たちのシステムから広告会社のシステムに通知しています。こうした形のため,もしF.O.Xのサーバが止まってしまうと,広告会社は必要な情報が得られず,たとえば成果報酬型の広告であれば広告主に請求することができません。このため,F.O.Xのシステムは一切止まることが許されないのです。

また,ユーザにポイントを付与するリワード広告の場合,アプリをダウンロードしたなどのアクションが発生した場合に迅速にポイントを付与する必要があります。これが遅れるとクレームにつながるため,止まらないだけでなく遅延することもできません。このように,止まることも遅延も許されないというのがシステム面から見たF.O.Xの特徴で,それをどう実現するかが最大のポイントになります。

具体的なシステムですが,もともとはいわゆるLAMP(Linux/Apache/MySQL/PHP)構成でした。ただ私たちのアプリを組み込んだアプリが増えてくると,そのアプリを利用している端末から送られてくる情報も膨大になります。さらに,得られた情報を解析するための処理も発生します。そのため,データ量が増えるとMySQLでは間に合わないということになったんです。そこで分散KVSの1つである「Kumofs」を併用する構成にして,まずフロントのKumofsにデータを蓄積し,それを非同期でMySQLに書き込むという形にしています。

Kumofsは分散処理が可能でサーバを追加することで性能を高められるというメリットがあり,またデータの永続性が担保されているという特徴があります。私たちが扱うデータは広告費の算出などに使われるため,絶対にロストすることはできません。そのため永続性が担保されていることは極めて重要だったのです。

またMySQLを動かしているサーバにFusion-ioを導入しました。これによって大幅なパフォーマンスアップを図ることができ,メインのデータベースサーバをマスター/スレーブの2台に集約しています。このKumofsやMySQLを実行しているものも含め,サーバの数は全部で60台程度で,基本的にすべて冗長構成になっています。

中村智武氏

中村智武氏

著者プロフィール

川添貴生(かわぞえたかお)

株式会社インサイトイメージ代表取締役。企業サイトの構築及び運用支援のほか、エンタープライズ領域を中心に執筆活動を展開している。

メール:mail@insightimage.jp

コメント

コメントの記入