データ発見隊

第5回 実世界コンテキストと計算機コンテキスト

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

はじめに

人間はさまざまな仕事を切り替えながら生活しています。テレビを見ながらプログラムを書くといった具合に,いろいろな仕事を同時にやることを「マルチタスキング」と言います。複数の仕事を同時にこなすことは一見効率が良さそうですが,どうしても集中が阻害されるし頭の切り替えのオーバーヘッドが大きいため,実際には効率が悪いという説が最近は有力になっています参考文献[1]⁠2]⁠3])⁠1つのことに集中する時間をうまく切り替えながら仕事をする(⁠スイッチタスキング」する)技法が重要でしょう。

頭を切り替えるにはさまざまな方法があります。仕事机の前に座ると仕事する気分になりますし,図書館に行くと勉強しなくちゃという気分になります。ブラウザウィンドウを見ているときよりもテキストエディタのウィンドウを見ているときのほうが仕事の気分が出るかもしれません。体を動かしたり計算機を操作したりすると,頭が切り替わるだけでなく,実際に作業のコンテキスト(背景状況)が変化します。

居場所を変えたり文書のフォルダを開いたりといった動作によってコンテキストの切り替えを行い,コンテキストごとに環境が変化するようにすることにより,効果的なスイッチタスキングが可能になるでしょう。

コンテキストによって環境を変化させたり解釈を変えたりすることは実社会では頻繁に行われています。レストランで「うなぎ!」と言えばうなぎを注文したことになるでしょうし,スーパーで「うなぎ?」と言えばうなぎを買いたいのだろうと想像がつきますが,街角で「うなぎ!?」とつぶやいても意味がわからないでしょう。現在のコンテキストにより,⁠うな丼1つください」「うなぎのパックはどこに売ってますか?」のような文が省略可能になっていることになります。

コンテキストを最大限に利用できる予測入力システムならば,⁠うな」と入力するだけで「うな丼1つください」という候補を生成できるかもしれません。このように,コンテキストを切り替える自然な行動によって環境が変化したりカスタマイズされたりすれば,仕事の効率が上がると考えられます。

コンテキストの表現方法

計算機コマンドを発行したり自分が移動したり,さまざまな方法によってコンテキストを切り替えることができますが,大きくは計算機上でコンテキストを切り替える場合と実世界でコンテキストを切り替える場合に分類することができます。コンテキストを切り替える行動の種類とコンテキスト切り替えにより影響が出る場所を考えると,次の4種類の組み合わせがあると言えるでしょう。

  • 計算機上の操作で計算機コンテキストを表現する
  • 実世界上の操作で実世界コンテキストを表現する
  • 実世界上の操作で計算機コンテキストを表現する
  • 計算機上の操作で実世界コンテキストを表現する

計算機上の操作で計算機コンテキストを表現する

計算機上ではさまざまな仕事が行われるため,仕事を切り替えるためにさまざまな操作が利用されます。一般的なパソコン画面ではアプリケーションのウィンドウをクリックすることにより仕事のコンテキストを切り替えることができますし,Macの場合はSpaces機能を使って画面ごとコンテキストを切り替えることができます。

UNIXではカレントディレクトリがコンテキストとしてよく利用されています。UNIXのシェルではcdコマンドでディレクトリを移動することにより作業のコンテキストを切り替えることができますし,pushd,popdコマンドの利用によってコンテキスト間を簡単に移動することもできます。

cdでコンテキスト切り替えを行うと,相対パスを利用して短いファイル名を利用できます。/home/masui/の中のMakefile/home/masui/DOC/のMakefileは違うものですから,あらゆる状況でこれらを区別するためには/home/masui/Makefile/home/masui/DOC/Makefileのような絶対パスを指定する必要があります。しかし現在作業中のディレクトリパスをコンテキストとして利用することにより,Makefileのような短い相対パス名が短いIDとして利用できます。単にMakefileと言った場合は街角で「ウナギ」と言った場合と同様に,どのファイルのことかわからないでしょうが,cdコマンドの発行によってユーザとシステムがカレントディレクトリというコンテキスト情報を共通知識として共有することにより,作業の手間を減らすことができるようになっています。

実世界上の操作で実世界コンテキストを表現する

場所を移動するとコンテキストは簡単に変化します。自宅にいるときと会社にいるときはコンテキストがかなり違うのが普通ですし,居室と会議室でもコンテキストは異なります。毎日の通勤は面倒ですが,場所を変えることによって仕事用に気分を切り替えるという意義は大きいと思われます。散歩に行ったり風呂に入ったりしてコンテキストを切り替えることによってアイデアを出すという方法はよく使われていますし,実世界中の移動によってコンテキストを切り替える方法はわかりやすく有用です。仕事をする場所を常に決めておけば,その場所に移動するだけで仕事の気分になれるでしょう。

実世界中の位置情報でコンテキストを表現するのはわかりやすい反面,位置が簡単にわからない場合にはコンテキストを知ることが難しいという問題があります。ある人が会議室にいるのを見れば,その人が会議中であることはすぐにわかりますが,会議室以外ではその人のコンテキストを知ることができません。こういう場合,名札掛けのような別のオブジェクトを利用すると,その人のコンテキストをわかりやすく表現できます写真1)⁠

写真1 名札掛けで人のコンテキストを表現

写真1 名札掛けで人のコンテキストを表現

共用の工具を管理するとき,写真2のように工具を板に張るように保管し,各工具の外枠を描くという方法があります。この板の上に工具がない場合は誰かが使用中だということになりますが,工具の形に合わせて枠線が引かれているため,どの工具が使われているのかというコンテキストが一目瞭然になっています。

写真2 枠線で工具のコンテキストを表現

写真2 枠線で工具のコンテキストを表現

写真提供:筑波大学 システム情報工学研究科 知能ロボット研究室

著者プロフィール

増井俊之(ますいとしゆき)

慶應義塾大学教授。ユビキタス時代のインタフェース技術の研究開発に従事。

本棚.orgGyazoQuickMLFeedTVなど各種のネットサービスを運用中。

http://www.pitecan.com/

コメント

コメントの記入