Developer's Perspective―海外エンジニア/ブロガー 直撃インタビュー+翻訳エッセイ

第1回 「Joel on Software」Joel Spolsky:インタビュー編―キャリアに関する重要な決断の秘訣

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

連載のはじめに

この連載ではソフトウェアに関する優れた文章を書いている世界の開発者を,その人の書いたエッセイの翻訳とインタビューを通して紹介していきます。第1回目はJoel Spolskyを取り上げます。

Joel Spolsky氏

Joel Spolsky氏

Joelのことはご存知の方も多いのではないかと思います。ニューヨークのFog Creek Softwareの創業者であり,以前はMicrosoftでExcel のプログラムマネージャを務め,Junoでは数百万のユーザが使うメールクライアントを開発し,イスラエル国防軍のパラシュート部隊にいたこともあるという経歴の持ち主です。

ブログ黎明期の2000年に書き始められたJoel on Softwareは開発者向けのブログとしてずっと高い人気を誇っており,このサイトの文章からは5冊の本注1が生まれました。一番新しい本『More Joelon Software』図1は日本語版が最近出たところです。

図1 More Joel on Software

図1 More Joel on Software

Joelは起業家向けの雑誌Inc.Magazineにも"How Hard Couldit Be?"というコラムを連載しており,これはWebで読むことができます。

やはり有名な開発者/ブロガーであるJeffAtwoodとともに昨年から始めたプログラミングのQ&AサイトStackover ow.com図2は,フォーラムにWiki やDiggのようなメカニズムを組み込んで,内容が陳腐化せず,おもしろい質問や質の高い回答が自然と上がってくるしくみになっています。このサイトは短期間でとても大きく成長しました。

図2 Stackoverflow.com

図2 Stackoverflow.com

JoelはJeffとともにソフトウェアについて語るpodcastを毎週このサイトで公開しています

Fog Creek Softwareの主力製品はFogBugzで,評価の高いバグトラッキングツールです。それからCopilotというユーザの遠隔サポートを行うためのサービスがありますが,これは2005年の夏休みに4人のサマーインターンが一から開発しました。そのときの様子はドキュメンタリーDVDになっています。今年も何か企画しているとのことで,楽しみです。

今回紹介するエッセイとしては,最近書かれた『プログラムマネージャになるには』を選びました。プログラムマネージャというのはMicrosoftの製品開発において重要な役割を果たしてきた,製品の外部仕様に責任を持つ役職です(会社によっては,成果物が基準や手続きに合っているか確認する役割が「プログラムマネージャ」と呼ばれていることもあります)。

インタビューでは,このプロジェクトマネージャのことと,Joel自身のキャリアにおける重要な決断についてお聞きしました。

注1)
『Joel on Software』/ISBN4-2740-6630-4/ 青木 靖 訳/ オーム社/2005 年12 月日本語訳刊行,『BEST SOFTWARE WRITING』/ISBN978-4-7981-1581-8/青木 靖 訳/翔泳社/2008 年2 月日本語訳刊行,『ソフトウェア開発者採用ガイド』/ISBN4-7981-1582-7/青木 靖 訳/翔泳社/2008 年3月日本語訳刊行,『More Joel on Software』/ISBN978-4-7981-1892-5/青木靖 訳/翔泳社/2009 年4月刊行,『User Interface Design for Programmers』/Apress/2001年6月刊行( 日本語訳は未発売)

Interview to Joel Spolsky

――あなたは経験から学び取るのがすごく上手だと思うのですが,それには何かコツみたいなものがあるのでしょうか?

お褒めいただけるのはうれしいですが,実際本当にそうかというと疑わしいですね! どうも私は慎重過ぎるところがあります。何かをやろうと腹を決めるのに延々と時間がかかります。本当は何年も前にやっているべきことなのにね。私がもうちょっと積極的でリスクを取るタイプの人間だったら,もっと成功していたんじゃないかと思います。

――これまでのキャリアを通してあなたがした一番重要な決断は何だったと思いますか?

私はたくさんの良い決断をしたし,たくさんの悪い決断もしました。ずっと昔のことになりますが,父にこう言われたことがあります。

「決断を下すための十分な情報なんて決して手に入らない」。これは良い考え方だと思います。ぐるぐる同じところを回り続けるのはやめて,十分な情報がなくともとにかく前に進み,決断するようにしています。

"Joel on Software" を書き始めるというのが,私がかつてした中で一番価値ある決断だったと思います。これによって何百万という人たちに,自分の学んできた教訓を伝えることができました。

あとから思うと,私がキャリアをMicrosoftから始めたというのは幸運なことでした。そこでとても多くのことを学ぶことができたからです。当時は,良いソフトウェア製品を安定性を持って繰り返し作り出せる会社というのはそんなにありませんでした。

――イェール大学を出たあと,進む先としてMicrosoft を選んだのはどうしてだったんですか?

それはちゃんと計画していなかったためでした。私は2つの会社しか考えていませんでした。Microsoft とOracleです。この2つではMicrosoftのほうがずっと良い選択に思えました……。給料が良かったし,(シアトルの)生活費は安く,おもしろそうな製品がたくさんありました。1991年当時,イェールの学生を積極的にリクルートしていた会社はこの2つだけだったのです。応募したくなるような小さな良い会社だってあることに,私は気付いていませんでした。

私は経営コンサルティングの仕事というのもちょっとだけ考えたことがありましたが,面接で失敗しました。でもこれは幸運だったと思います…。もしかしたらとんでもない選択をすることになったかもしれません!

著者プロフィール

青木靖(あおきやすし)

ソフトウェア開発者/翻訳家。訳書に『Joel on Software』(オーム社 2005年), 『Best Software Writing』(翔泳社 2008年), 『ソフトウェア開発者採用ガイド』(翔泳社 2008年), 『Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方』(翔泳社 2008年),『More Joel on Software』(翔泳社 2009年)がある。

URL:http://www.aoky.net/

コメント

コメントの記入