Developer's Perspective―海外エンジニア/ブロガー 直撃インタビュー+翻訳エッセイ

第2回 「scottberkun.com」Scott Berkun:翻訳エッセイ編―創造的思考Hacks

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Pick Up Entry from "scottberkun.com"

翻訳エッセイ編―創造的思考Hacks

2007年8月7日 火曜
原文:Creative thinking hacks

私たちは誰でも(今でも鼻くそをなめているあの馬鹿な従兄弟は別として),よりクリエイティブになるために必要なものをすべて持ち合わせている。問題は学校や親や映画や職場といったものによって,クリエイティブな本能を避けるように教え込まれているということだ。クリエイティビティという言葉は,しばしば誇大な連想をまとっており,天才とか才能とか革命的とかイノベーションとかいった,乱用されハイプまみれ注1の言葉と一緒に使われることが多い。ハイプ屋やクリエイティブな人に対する威嚇者たちがそういったレッテルをキャンディみたいに振りまいていて,多くの人が本来持っているクリエイティブな本能を敬遠するようになっている。このエッセイでは,私がワシントン大学で教えている創造的思考法の授業を高速なHackを中心に焼き直したものだ。誰でもいつでもクリエイティブであることができるように,ここでは考え方とコツの両方を提示する。

注1)
ハイプとは,誇大で誤解を招くようなしかたで宣伝され取り上げられることを言います。

クリエイティビティの幻想を殺す

最初に,今日のメディアの多くと同様に,このエッセイもバイオレンスから始めることにしよう(そして意味もなくびっくりマークを付ける)! 目を閉じて,かつて作られた最も凄まじい剣を想像し,これまで耳にしてきたクリエイティブな人々の伝説の数々に斬りかかるのだ。ダ・ヴィンチやモーツァルトやアインシュタインは,ロマンチックに神へと引き上げられ,彼らの人生の月並みな部分は最小化され,我々の語る伝説がいったい誰のことなのか,彼らの母親でさえわからない。次に,その剣についているミントの香りのする火炎放射器を使って,アイザック・ニュートンのリンゴやベンジャミン・フランクリンの雷の凧やエジソンの電球といった子供時代のおとぎ話に火を放とう。そういったクリエイティビティと発見にまつわる人気のあるお話は,良くていいかげん,悪ければ真っ赤な嘘だ。大衆をなだめすかすものではあっても,クリエイティブな人々に彼らの能力について教えるものではない。みんな引き倒し,おまけでナパームを塗った手榴弾を10個ばかり放り込み,古くて壊れているクリエイティビティに対する見方が炎を上げるのを眺めよう。くすぶって煙を上げる残骸の上でダンスしよう! まだ温かい,爆発したクリエイティビティの偶像の残骸の上でマシュマロを焼こう! お楽しみはこれからだ。

画像

あなたが切り拓いたこの新しいクリエイティビティの景色の中では,次の簡単な定義を使うことにしよう。「アイデアとはほかのアイデアの組み合わせである」。声に出して5回繰り返そう。飼っている猫にも言ってやろう。車の窓からバスを待っている人にも叫んでやろう。あなたが目にしたどんな驚くべきクリエイティブなものだろうと,あなたが耳にしたどんなアイデアだろうと,前からあった小さなアイデアへと分解できる。自動車は? エンジン+車輪だ。電話は? 電気と音だ。REESE'S ピーナッツバターカップは? ピーナッツバターとチョコレートだ。偉大でクリエイティブなアイデア,発明,理論はどれも,ほかのアイデアから成り立っている。そのことがなぜ重要なのか? それは単なる消費者ではなくクリエーターになりたいのなら,現在世の中にあるアイデアを頭の燃料として見る必要があるからだ。単なるモノや機能として見るのはやめよう。それは再利用されるのを待っている材料の組み合わせなのだ。

組み合わせ

料理というのはクリエイティビティに対するよいアナロジーになる。シェフの能力は,材料をまとめて何かを作り上げることにかかっている。歴史上で最も才気溢れたシェフであろうと,集中するだけでベーコンを出現させた人はいない。あるいは,熟したトマトが進化の望ましい結果のリストに「あるべきもの」だと神の力に進言した人はない。「組み合わせとしてのクリエイティビティ」という世界観を受け入れることは,クリエーターをさまざまなしかたで助けてくれる。あまりクリエイティブじゃないと感じるとき,答えはいつも使える組み合わせをもっと注意して見るということなのだ。クリエイティブさを増やすために,観察を増やす以上のことは必要ない。今よりも可能な組み合わせに対してもっと心を開くことだ。

ちょっとテストしてみよう。目の前にあるものを何か2つ選んで。たとえばWebブラウザと,うざくて臭い友達のルパート君を選んだとしよう。じゃあ目を閉じて,この2つを組み合わせるさまざまな方法を想像してみよう。

うまくいかないようなら,3つばかり例を挙げよう。

  1. 最小化ボタン付きのルパート
  2. うざくて臭いWebブラウザ
  3. ルパートの顔の上で(あるいはルパートの顔を使って)Webを見る

これらの組み合わせは有用でなかったり,良いものでなかったり,現実的でさえないかもしれないが,クリエイティブであるには違いない。3番目の要素,たとえば4リットルのジョルトコーラを加えたら,さらにおもしろい組み合わせができるかもしれない(ルパートのうざい性格を漂わせたカフェイン過剰摂取の臭いWebブラウザ)。

時とともに,創造的思考の達人は再利用可能な組み合わせやパターンを学んでいく。それは新しいアイデアを作ったり古いアイデアを改良したりするために繰り返し使えるものだ。クリエイティブな分野を何か研究してみるといい。コメディでも料理でも執筆でも作曲でも。そうすると何度も現れてくる良い組み合わせが作れるパターンを見いだすようになる。

画像

(スナーク注2よけの注意書き:アイデアを扱ううえで組み合わせだけでは解決できないような難しい問題があるのは確かだ。そしてまた,単なる組み合わせが必ずしも見事なものを生み出さないということも認めよう。「払っただけのものが手に入る」とはことわざの教えるところだが,この無料のエッセイのタイトルをよく見てほしい。これは創造的思考についてであって,見事な思考についてではない。だからスナークにはよそに行ってもらいたい。)

著者プロフィール

Scott Berkun (スコット・バークン)

著書「アート・オブ・プロジェクトマネジメント」「イノベーションの神話」で知られる著者、講演者、コンサルタント。ワシントン大学で「創造的思考」について教えており,かつてはMicrosoftでInternet Explorerのプログラムマネージャを務めた。

URL:http://www.scottberkun.com/


青木靖(あおきやすし)

ソフトウェア開発者/翻訳家。訳書に『Joel on Software』(オーム社 2005年), 『Best Software Writing』(翔泳社 2008年), 『ソフトウェア開発者採用ガイド』(翔泳社 2008年), 『Eric Sink on the Business of Software 革新的ソフトウェア企業の作り方』(翔泳社 2008年),『More Joel on Software』(翔泳社 2009年)がある。

URL:http://www.aoky.net/

コメント

コメントの記入