実践入門 Ember.js

第1回 Ember.jsの世界

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

はじめまして。佐藤竜之介@tricknotesと申します。本連載では,ユニークな特徴を持つJavaScriptフレームワークであるEmber.jsの仕組みと,実践での活用方法について解説させていただきます。

なぜEmber.jsか

ここ数年,ネイティブアプリケーションのような使い勝手を備えたWebサービスが増えています。筆者が利用しているサービスを例に挙げるとGmail, Pivotal Tracker, Idobataなどがあります。これらはどれも画面遷移がなく一枚の画面上であらゆる操作を行うため,「Webサイト」というよりは「アプリケーション」と表現する方が適切でしょう。このようなアプリケーションはシングルページアプリケーション(SPA)と呼ばれ,従来の画面遷移中心だったWebアプリケーションと区別されることがあります。

ただ,SPAの開発には特有の難しさがあります。それはデータと表示を常に一貫した状態に保つことやアプリケーションの「状態」を意識すること,オブジェクトのライフサイクルを考慮することです。これらの困難さを軽減するために,SPAを専門にサポートするフレームワークが注目を集めています。

こういったフレームワークはユーザインタフェースを取り扱うパターンである「MVC」にちなんで,「MV* フレームワーク」※1と呼ばれることがあります。

本連載で紹介するEmber.jsも「MV* フレームワーク」のひとつです。

※1
SPAの世界ではフレームワークによってMVCのCの解釈が異なったり,MVCの派生系であるMVVMパターンであったりするため,総称してMV*と表現されます。

Ember.jsって?

JavaScriptで開発をしていると「このコードいつも書くなぁ…」という状況に出くわすことはないでしょうか? 例えば,「オブジェクトの状態を監視して適切にDOMに反映する」 「DOMのイベントを受け取ってデータを更新する」 「DOMの生成・破棄のタイミングでイベントをon/offする」などの処理です。Ember.jsはそういった決まりきった処理をよしなに取り扱ってくれるため,プログラマはアプリケーションの使い勝手や期待通りの機能を満たせているかなどの本質的な部分の開発に集中できます。

もちろん,Ember.js以外にもたくさんの選択肢があります。AngularJSReactその他にもMV*フレームワークのサンプル集であるTodoMVCを見てみると,数多くのフレームワークやライブラリが存在していることがわかります。

Ember.jsを選ぶべき場面

では,私たちがEmber.jsを選ぶべきなのはどんな場面なのでしょうか?

一口に MV*フレームワークといっても,アプローチの仕方はそれぞれ異なります。Ember.jsを特徴付けるのは第一に「フルスタックである」ということが挙げられます。すなわち,リッチなアプリケーション開発のために必要な仕組みすべてを提供することをEmber.jsは目指しています。その結果として,Ember.jsの初期学習コストはその他の軽量なライブラリと比べると大きいと言えるでしょう。ただ,あなたの作ろうとしているアプリケーションがある程度の規模を持つならば,そのコストを差し引いてもEmber.jsの掲げる「高い生産性」の恩恵を十分に受けられることでしょう。しかしながら,素早いハックが求められる場面ならば他の選択肢を検討したほうがよいかもしれません。

本連載ではEmber.jsの機能についてひとつひとつサンプルを作りながら解説する予定なので,Ember.jsによる快適な開発を体感していただけると嬉しいです。

Ember.jsの歴史

ここからはEmber.jsに親しみを感じてもらえるよう,Ember.jsの誕生した背景を説明します。

SproutCoreの時代

Ember.jsはSproutCoreというMV*フレームワークから派生する形で誕生しました。SproutCoreはMac OS X用のアプリケーションを作成するためのフレームワークであるCocoaの設計思想をJavaScriptで実現しようという方針のもと開発されました。2008年当時,GUIアプリケーションのアイデアをWeb開発に持ち込んだというのは大変画期的で,それまでDOM操作が主流だったJavaScriptの世界に本格的なアプリケーションを作るための可能性が広がりました。

ただ,Webアプリケーションの世界ではHTML+CSSという表現力豊かな画面作成の基盤がすでにあったので,独自のやりかたでGUIを組み立てるよりも既存のやり方をそのまま利用できるほうがメリットが大きかったのです。そのため,当時SproutCoreのコアメンバーであったYehuda Katz氏はSproutCore 2.0を開発することを決意しました。

しかし既存の仕組みから大きく方針転換をするにあたって,単純にバージョンを上げるだけではその違いをアピールするのに不十分と感じたYehuda氏はフレームワークの名前を変えて再出発することを決めました。そうして開発が始まったのがEmber.jsです。2011年12月13日のことでした※2)。

※2
Master Developers: The Ember.js Core Teamを参照のこと。

Ember.js正式リリース

Ember.jsの開発がスタートしてから正式リリースまでの間およそ一年半は何度も試行錯誤が繰り返されましたが,2013年5月1日にリリースされたバージョン1.0.0ではEmber.jsの方向性がしっかりと定まり,APIが安定したものになりました。

今現在ではYehuda Katz氏,Tom Dale氏を筆頭に多くのコミッターとEmber.jsコミュニティがその開発をサポートしています。

これからのEmber.js

バージョン1.0.0が出たからこれで完成,というわけではありません。本稿執筆時点での最新の安定版は1.8.1で,APIの改善や機能追加が継続して行われています。

そしてAngularJSやReactといった他のライブラリの優れたところを学びつつ,またあるときは他のライブラリに影響を与えつつ※3),MV*フレームワークのエコシステムの中で成長しています。その中から生まれた新しいアイディアは,Ember.js 2.0に向けたロードマップとして公開されています※4)。

2.0と言ってもAPIがまったく変わってしまうわけではなく,現在のAPIをより洗練させていままでより直感的な記述ができるよう進化を続けているところです。

※3
ReactのプラグインであるReact RouterはEmber.jsのやり方をもとにして作られました
※4
Ember.js 2.0のRFCはGitHubで公開されています。

著者プロフィール

佐藤竜之介(さとうりゅうのすけ)

株式会社えにしテック所属。JavaScriptとRubyが好きなウェブ系プログラマ。オープンソースソフトウェアに強い関心がありEmber.jsにも数多くのパッチを送っている。

ブログ:http://tricknotes.hateblo.jp/
Twitter:@tricknotes

コメント

コメントの記入