本格派エンジニアの工具箱

第2回 「NetBeans IDE」を用いたJavaアプリケーション開発

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

プロジェクトの作成

前回はJavaで作成された統合開発環境である「NetBeans IDE(以下,NetBeans)」について,その主な機能とインストール方法について紹介しました。今回はそのNetBeansを用いて実際にJavaプログラムを作成・実行する方法を解説します。

NetBeansを起動すると図1のようなウィンドウが表示されます。右側の一番大きいエリアが,エディタなどの編集領域が表示される場所です。起動時にはチュートリアルへのリンクや,最近編集したプロジェクトへのリンク,NetBeans関連の最新ニュースやブログへのリンクなどが表示されています。

図1 NetBeansのユーザインターフェース

図1 NetBeansのユーザインターフェース

NetBeansではアプリケーションをプロジェクト単位で管理するので,まずは新しいプロジェクトを作成します。左側の「プロジェクト」と書かれているエリアが「プロジェクトマネージャ」で,このエリアを右クリックして,メニューから[新規プロジェクト]を選択します。

図2のように新規プロジェクトウィザードが表示されるので,ここで作成するプロジェクトの種類を選択して[次へ]をクリックします。プロジェクトの種類は,通常のJavaアプリケーションであれば,カテゴリは[Java],プロジェクトは[Javaアプリケーション]です。AWT/Swingを利用したGUIアプリケーションであれば[Java]-[Javaデスクトップアプリケーション],サーブレットなどを利用するWebアプリケーションであれば[Java Web]-[Webアプリケーション]を選びます。

図2 作成するプロジェクトの種類を選択する

図2 作成するプロジェクトの種類を選択する

次の画面では図3のようにプロジェクト名などの設定を記入します。これは[Javaアプリケーション]を選んだ場合の例です。プロジェクト名は任意で,ここでは「MyFirstProject」としました。実際に作成したファイルが格納される場所は,[プロジェクトの場所]に記入されているフォルダです。デフォルトではマイドキュメントの「NetBeansProjects」フォルダに,新しくプロジェクト名のフォルダが生成されます。[主クラスを作成]にチェックを入れた場合,プロジェクトの作成時にmain()メソッドを持ったクラスの雛形を指定したクラス名で自動生成してくれます(この例ではチェックを外してあります)。

図3 プロジェクト名や保存する場所を設定する

図3 プロジェクト名や保存する場所を設定する

プロジェクトが作成されると,プロジェクトマネージャには図4のように作成したプロジェクトのツリーが表示されるようになります。[ソースパッケージ]が,プロフラムのソースコードを配置する場所です。[ライブラリ]は使用するライブラリを,[テストパッケージ]と[テストライブラリ]はJUnitを用いた単体テストのためのコードとライブラリを配置する場所になります。

図4 作成したプロジェクトはプロジェクトマネージャに表示される

図4 作成したプロジェクトはプロジェクトマネージャに表示される

なお,もし誤ってプロジェクトマネージャなどのウィンドウを消してしまった場合には,[ウィンドウ]メニューから再び表示させることができます。後述する実行結果の[出力]ウィンドウなども同様です。

著者プロフィール

杉山貴章(すぎやまたかあき)

ONGS Inc.所属のプログラマ兼テクニカルライター。雑誌,書籍,Webメディアで多数の著作をもつ。

著書

コメント

コメントの記入