「中の人」が語るETロボコンの魅力─何が面白いのか,何に役立つのか

第1回 どこが違うの? ETロボコン─「白熱の120秒」を体験しよう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

UMLロボコンとしてスタートし,今は「ETロボコン」の愛称で親しまれ,組込み業界をはじめ多くのソフトウェア技術者に支えられて続けてきた「ETソフトウェアデザインコンテスト」は今年,第10回という記念の年を迎えました。

歴代チャンピオンの一覧と,一部入賞者のコメントがこちらに掲載されています。

ご存知の方も多い大会だとは思いますが,今回は連載の第1回目ということで,初めてETロボコンという名前を聞いた方向けに,本大会の概要と魅力をご紹介します。

世代を超えた技術教育の場を目指して

ETロボコンでは,開催の目的を以下のように掲げています。

  • 組込みシステム開発分野および同教育分野における若年層および初級エンジニアへの分析・設計モデリングの教育機会を提供すること。
  • 若年層および初級組込みシステム・エンジニア向けに,モノづくりの楽しさを経験する機会を提供し,組込み分野への興味を高める。
  • 複雑化する組込みシステム開発において,モデリングによる分析・設計手法の適用を進めるため,開発成果によるコンペ形式とし,実践教育の機会とします。

少々わかりづらいかもしれませんが,教育機会を提供する対象は「組込みシステム開発分野を生業とする若年層エンジニア」「組込みシステム開発を学ぶ学生」としています。多くのコンテストでは高校生や大学生などの学生はその「層」だけを対象にしています。優劣を競うコンテストにおいて,各参加者の背景を合わせることで平等性を確保するためだと思いますが,ETロボコンの目的は「教育機会の提供」なので,世代を限定しないオープン形式にしています。

自律型ロボットによる競技

「ロボコン」を冠する大会の名前は,一度は聞かれたことがあると思います。よく知られているのがテレビでご存知の「高専ロボコン」ですが,競技内容を比較していただくと,同じロボコンでもずいぶん異なることがわかります。

1つはロボットに対する「操作」です。高専ロボコンでのロボットはほとんどが「リモコン」を使って人間がロボットを操作して1つ1つの動作を行わせています。つまり,どこでどのように動くのかは,人間が決めてロボットに指示を与えています。

これに対しETロボコンのロボット(走行体といいます)は,スタート地点でスタートボタンを押されたら,ゴールするまで一切人間は操作しません。このような方式を「自律型ロボット」といいます。

走行体はスタートしたら,赤外線センサーによりコースの黒い線を辿り,自分が進むべき方向を判断しています。コースにはカーブもあれば分岐もあり,途中で途切れてUターンすることもあります。これら全ての判断を,あらかじめソフトウェアとしてプログラミングにより走行体が自ら行い,ゴールを目指すのです。

コースには「難所」と呼ばれるいくつかのボーナス獲得ポイントがあり,競技規定で定められたルールに従った難所通過ができると,実際の走行タイムからボーナス分のタイムがマイナスされます。⁠走行タイムは「早い」ほうがよいので,タイムをマイナスします。)

コースの全景(2010年九州地区大会より/写真提供:ETロボコン実行委員会)

コースの全景(2010年九州地区大会より/写真提供:ETロボコン実行委員会)

もう1つの違いはロボットそのものの見た目です。

高専ロボコンに登場してくるロボットは,あるミッションを達成するためにさまざまな創意工夫を「メカ」により実現しています。そのため,出場者が作成するロボットはさまざまなスタイルになっています。

ETロボコンの走行体は,どのチームも同じ見た目です。走行体の組み立て方はパーツ1つから全て規定されており,同じロボットを使うことがルールとなっています。ETロボコンにおいて各チームが創意工夫を施すのは,メカとしてのロボットではなく,そのロボットを動かす「ソフトウェア」が対象だからです。

前述しましたが,ETロボコンのコースにはいくつかの難所があります。そこをクリアするための方法は何通りも考えられます。そしてその方法を実現するためのプログラミング方法は,人それぞれで違ってきます。目的達成のためのプロセスと方法を考えることはどのロボコンにおいても同じですが,ETロボコンはそこを「見えないソフトウェア」だけにフォーカスしています。そのため,どのロボットも同じ形で,コンテストとしての見た目が地味に捉えられがちなのですが,実際の競技を見ていただけると,難所をクリアしていく走行体の動きは実に様々で,とてもエキサイティングなものです。

ETロボコンの「走行体」⁠2010年チャンピオンシップ大会)

ETロボコンの「走行体」(2010年チャンピオンシップ大会)

一度はプログラミングの経験がある方なら,この難所クリアのプログラムはどうなっているのだろうか?と,興味深く競技を見ることができると思います。ぜひ一度,会場に足を運んでこの白熱した最長120秒のドラマを,ご覧になってください。

ETロボコンの中心は「モデリング審査」

走行競技だけでなく,審査に「モデリング」が含まれていることもETロボコンの大きな特徴です。走行体がコースを走る状態だけで,ソフトウェアが本質的に優れているものかどうかを評価することはできません。どのような思想で設計されていて,どう表現/記述されているかも評価の対象にします。ソフトウェアが「動けばいい」のではなく,しっかりとした設計思想をもち,それをプログラミングで表現できていることが,ETロボコンの審査対象です。

モデリング審査の内容は,決まった大きさと枚数の紙に,書式の決まった「コンセプトシート」と,自由な記述方式で作成する「補足記述」によって構成されたモデルを,各地区および本部の審査員によって,審査合宿で一度に審査されます。

モデル審査基準
URL:http://www.etrobo.jp/2011/gaiyou/model.php

モデル審査合宿の風景-優秀モデル決定(写真提供:ETロボコン実行委員会)

モデル審査合宿の風景-優秀モデル決定

毎年大量に審査を行いますが,全てのモデルに対して審査員はコメントをつけています。

ソフトウェアを作る技術を身につけることは,実際に設計し実装やテストを一連で経験することが理想ですが,分業体制が普及し,日々技術が高度化している実際の開発現場において,若年層のエンジニアがそれらを全て短時間に経験することは非常に稀です。

そこで,ETロボコンのような機会を利用して,要件定義からテスト,リリースまでを疑似体験してもらうことが,教育の機会として非常に有効な場であると考えています。ですから,ETロボコンではものづくりの一部であるプログラムだけの評価にならないよう,考え方を評価できるモデリング審査を実施しているのです。

著者プロフィール

ETロボコン実行委員

ETロボコンは任意団体の実行委員会を組織し活動しています。参加メンバーは全国の産学官250名を超える社会人ボランティアにより構成されています。ETロボコンの情報は,下記URLやTwitter,メルマガでご案内します。

ETロボコン実行委員会
URL:http://www.etrobo.jp/2011/committee/committee2011.php
ETロボコン
URL:http://www.etrobo.jp/
Twitter
@etrobo

コメント

コメントの記入