「中の人」が語るETロボコンの魅力─何が面白いのか,何に役立つのか

第5回 10年後のエースが生まれるETロボコン─参加者から見た教育と交流のロボコン現場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

第10回記念大会となる2011年 ETロボコンでは,全国11ヵ所の地区大会が9月から10月にかけて開催されました。北海道,東北,北関東,東京,南関東,東海,北陸,関西,中四国,九州,沖縄の各大会に338チーム約1,700名がエントリー,それぞれが暑い,熱い夏を過ごし,秋の競技会で燃焼したことでしょう。

技術教育のプラットフォーム

前回までにご紹介したように,ETロボコンは市販ロボットキット(教育用レゴ マインドストーム)を使った「ソフトウェアの競技会」という世界的にもユニークな取り組みです。⁠ソフトウェア」⁠組込み」⁠モデリング」にフォーカスしており,競技会であると同時に⁠技術教育のプラットフォーム⁠として運営されていることが最大の特徴といえるでしょう。とくに学生を含む若手の技術者への開発実践機会を提供することで日本全体の技術者レベルの底上げを図っていこうとする「教育ロボコン」なのです。

2011東北地区大会 選手宣誓

2011東北地区大会 選手宣誓

ETロボコンの運営

ETロボコンは(社)組込みシステム技術協会(JASA)が主催しており,ETロボコン実行委員会により企画運営されています。実行委員会は,全国約250名の産学官からの献身的なメンバーからなるほぼボランティアベースの組織で,参加者とともにロボコン・コミュニティをつくりあげています。

今年の地区大会を終えてあらためて振り返ってみると,明日を作ろうとするものすごいエネルギーが日本中にあって,そこから生みだそう,つくる人を生みだそうという魂みたいなものの集合体が,ETロボコン・コミュニティのような気さえします

2002年~2006年は東京で大会を1回だけ行っていました。日本全体のレベルアップを考えた時,より参加しやすい状況をつくりだそうと2007年から地区大会を開催するようになり,今年で5年目を迎えます。

2011北海道地区 実施説明会

2011北海道地区 実施説明会

2011東海地区 実施説明界

2011東海地区 実施説明界

教育ロボコンとしての1年

さて,では参加者から見たETロボコンの活動を紹介しましょう。2011年の全体内容はこちらをご覧ください。

[1]実施説明会

毎年2月ごろに,参加見込みの方,興味ある方向けに今年の概要説明会を各地区で開催しています。未経験の方向けには「ETロボコンはどういうもの?」⁠そして「今年はどういった内容?」を聴く機会となり,毎年多くの方が参加します。説明会開催時期,会場はWeb記事やETロボコンのホームページで確認してください。

[2]参加募集

3月~4月上旬に参加者募集されます。参加にあたっては参加規約を一度ご覧ください。

[3]参加決定/メーリングリスト開始

参加確定し,さあいよいよETロボコンで学習と挑戦です。全参加チームと全実行委員が登録されるメーリングリストが開設されます。実行委員会からの連絡,競技内容に関する質疑応答はもちろんですが,このメーリングリストは技術交流の場としても活用されます。それから参加費のお支払いをお忘れなく,2011年は5月末が振込期限でした。

著者プロフィール

小林靖英(こばやしやすひで)

株式会社アフレル

ETロボコン実行委員会・本部運営委員長

第1回から企画運営担当です,始めた頃は30代でした。エンジニアは新しいものをつくることが好きですから,ETロボコンも毎年少しずつ新しいことをやっているのが続けるコツかもしれません。実行委員の想定を上回るアッと驚くようなチャレンジが出てくるのを楽しみにしています。

コメント

コメントの記入