「中の人」が語るETロボコンの魅力─何が面白いのか,何に役立つのか

第6回(最終回) 10年目のチャンピオンシップ大会とアンケートから考えるETロボコンの未来

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

連載最終回を迎えて

ETロボコンの技術教育がはじまった2011年5月から連載がスタートし,今回はチャンピオンシップも終わった年末に連載最終回となりました。

1回目は全体解説,2回目は競技や技術の解説,3回目はモデル教育や審査の解説,4回目は性能や制御の解説,5回目は交流や就職に関する話をしてきました。今回は2011年11月に開催されたETロボコン・チャンピオンシップの結果報告と,ETロボコン2011参加者アンケート結果を報告し,来年に向けた話で連載を締めたいと思います。

10周年記念大会は走りとモデルが高次でバランスよく実現

2011年11月16日(水)と17日(木)に,横浜パシフィコの会議棟にてETロボコン2011チャンピオンシップを開催しました。地区大会にて優秀な成績をおさめた精鋭52チームが全国から集結。

例年,チャンピオンシップは40チームの参加で大会を開催していましたが,10周年記念大会であり52チームを招き,ハイレベルな競技を繰り広げました。結果は,モデルと走りの相関が高次でとれた理想的な結果となり,10周年を記念する大会に相応しいコンテストになりました。

競技会は,昨年実施した展示会場ではなく,パシフィコ横浜の会議棟の大きな会議室での開催です。

競技会場の模様

競技会場の模様

参加チームが調整等を行うピットは,隣の別会議室に設置されました。直接は競技の様子を見る事はできないですが,壁に大きくUStream中継が実施され,多くの参加者が実況を見ていました。

競技結果は,北海道地区の"Champagne Fight:リコーITソリューションズ⁠株⁠ES事業部 第1開発センター ES第1開発部"が1位,常勝チームである東海地区の"HELIOS"が2位に。

前半のベーシックステージを20秒台で走るチームもあり,当走行体で実現できるスピードの限界にまで達したのではないかと感じました。また,2011で追加された通称"尻尾"を使い,2輪のタイヤと3点で走行する尻尾走行も目立ちました。

スピードを上げ疾走するロボット

スピードを上げ疾走するロボット

そして忘れてはならないのは,高校生チームが地区大会で優勝し,チャンピオンシップに出場したことです。過去のモデルを勉強し,大人顔負けのモデルと走行を見せてくれました。受験を控えるメンバも多いようでしたが,下級生もチームにいるので来年以降も楽しみです。

表彰式では,2011で新設された表彰が2つ,情報処理学会の若手奨励賞とIPA賞です。

情報処理学会の若手奨励賞は,"はばたき隊:九州大学院システム情報科学府情報学専攻"が受賞,またIPA賞は,"BERMUDA:⁠株⁠富士通コンピュータテクノロジーズ"が受賞。日本におけるソフトウェアに関する学会と,行政機関がETロボコンに賞を出すようになったのは,10年という活動の賜物と言ってもよいと自負しています。

他の表彰として,例年賞を出しているTOPPERS賞は"雷鳥33号金沢行き:NECソフトウェア北陸"が受賞,そしてETロボコンの目玉であるモデル表彰は,最高位エクセレント・モデルは"HELIOS:⁠株⁠アドヴィックス"が受賞となりました。

総合優勝は,競技部門2位,モデル部門エクセレントとなった"HELIOS:⁠株⁠アドヴィックス"となりました。総合準優勝は"おやじプログラマーず:⁠株⁠エィ・ダブリュ・ソフトウェア",総合3位は"Champagne Fight:リコーITソリューションズ⁠株⁠"という結果になりました。

総合優勝 HELIOS(⁠⁠株⁠アドヴィックス)

 総合優勝 HELIOS((株)アドヴィックス)

総合準優勝 おやじプログラマーず(⁠⁠株⁠エィ・ダブリュ・ソフトウェア)

 総合準優勝 おやじプログラマーず((株)エィ・ダブリュ・ソフトウェア)

総合3位 Champagne Fight(リコーITソリューションズ⁠株⁠

 総合3位 Champagne Fight(リコーITソリューションズ(株))

図1 総合評価結果のプロット

図1 総合評価結果のプロット

上図で,縦軸が走行競技の結果であり,上が1位で順に下にと読みます。横軸はモデル審査結果であり,右がエクセレントモデルで順に左へと並びます。右上にプロットされているのが総合優勝の"HELIOS:⁠株⁠アドヴィックス"です。モデル1位,走行競技2位であるのが読み取れます。

走りだけ,モデルだけというチームが少なく,バランスがよい分布であり,我々実行委員会が求めていた理想に近い形になったと考えています。

ETロボコンは交流が重要です。その重要な交流を促すのが懇親会です。横浜パシフィコ隣にあるクイーンズスクエアの食堂を貸し切り,多くの参加者が技術者と学生関係なく交流していました。実行委員含め約300人の大懇親会であり,学生割引や懇親会の重要性をアピールした効果が出たと喜んでいます。

懇親会でスタッフと話す参加者

懇親会でスタッフと話す参加者

著者プロフィール

渡辺登(わたなべのぼる)

独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター 専門委員

URL:http://www.ipa.go.jp/sec/

NPO法人 組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会(SESSAME)理事

URL:http://www.sessame.jp

株式会社アフレル

URL:http://www.afrel.co.jp

ETロボコン実行委員会 本部 実行副委員長

2004年からETロボコン実行委員会に参加。日本のソフトウェア・エンジニアリングに関するスキルの向上を目的に活動。

コメント

コメントの記入