[公式]Evernote API徹底活用レシピ

第5回 Androidアプリ開発の基礎知識

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Androidアプリを作る

前回はJavaとRubyのサンプルコードについて解説をしました。今後は数回にわたってAndroidを例に解説しますので,今回はその準備をします。なお,筆者はMac OS Xを使用していますが,Windowsについてもなるべくフォローします。

開発環境の整備

まず,Androidの開発環境についてです。AndroidのアプリはJavaで記述しますので,JDKが必要です。Mac OS Xには標準でインストールされています。Windowsの場合はJava SEのページからインストーラをダウンロードして実行すればOKです。

JDKのダウンロードページ

JDKのダウンロードページ

次にAndroid SDKを設定します。まずはAndroid SDKのページから,使用するプラットフォームに合わせてファイルをダウンロードしてください。Mac OS Xなら,android-sdk_r11-mac_x86.zipになります。Windowsの場合はインストーラもあります。

Android SDKのダウンロードページ

Android SDKのダウンロードページ

zipファイルをダウンロードした場合は,解凍して任意の場所に置きます。筆者はホームディレクトリ内の/Users/fumi/android/android-sdk-mac_x86に置きました。Windowsの場合はC:\android\android-sdk-windowsなどで良いと思います。

Eclipseを利用する

統合開発環境はEclipseを使うことにします。Eclipse IDE for Java Developersから,お使いのプラットフォーム用のファイルを選んでダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルを解凍して,任意の場所に置いてください。Mac OS Xでは/Applications/eclipse,Windowsではc:\eclipseに置くと良いでしょう。

Eclipseのダウンロードページ

Eclipseのダウンロードページ

/Applications/eclipse/Eclipse.app (c:\eclipse\Eclipse.exe)をダブルクリックすると,Workspaceの選択ダイアログが開くのでOKを押します。問題がなければEclipseが起動するはずです。

Eclipseの起動画面

Eclipseの起動画面

Androidプラグインのインストール

次にAndroidプラグインのインストール作業をします。メニューから"Help → Install New Software"を選択すると,ソフトウェアの追加インストール用のダイアログが起動します。

ソフトウェア追加インストールダイアログ

ソフトウェア追加インストールダイアログ

右上の"Add..."ボタンをクリックすると,Androidプラグインの入手先を追加するためのダイアログが開きます。そこで,Nameに"Android Plugin", Locationに"https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/"と入力して,OKを押します。

Androidプラグインの入手先追加

Androidプラグインの入手先追加

成功するとDeveloper Toolsという項目が増えますので,それにチェックをしてNextボタンを押します。

Developer Toolsの選択

Developer Toolsの選択

Install DetailsダイアログでもNextをクリックします。次のReview Licensesダイアログでは"I accept the terms of the license agreements"を選択した後にFinishを押します。以上でプラグインのインストールが開始されます。途中でSecurity Warningが出ますが,OKをクリックしてください。インストールが終了したら"Restart now"を押してEclipseを再起動します。

著者プロフィール

加藤文彦(かとうふみひろ)

国立情報学研究所新領域融合研究センター特任研究員。普段はWebの研究に従事しており,Web上のデータを型付リンクで繋いでいくLinked Dataがトレンドになると信じて日々活動している。LinkedData.jp主宰。

twitter:fumi1

URL:http://fumi.me

コメント

コメントの記入