ケータイFlashゲーム制作レクチャー

第7回 カードゲームレクチャー(1) カードとそのアニメーション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

誰もが知ってるカードゲームを作る!

やぁ,ボブだよ!アクションゲームに代わって今回からはカードゲームをレクチャーするよ!1回目はカードの作り方と切り方だ!ピピ!

カードゲーム作成のポイント

昔からトランプは,手軽に遊べるゲームの代表選手だ。「ババ抜き」「七並べ」といったほのぼのとしたファミリーゲームから「ブラックジャック」「ポーカー」といった大人の心理戦を楽しむものまで幅広い遊び方があり,「恋占い」やWindowsの「ソリティア」のように一人遊び用のルールも充実している。正にケータイゲームには,打って付けだ。

という事で,今回からのカードゲームレクチャーはトランプがテーマ。具体的には,誰でも知っているだろうと言うことで「神経衰弱」ゲームを作ってみることにした。

まずはFlash上でトランプを再現する際の注意ポイントを確認しておこう。

(1)すべてのパターンを表現できるカードオブジェクトをひとつ作成する

本来のトランプを模して考えるなら,"ハートのA"とか"ダイヤのJ"といった52枚(ジョーカーを入れれば53~54枚)のカードが存在し,それがある時は"山"に,ある時は"場"にというように移動していることになる(ポーカーなどであれば"プレイヤーの手の内"ということもある)。すなわち,カードのパターン分のオブジェクトが存在し,位置情報をそのパラメタとみるのだ。

しかし「ほとんどのカードは山に積まれており,山札は一番上の1枚しか利用される機会はない」という事を考慮すると,存在するカード分のオブジェクトを用意するというのは,処理的に非効率極まりない。それよりも,実際に操作があり得る場札の分のみのオブジェクトを作り,マークやナンバーを時により変化するパラメタとみた方が,はるかに効率的である。

そこで,すべてのカードパターンを表現できるカードオブジェクトをひとつ作成し,場札としてゲームステージ上に配置する方法を取るのだ。

(2)カードの弁別性と一致性を共に保つ

基本的にトランプのカードは,すべて異なるものであり完全にユニークである。しかし,一方でこれらのカードは,4種のマークや赤と黒といった2色にグルーピングされることもある。またナンバーの一致といった同一性も有している。カードを再現するには,このカードの弁別性と一致性を両方保障しなければならない。

普通カードゲームを作る場合にこれらの情報はカード毎のパラメタとして持たせるが,トランプの場合はカードを規則的にナンバリングして弁別することにより,一致性は計算式で確認できる。

特にFlashの場合,(1)のようなカードオブジェクトをムービークリップとして作る際に,そのパターンをタイムラインに順次並べれば,"フレーム番号"が,弁別や一致の計算に利用できる。この辺り,レクチャーの中で詳しく解説したいと思う。

(3)シャッフルは,特殊なランダマイズ

トランプをいくらシャッフルしても,同じカードが出て来るなんてことはあり得ない。また特に"神経衰弱"に限って言えば,"場に必ず同じナンバーのカードが2枚ずつ存在しなければならない"。つまり"神経衰弱"においては,「まずランダムに何枚かのカードを選び,そのカードたちとペアになるべき「同じナンバーで異なるマーク」のカードを加え,これをシャッフルして,場に配す。」と,実にこうした複雑な操作が必要になるのだ。

『神経衰弱』ゲーム概要

では,次にこれから作成するゲームの概要を説明しよう。

ゲームを開始すると,シャッフルの後,場に8枚のカードが裏向きで並べられる。5キーを押下すると,選択枠が点滅しているカードをめくることができる。選択枠は,4キーまたは6キー押下で移動できる。2枚カードをめくると判定が行われて,ペア成立の場合は"GoodJob!!"と表示された後,揃ったカードは場から消える。不成立の場合は"TooBad!!"と表示後,カードが裏向きに戻る。全ペア揃えたら,"Congratulations!"と表示しゲーム終了。逆に4回ミスをしたら,"GameOver..."。なお,カードは必ず全組揃うように配布される。

と,まあこんな感じだけれど・・・。

実際のゲームが遊べます(5キーで選択決定,4or6キーで選択枠の移動)

画面の遷移は,以下の通りだ。

  画面2 場に8枚のカードを並べる。
画面遷移図

著者プロフィール

西村直樹(にしむらなおき)

クリエイティブスタジオ Studio無限界 代表。アニメーターを経て,ゲームクリエイターとなる。ゲーム制作では,企画シナリオ,ディレクション,絵関連など幅広くこなし,ゲームクリエイターとして現在で19年となる。また,ゲームスクール,アミューズメントメディア総合学院にて,創立年から企画系講師を行い,クリエイター育成にも携わっている。現在は,マネジメントを行いつつ,コンシューマゲーム,ケータイコンテンツ,書籍執筆,その他様々なプロジェクトを進めている。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/


藤田和久(ふじたかずひさ)

プログラマ/テクニカルスーパーバイザー。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータのシステム開発から,WebサイトのCGI,そしてケータイFlashに至るまで様々な環境のプログラミングに携わる。現在はStudio無限界の活動の傍ら,都内複数の専門学校において講師として,ゲーム制作,Webサイト制作,システムエンジニアリングなどの授業を担当。 また,Studio無限界とは別にFMS(個人)として,システムエンジニアリングの分野でも 活動している。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/

コメント

コメントの記入