一番かんたんなGoogle App Engineの使い方

第1回 はじめてのGoogle App Engine,まずはHello, World!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

4月8日にGoogle App EngineというサービスがGoogleから公開されました。Google App Engineは,ひとことでいうとWebアプリケーションを簡単に開発して公開することができるホスティング環境です。なぜこんなに注目されているのかというと,あなたが作成したWebアプリケーションをGoogleのインフラ上で動かすことができるからです。しかも無料で。

通常,大量のアクセスをさばくには,複雑なシステムと専門のエンジニアが必要です。しかし,Google App Engineを使えば,負荷分散や障害時の切り替えといったことは自動で行ってくれます。Googleが検索技術で培った「BigTable」「GFS」といった機能を開発者がほとんど意識することなく使えます。このGoogle App Engineを使えば,文字通り「優れたアイデア」「少しのプログラム開発力」さえあれば,魅力的なサービスの運営ができてしまうということになります。

さて,これを読んでGoogle App Engineでの開発を初めてみたくなりましたか? この記事では,PythonやDjangoを使ったことがない人でも理解しやすいように説明していきますので,ぜひ実際に動かして試してみてください。本当に簡単にWebアプリケーションが作成できることが分かっていただけると思います。

その他の特徴は,次のとおりです。

  • アプリケーションごとに500MBのストレージ,月に500万ページビューまで利用可能
  • 無料(正式リリース後は有料オプションで上記の上限超過にも対応)
  • 現時点で開発言語は Python のみ対応(Djangoベース)
  • SDKをダウンロードすることでローカルで開発可能,デプロイも簡単
  • 管理用ダッシュボードが用意されていてCPU使用率,ログなどを閲覧可能

それでは,実際にGoogle App Engine SDKを使ってみましょう。OSは,Windows,Mac OS X,Linuxに対応していますが,ここではWindows環境を想定して話を進めていきます。

Pythonのインストール

Google App Engineを利用するにはPythonというプログラム言語が必要です。まず,最初にPythonをインストールします。

最新版のpython-2.5.2.msiをダウンロードし,実行します。インストーラーが立ち上がるので,一般的なソフトウェアと同じように「Next」ボタンを押していけばインストールは完了します。

図1 Pythonインストール

図1 Pythonインストール

SDKのインストール

Google App EngineのSDKは次のURLからダウンロードできます。Windows用,Mac OS X用,Linux用がありますので,それぞれの環境に合ったものをダウンロードしてください。ここでは前述の通り,Windows環境を想定して話を進めていきます。

図2 Download the SDK

図2 Download the SDK

GoogleAppEngine_1.0.1.msiをダウンロードして,実行します。

図3 SDKインストール

図3 SDKインストール

こちらも「Next」ボタンを押していけばOKです。

Google App Engineのインストールはこれで終了です。Webアプリケーションのための開発環境が整いました。開発用にWebサーバを用意したりする必要がないので,非常に簡単です。

著者プロフィール

山下英孝(やましたひでたか)

大学を卒業後,大手SIerに就職し,電機メーカーの研究所勤務を経て,ウノウに入社。1年半に渡ってWebサイトの開発,ディレクション,運用を経験した後に独立。2008年2月よりフリーエンジニアとして活動中。好きな言語はJavaScriptとPythonで,Linuxサーバ運用管理も得意。

ブログWeboo! Returns.

バックナンバー

一番かんたんなGoogle App Engineの使い方

  • 第1回 はじめてのGoogle App Engine,まずはHello, World!

コメント

コメントの記入