IT戦士 amachangの 突撃!!Imagine Cup 2008

#2 激戦!Imagine Cup 2008 日本大会 in 名古屋

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

4月27日(日)に,名古屋でThe Student Dayというイベントが行われました。
このイベントは,現在一線で働くエンジニアから近未来のIT活用についてのプレゼンテーションがあったり,全国高専プログラミングコンテストの優勝チームの作品が展示されているなど,未来を担う学生たちがヒントを得る場,有益な出会いがもたらされる場です。

このThe Student Dayの目玉の1つであるプログラムが「Imagine Cup 2008 日本大会」です。
事前に選ばれた上位3チームがプレゼンテーションを行い,1位となったチームが7月の世界大会「Imagine Cup 2008」に出場するソフトウェアデザイン部門日本代表となります。
さてさて,どんなプレゼンテーションが見られたのでしょうか。以下,amachangのレポートをご覧下さい。

会場は名古屋駅から見えるほど近いHAL名古屋。
校舎の入っているビルは今年の3月に完成したスパイラルタワーズ。

会場は名古屋駅から見えるほど近いHAL名古屋。校舎の入っているビルは今年の3月に完成したスパイラルタワーズ。

若い熱気に包まれたイベント会場

まず,会場に入って最初に感じたのは観客の多さでした。
学生しか参加できないイベントということで,参加者が少ないのではないかと思っていましたが,会場は満席でした。会場は若い学生たちの熱気に包まれていました。

会場は溢れんばかりの人

会場は溢れんばかりの人

世界大会への道のりを説明するマイクロソフト 田中達彦氏

世界大会への道のりを説明するマイクロソフト 田中達彦氏

今年のテーマは「環境保護」。このテーマに基づいて,日本大会の最終選考に残った3チームは次のようなソフトウェアを作ってきました。

  • グローバル消費電力管理システム「ECOGRID」:NISLab(同志社大学)
  • 3R促進ウェブサイト「Reco」:IAMAS(国際情報科学芸術アカデミー)
  • 新次元地図情報システム「moQmo」:Team EMET(東京大学大学院/北陸先端科学技術大学院大学)

どれもそそるタイトルですね^^
そして,この中で見事Imagine Cup 2008世界大会への出場を果たしたのは,NISLabでした!本当におめでとうございます!

家電を遠隔操作して省エネ「ECOGRID」

今回,世界大会に出場が決まったNISLabの「ECOGRID」とはどんなサービスなのでしょう。「ECOGRID」は次の2つの機能を提供します。

  • 家電機器を自動制御する
  • 地図上に参加者の家庭をマッピングし,消費電力情報を共有する

これらの機能によって,全世界が同じ問題を共有しながら快適さを維持したうえで,消費電力を削減することができるそうです。
おお。なるほど。
確かに,国を超えて家庭の消費電力がわかれば,多くの電力を消費している先進諸国は電力削減の意識が芽生えるのではないでしょうか。電力をどうやって減らすかということはもちろん,意識を変えるというところにも着目しているのが素晴らしいと思いました。
ユーザインタフェースもかなり洗練されていて,シンプルな操作で,ユーザのやりたいことはほとんどできてしまうように感じました。また,地図やグラフなども,視覚的にわかりやすいものになっています。
「ECOGRID」はSilverlightで実装されており,Silverlight対応のブラウザがあれば誰でも世界とつながることができます。そんな技術面の手軽さもいいですね。
ちなみに「ECOGRID」という名前は,グリッドコンピューティングの考え方をエコにもいかせないかという発想から付けられたものだそうです。

NISLabのメンバーの今大会で一番思い出に残っているのは
「前々日に,みんなで徹夜してプレゼンを何度も直したこと」 だそうです。その徹夜の中でさまざまなことを語り合い,チームの結束がさらに増したようです。青春ですね。いいですね^^
ソフトウェアが絆になった瞬間ですね(大げさですか?)

登録している家や企業を地図で一覧でき,電気を使い過ぎているところがわかりやすく表示される

登録している家や企業を地図で一覧でき,電気を使い過ぎているところがわかりやすく表示される

NISLabメンバー。左から松下知明さん,清水誠さん,加藤宏樹さん,中島申詞さん

NISLabメンバー。左から松下知明さん,清水誠さん,加藤宏樹さん,中島申詞さん

著者プロフィール

天野仁史(あまのひとし)

サイボウズ・ラボ(株)に勤めるプログラマ。出身は金沢市。21才でプログラミングに出会いIT戦士になることを決意。それからというもの,寝ても醒めてもプログラムを書きつづけ今に至る。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/amachang/

コメント

コメントの記入