IT戦士 amachangの 突撃!!Imagine Cup 2008

#9 日本人初の快挙!高橋直大,アルゴリズム部門世界3位!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Imagine Cup最終日,ワールドフェスティバル。 この日,各部門を制したトップスリーが発表されます。

日本人で,ここまで進んだのはアルゴリズム部門に出場した高橋直大君。 アルゴリズム部門は,出題された複数の問題を24時間以内に解くという競技で,作ったプログラムの性能を競います。

豪華な舞台,ルーブル美術館に併設された大広間。勝敗を見守る記者や出場者たち。 いよいよアルゴリズム部門入賞者の発表が始まりました。

「The 3rd place winner is Naohiro Takahashi!」

司会者の大きな声とともに会場が湧きます。 高橋君は,今まで日本人が成し遂げることのできなかったImagine Cupアルゴリズム部門第3位入賞を果たしたのです! Imagine Cup 2008アルゴリズム部門には,世界134ヵ国15,394人の学生が応募していました。その中でみごと世界3位に輝いた高橋君にお話を聞いてみました。

写真1:日本で待つ両親に,受賞報告の電話をする高橋君

写真1:日本で待つ両親に,受賞報告の電話をする高橋君

24時間の過酷な試練

競技は24時間,ネットにつながれていない個室で,1台のコンピュータを与えられて行われます。ドキュメントの持ち込みや会話も禁止され,出場者にとってはかなり過酷な競技となります。 しかしそんな状況の中でも,出場者は各自持ち込んだ好きなお菓子を食べるなど,自分のペースで問題に取り組んでいたようです。高橋君は「煮詰まったときは,少しの間外に出てストレッチをするなど,体を動かして気分転換をしました」と話してくれました。

写真2:出題された問題の一例。除雪車がランダムな(ノードと道の)地図上を除雪する場合の最短経路を求める

写真2:出題された問題の一例。除雪車がランダムな(ノードと道の)地図上を除雪する場合の最短経路を求める

問題文はすべて英語で出題されます。英語が苦手な高橋君にとってはそれも一つの大きな試練でした。 しかし,途中停電し,すべてのコンピュータがシャットダウンするというトラブルがありました。この停電で一時会場は混乱したそうですが,高橋君はこの時間をうまく活用し,問題の和訳に取り組んだそうです。この臨機応変な対応も,今回の結果につながったのではないでしょうか。

写真3:問題についてとても楽しそうに説明してくれる。目が輝いています

写真3:問題についてとても楽しそうに説明してくれる。目が輝いています

今までの戦歴

高橋君は高校2年生までは野球に打ち込んでいたそうで,プログラミング歴はなんと2年とのこと。高校3年生のときに体調を崩して野球を続けられなくなり,その情熱の矛先をプログラミングに変え,注力してきました。高橋君は「受験勉強とか,やらなければいけないことがたくさんあるときほどプログラミングにハマりますよね」と笑いながら答えてくれました。 プログラミングを始めてから,高橋君はさまざまなコンテストに出場しています。Imagine Cup以外では情報オリンピック,SuperConやTopCoderなどにも出場しているそうです。 SuperConは高校生がスーパーコンピュータを使ってプログラミングのアイデアを競う大会で,2006年には6位入賞をはたしています。一方,TopCoderは世界最高峰のプログラマ達も参加している有名なプログラミングコンテストで,高橋君は学校やネット上の友達と一緒に参加して,楽しみながらプログラミングの腕を磨いているそうです。 また,Imagine Cupも今回が初めてではありません。プログラミングを始めたばかりのときに出場したImagine Cup 2006の1次予選では9位入賞を果たしました。 さらに,1年後のImagine Cup 2007では,2次予選で健闘するも辛くもファイナルには届かなかったそうです。 そして,今年Imagine Cup 2008で世界3強入りを果たしたのです。

著者プロフィール

天野仁史(あまのひとし)

サイボウズ・ラボ(株)に勤めるプログラマ。出身は金沢市。21才でプログラミングに出会いIT戦士になることを決意。それからというもの,寝ても醒めてもプログラムを書きつづけ今に至る。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/amachang/

コメント

コメントの記入