連載

IkaLogの裏側~「スプラトゥーン」のリアルタイム画像解析はどのように行われているのか

 

  • 第3回 「ニコ生主でもつかえるIkaLog」を目指してのWindows対応
    • Windows環境では「コンパイル済みのOpenCV,NumPy配布物」を活用
    • 映像のキャプチャはどうやって実現する?
    • OpenCVでビデオキャプチャに成功
    • GitHubでIkaLogを公開!
    • しかし,反応は思わしくなく……
    • Windowsバイナリ版の開発秘話
    • Windows版のビルド環境にはSlackでアクセス

    2016年10月17日

  • 第2回 IkaLogの基本的なしくみ
    • はじめての画面認識の検討
    • Python,OpenCVとNumPyを利用することにした理由
    • なぜ,OpenCVの画像認識アルゴリズムを使わなかったのか
    • マスク画像を用いたマッチングの検討
    • マスク画像を準備
    • マスク画像を用いた判定回数/秒は?
    • 勝敗の判定
    • 次回予告

    2016年4月5日

  • 第1回 IkaLog誕生前夜
    • スプラトゥーンとの出会い
    • きっかけはモツ鍋
    • IkaLog,誕生
    • IkaLogの現状
    • 次回予告

    2016年3月15日

 

著者プロフィール

長谷川猛(はせがわたけし)

(株)SRAで7年間のシステム構築&提案を経験したのち,Fusion-ioのセールスエンジニアを経て,フリーランスエンジニアとして活動中。『LDAP Super Expert』(技術評論社)に寄稿したほか,『Xen 徹底入門』(翔泳社)および『萌え萌えうにっくす!UNIX ネットワーク管理ガイド』(毎日コミュニケーションズ)の共著者のひとりである。

スノーボード,ごまラーメン,飼い犬のミニチュアシュナウザー「ラピス君」が大好き。