[The Interview]エンジニア向けQAサイト「teratail」とは

第2回 若きプロジェクトリーダーが本音で語った! 「teratail」を提供する本当の狙い

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

エンジニア向けQ&Aサイトとして,レバレジーズが提供しているteratail」⁠知りたいこと,分からないことを気軽に質問できるサービスとして,すでに多くのユーザーに利用されています。このteratailの企画を立ち上げ,現在はプロジェクトリーダーとしてこのサービスを手掛けている藤本直也氏が,このサービスの狙い,そして今後の展開などについて解説してくれました。

メディア・システム部 マーケティンググループ 藤本 直也氏
2014年入社,teratailのプロジェクトリーダー

メディア・システム部 マーケティンググループ 藤本 直也氏

teratailを提供することを通じてエンジニア同士の交流を活性化させたい

プログラミングやソフトウェアの設定,あるいはネットワークの構築などを行っている中で何らかの問題が発生したとき,一般的な方法としてまず考えられるのはGoogleなどでの検索でしょう。インターネット上には,ソフトウェア開発やシステム構築に関する情報が大量に存在しているため,分からないことがあればまず検索というのは常套手段ですが,必ずしも答えに辿り着けるとは限りません。しかしエンジニアの役割として,問題を解決しなければ前に進めません。そこでぜひ活用していただきたいのが,レバレジーズが提供するエンジニア向けのQ&Aサイト「teratail(テラテイル)⁠です。

このロゴマークも,エンジニアにとって馴染み深くなる日は近い!?

このロゴマークも,エンジニアにとって馴染み深くなる日は近い!?

検索をしても,書籍を見ても解決できないことを質問できるサービスであるteratailは,エンジニアにとって馴染み深いmarkdown形式で文書を記述することができます。コードはシンタックスハイライトで表示されるため,質問したいこと,答えたいことを的確に表現することが可能です。またteratailはオープンなサービスであり,他のSNSへの同時投稿機能も備えています。

teratailのWebサイト。幅広い内容の質問が投稿されている

teratailのWebサイト。幅広い内容の質問が投稿されている

質問投稿画面。コードをシンタックスハイライトする仕組みも盛り込んでいる

質問投稿画面。コードをシンタックスハイライトする仕組みも盛り込んでいる

このようなQ&Aサービスはすでにインターネット上にいくつかありますが,teratailの強みとして「エンジニア同士の交流」に注力していることが挙げられます。

昨今,エンジニア同士が集まって交流する勉強会が盛んに開催されるようになりましたが,すべての人がこうしたイベントに参加できるわけではありません。たとえば忙しくてなかなか参加できない,あるいは勉強会の開催場所が遠くて出向けないといったケースが考えられます。しかし私たちは,インターネットというインフラを使っているのであれば,オフラインだけではなく,オンラインでの交流もあってよいのではと考えます。teratailは形式上はQ&Aサイトですが,その裏側には質問と回答というやり取りを通じてエンジニア同士のコミュニケーションを活性化させたいという思いがあります。

こうした考えからteratailに採り入れたのが,特定のユーザーの質問や回答をすばやくチェックできる「フォロー」という機能です。たとえば自分と似た課題を抱えている人,あるいはその人に対して的確な回答をしている人をフォローしておけば,参考になる情報がどんどんマイページに集まることになります。このようにteratailは,単に質問と回答で完結するのではなく,その背後にいるエンジニアに注目し,交流を促すことを意識しています。

今後は,質問を投稿した際に相互フォローしている人に回答を依頼するといった仕組みを追加することも検討しています。さらにフォローしているエンジニアとコミュニケーションするための機能も実装予定で,技術力向上につながるコミュニティ要素を強化していきます。これらにより,エンジニア同士のつながりを生み出し,それによって新たな価値を創造することがteratailの大きな目標(大きなビジョン)です。

ほかのユーザーをフォローし,その人が行った質問や回答などをすばやくチェック可能

ほかのユーザーをフォローし,その人が行った質問や回答などをすばやくチェック可能

Q&A形式だからこそ実現できる意義のあるノウハウの蓄積と共有

エンジニア同士が交流することによって生まれる,貴重なノウハウを多くの人が使えるようにすることもteratailが目指すところです。たとえば勉強会ではあらかじめ設定されたテーマに対して誰かがプレゼンテーションを行うというスタイルが一般的ですが,そこで使われたスライドが公開されることはあっても,登壇者に対して投げかけられた質問とその回答までがインターネット上にまとまった形で蓄積されるケースは決して多くありません。

しかしオンラインでのやり取りであれば,その内容を記録として残すことが可能であり,ほかのユーザーが参照することができます。有益なやり取りがこのように記録されていれば,多くのエンジニアにとって価値のあるコンテンツとなるでしょう。

実は最初はQ&Aという形にもこだわっていませんでした。たとえばチャットサービスやまとめサイトのようなものでもいいと考えていたのです。そこから最終的にQ&Aサイトにしたのは,有用な議論は有用な質問から生まれるし,意義のある質問には的確な回答が返ってくるだろうと考えたためです。自由に投稿できるようにすると,有益な情報がそうではないコンテンツの中に埋もれることになりかねないため,そうしたロスを防ぎしっかりした質問を投げれば適切な回答が得られ,かつ読みやすい形で記録される。つまり,質問する人と回答する人,そしてそのやり取りを見る人のそれぞれの視点でのメリットを考えたときに,最終的にQ&Aに辿り着いたということです。

teratail上の行動に応じて,さまざまな"バッジ"を獲得することができる

teratail上の行動に応じて,さまざまな

コメント

コメントの記入