目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

第2回 iPhone SDKの入手と設定

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

Xcodeを使ってアプリを作る

デスクトップのハードディスクアイコンをダブルクリックして開くと「Developer」というフォルダが見つかります。このフォルダにアプリ開発用のツールがまるごと入っています。Xcodeは,Developerフォルダの中にある「Applications」フォルダにあります。

Xcodeは,ハードディスクの Developer→Applications→Xcode.app にインストールされる

Xcodeは,ハードディスクの Developer→Applications→Xcode.app にインストールされる

Xcode.appをダブルクリックして,Xcodeを起動します。「Welcome to Xcode」というウインドウが開いたら,閉じてしまって構いません(「ヘルプ」「Xcode ニュース」から再度表示できます)。

プロジェクトの作成

今回は,何もできない真っ白なアプリを起動するところまでを試してみます。Xcodeのメニューから「ファイル」「新規プロジェクト...」を選択します。

新規プロジェクトの作成

新規プロジェクトの作成

ここで作るプロジェクトとは,1つのアプリを作るためのファイル群のことを指します。つまり,アプリ単位でプロジェクトを作るという作業が必要です。

テンプレートの選択と保存

テンプレートの中から「View-Based Application」を選択

テンプレートの中から「View-Based Application」を選択

新規プロジェクトのウインドウが表示されたら,左側で「iPhone OS」「Application」が選択されていることを確認します。右側にいくつかのテンプレート(アプリの土台となるもの)が表示されますので,ここでは「View-Based Application」を選び,右下の「選択...」をクリックします。

プロジェクトに名前をつけて保存する。ファイル名に反映されるので日本語は使わないほうがよい

プロジェクトに名前をつけて保存する。ファイル名に反映されるので日本語は使わないほうがよい

プロジェクトを保存するために名前をつけます。ここでつけた名前がそのままファイル名などに反映されるので,名前からアプリが連想できるようなものが良いでしょう。アプリ自体の名前はこれとは別に設定するので,ここでつける名前は「開発コードネーム」に相当すると考えてください。保存場所は好きな場所を選んでください。

Xcode(3.1.2)のメインウィンドウ。「ビルドして進行」を押すとアプリが作られ起動する

Xcode(3.1.2)のメインウィンドウ。「ビルドして進行」を押すとアプリが作られ起動する

保存が完了すると,Xcodeのメインウインドウが開きます。ここでは,アプリを構成するファイルを閲覧したり,開いて編集したり,パーツを組み合わせてアプリの画面を構成するための「Interface Builder」を起動したり,アプリをiPhoneで実行できる形に組み立てて起動したりと,様々な作業を行います。

アプリのビルドと実行

ではさっそく,付属の「iPhone シミュレータ」を使ってアプリを動かしてみましょう。左上の「概要」の部分で,「Simulator ~」が選択されていることを確認してください。Simulatorに続く数字は,iPhone OSのバージョン番号です。複数ある場合は最も新しい(番号が大きい)ものを選んでおきましょう。準備が整ったら「ビルドして進行」をクリックしてしばらく待ちます。開発中のアプリをiPhoneで実行できる形に組み立てることを「ビルド」と呼びます。ビルドが成功すると,自動的にiPhone シミュレータが起動してアプリが表示されます。

iPhone シミュレータ (2.2) が動いている様子。実際のiPhoneとほぼ同等の操作が行える

iPhone シミュレータ (2.2) が動いている様子。実際のiPhoneとほぼ同等の操作が行える

iPhoneアプリ開発へ

いかがでしょう。今回はまだ何も手を加えていない,いわゆる「空のアプリ」なので当然何の操作もできませんが,ボタンひとつでiPhoneそっくりの画面が立ち上がって,その中でアプリが動いてしまうのは少し驚きではないでしょうか。

さて,次回からはいよいよ画面上にパーツを配置し,実際にiPhoneアプリを作っていきます。App Storeですでにリリースされている「バーゲン教師」をベースにアプリの作り方を解説していきますので,持っていない方はぜひApp Storeからダウンロードしてみてください。

iPhoneアプリ「バーゲン教師」開発中の画面

iPhoneアプリ「バーゲン教師」開発中の画面

著者プロフィール

皮(かわ)

1980年宮崎県生まれ。納豆好き。

アイフォーンの皮:http://mixi.jp/view_community.pl?id=3531790

コメント

  • どうもありがとうございます

    9/18急に自分もアプリの開発してみたいという無謀の発想にからまれ、とりあえずやってみることにしました。
    マックもアプリ開発も全く初心者です。
    どの本が一番いいのか分からず、とりあえず、MacBookエアや初心者向けの本を二冊ネットで購入しました。
    届くのに時間がかかっているので、ネットサーフィンしたら、皮さんのページを見つけました。初心者用の本と皮さんの文章を読み、こちらの文章は断然分かりやすかったです。
    少々、問題にはぶつけましたが、なんとかクリア。これからも開発完了までこちらの文章を軸に、応用していきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

    Commented : #3  mogmo14 (2011/09/30, 17:21)

  • miy0shiさんへのコメント

    Mac OS X のバージョンを確認してみて下さい。
    10.5.7 以上でないとiPhoneのSDKがインストールされません。
    私の場合は10.5.6で同じようになりましたが、10.5.7へアップしてからSDKのインストールを実施しました。

    Commented : #2  カズ (2010/08/22, 14:13)

  • すみません、ご質問宜しいでしょうか。

    「iphone_sdk_3.1.2_with_xcode_3.1.4__leopard__9m2809」をダウンロードしたのですが、新規プロジェクトのテンプレートの中に「iPhone OS」という項目が表示されず、「View-Based Application」などのテンプレートをクリックする事が出来ません。(「iPhone OS」の項目がなく、「Mac OS X」のみ)
    こちら原因などあれば、ご教示頂けますと大変光栄です。
    すみません(><)
    宜しくお願い致します。

    Commented : #1  miy0shi (2009/10/12, 14:33)

コメントの記入