目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

第10回 App Storeでアプリを公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

本連載もいよいよ最終回を迎えました。ここまで開発してきたアプリケーションを,App Store上で全世界に公開する手順を解説し,これまでのまとめを行います。

アプリの登録に必要なもの

App Storeへアプリを登録するためには,以下のものを用意する必要があります。

  • 57×57ピクセルのアイコン
  • 512×512ピクセルのアイコン (JPEGまたはTIFF)
  • スクリーンショット

アイコンを作る

アイコンは,アプリを起動するためのホーム画面に並ぶアイコン用に57×57ピクセルの物と,iTunesのApp Store上で表示するために512×512ピクセルの物の2種類が必要です。そこで,はじめに512×512ピクセルのアイコンを作っておき,それを57×57ピクセルに縮小すると手間を省くことができます。もちろん,App Store用とアプリ用でアイコンを別の物にしても構いません。

アイコンは2つ用意する

アイコンは2つ用意する

気をつけなければならないのは,アプリ用の小さいアイコンはPNG形式でかまわないのですが,App Store用の大きいアイコンはJPEGかTIFFで保存しておく必要があるということです。プレビューなどを使って保存する際に形式を間違えないようにしましょう。小さいアイコンはアプリをビルドする際にアプリの中に含めてしまいます。一方で大きいアイコンはアプリをApp Storeに登録する際に別途提出する必要があります。

アプリにアイコンを設定

小さいアイコンはあらかじめアプリのホームアイコンとして設定し,ビルドしてアプリに含めておく必要があります。アイコンのファイル名を「Icon.png」とし,PNG形式で保存してください。 アプリのXcodeプロジェクトを開き,左側にある「Resources」フォルダにアイコンファイルをドラッグアンドドロップします。

アイコンファイルをResourcesに入れる

アイコンファイルをResourcesに入れる

ダイアログが表示されますので,上部「デスティネーショングループのフォルダに項目をコピーする(必要な場合)」にチェックを入れ,下部「ターゲットに追加」のリストにチェックが入っていることを確認して「追加」をクリックします。

ファイルのインポート設定

ファイルのインポート設定

これで,アイコンファイルであるIcon.pngがプロジェクトに追加されました。次にこのファイルをアプリのアイコンとして設定します。 同じResourcesフォルダにある「Info.plist」をクリックすると,エディタにファイルの中身が表示されます(ダブルクリックで開いてもかまいません)⁠このリスト中の「Icon file」の項目に,先ほどのアイコンのファイル名「Icon.png」を入力してください。

アイコンファイルの指定

アイコンファイルの指定

概要でターゲット(SimulatorまたはDevice)を選択して「ビルドして進行」で実行してみてください。その後iPhoneシミュレーターまたはデバイスのホームボタンを押してホーム画面に戻り,アプリにアイコンが表示されていれば成功です。

著者プロフィール

皮(かわ)

1980年宮崎県生まれ。納豆好き。

アイフォーンの皮:http://mixi.jp/view_community.pl?id=3531790