目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

第10回 App Storeでアプリを公開

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

ディストリビューションビルドの作成

App Storeで配布するアプリは,開発中にiPhone シミュレータやデバイスで動かしたアプリとは別に「ディストリビューション」と呼ばれる形式でビルドされたものを用意する必要があります。デバイスで動作させた際と同様に,プロビジョニングを作成します。

プロビジョニングの作成

前回デバイスのプロビジョニングを作成した時と同様に,iPhone Dev CenterからProgram Portalへ移動し,以下の手順で設定を行います。

証明書要求の登録

左側から「Certificates」を選択し,⁠Distribution」タブをクリックします。

Distributionを選択

Distributionを選択

前回,デバイスのための証明書要求を登録した時と同じ手順で,ファイルを選択して登録しましょう。完了したら証明書をダウンロードしてインストールします。

Provisioning Profileの作成

こちらも前回と同様です。左側から「Provisioning」を選択し,⁠Distribution」タブをクリックします。⁠Distribution Method」では「App Store」を,その他は前回に習って入力し,Submitをクリックして作成します。作成したプロビジョニングをダウンロードしてインストールします。

プロビジョニングの作成

プロビジョニングの作成

プロジェクトの設定

ディストリビューションビルドを作成するために,プロジェクトの構成を追加します。Xcodeのメニューから「プロジェクト」⁠⁠プロジェクト設定の編集」を選択し「構成」タブをクリックします。

プロジェクトの構成リスト

プロジェクトの構成リスト

リストの中にある「Release」を選択した状態で左下の「複製」をクリックすると「Releaseのコピー」が作成されますので,名前を「Distribution」に変更します。完了したら「ビルド」タブを選択し,構成で「Distribution」を選択します。

ディストリビューションビルドの設定

ディストリビューションビルドの設定

デバイスで動かす際にも選択した「コード署名ID」にある「Any iPhone OS Device」の項目で,先ほどインストールしたディストリビューション用のプロビジョニングを選択します。これでプロジェクトの設定は完了です。

ビルド

Xcodeのメインウィンドウに戻り,概要でアクティブなSDKに「Device」を,アクティブな構成に「Distribution」を選択します。ディストリビューションビルドで作られた物は直接デバイスで動かすことはできませんので,今回は「ビルドして進行」ではなく,Xcodeの「ビルド」メニューから「ビルド」を実行してビルドだけを行います。

構成を選択してビルド

構成を選択してビルド

ビルドが完了すると,プロジェクトが保存されているフォルダにある「build」フォルダの中に「Distribution-iphoneos」というフォルダができています。そこに拡張子がappのファイルができていますので,ファイルを右クリックして「"(プロジェクト名).app"を圧縮」を選択してください。

アプリのファイルを圧縮

アプリのファイルを圧縮

同じフォルダに拡張子がzipの圧縮ファイルができました。

著者プロフィール

皮(かわ)

1980年宮崎県生まれ。納豆好き。

アイフォーンの皮:http://mixi.jp/view_community.pl?id=3531790