はじめMath! Javaでコンピュータ数学

第4回 記号の工具箱をひっくり返そう[後編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

前回は基本的な演算記号を採り上げました。今回は問題を通して具体的に取り組んでいきます。実際にソースコードを組んで実行してみましょう。眺めたり読んだりするだけでは決して得られないものがあるはずです。

問題:数学記号・Java言語の演算子を使ってみよう

(1) 項目①~⑦にリストアップした演算と,その結果を表示するためのソースコードを,リスト4.1のEnzanshi_Test.javaに付け加えてください。円周率,ネイピア数といった定数値はMathクラスに定義されているものを取り出してください。また,変数a,b,cはソースコード内に定義したものを利用してください。その他,必要な変数があれば適宜宣言して利用してください。

(2) 完成したソースコードの実行結果を関数電卓を使って予想してみましょう。

(3) 完成したソースコードを実行し,予想した結果と比較してみましょう。

① 四則演算,剰余演算
a + b - c
a × b ÷ c
a % b
② 等号・不等号
a の値を c に代入
c の値と a の値が等しいかどうか
c の値と a の値が等しくないかどうか
a の値より b の値が大きいかどうか
a の値より b の値が小さいか等しいかどうか
③ 代入演算子
c に 2 を代入
+= を使って c + a の結果を c に代入
-= を使って c - a の結果を c に代入
*= を使って c × a の結果を c に代入
/= を使って c ÷ a の結果を c に代入
%= を使って c mod a の結果を c に代入
④ 単項演算子
c の値を表示
++c を実行
c の値を表示
c++ を実行
c の値を表示
--c を実行
c の値を表示
c-- を実行
c の値を表示
⑤ 累乗・累乗根・対数・絶対値・無限大
a^b
a^(1/2)
a^(1/5)
loge a
log10 a
log2 a
-5の絶対値
単精度実数型の最大値
単精度実数型の最大値×2
(※単精度実数型の最大値はFloat.MAXVALUE で取得できます。)
⑥ 数列の和・階乗
1から5までの総和
5!
⑦ 三角関数
円周率(π)の値
30°をラジアンに換算
60°をラジアンに換算
π/6を度に換算
π/3を度に換算
sin 30°の値
sinπ/6の値
arcsin(1/2)の値
arcsin(1/2)の演算結果を度単位に換算
ネイピア数(e)の値

リスト4.1 Enzanshi_Test.java

1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
8:
9:
10:
//filename : Enzanshi_Test.java
class Enzanshi_Test {
  public static void main(String[] args) {
    float a=10; float b=5; float c=2;
    System.out.println("(a,b,c)=( "+a+" , "+b+" , "+c+" ) とする。");

    //ここにプログラムを書き足しましょう。

  }// end of main
}// end of class

著者プロフィール

平田敦(ひらたあつし)

地方都市の公立工業高等学校教諭。趣味はプログラミングと日本の端っこ踏破旅行。2010年のLotYはRuby。結城浩氏のような仕事をしたいと妄想する30代後半♂。

コメント

コメントの記入