はじめMath! Javaでコンピュータ数学

第16回 論理の数学の基本[後編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

今回は前回学んだ論理記号・論理演算子を使って確認を行います。先ずは真理値表を書くことで,記号の意味をきちんと理解したかを確かめます。その後に,論理演算子を用いた小さなプログラムを作成してみます。最後にもし,論理演算子を用いないでプログラムを書いたらどうなるか試してみます。

問題:以下の論理式について,それぞれ真理値表を作成しましょう。

(1)A+Bの真理値表を完成してください。

表16.1 問題:論理和の真理値表

ABA+B
00 
01 
10 
11 

(2)Āの真理値表を完成してください。

表16.2 問題:否定の真理値表

AĀ
0 
1 

(3)A⊕Bの真理値表を完成してください。

表16.3 問題:排他的論理和の真理値表

ABA⊕B
00 
01 
10 
11 

(4)問題(1)(3)の演算の真理値表を出力するプログラムを作りましょう。

(5)論理演算子を用いずに,if文を使って論理和を記述してみましょう。

「条件A(boolean型変数a)と条件B(boolean型変数b)のどちらか一方でも真ならば,someProcedureメソッドを呼ぶ」というコードを,論理演算子を用いずに書いてみてください。条件A,Bともに真の場合は,一度だけsomeProcedureがコールされるようにしてください。

仮に論理演算子を使えるならば,次のようにシンプルに書けることでしょう。

if (a || b){someProcedure();}

さて,これを論理和の演算子( || ) を用いず書いてみてください。

著者プロフィール

平田敦(ひらたあつし)

地方都市の公立工業高等学校教諭。趣味はプログラミングと日本の端っこ踏破旅行。2010年のLotYはRuby。結城浩氏のような仕事をしたいと妄想する30代後半♂。

コメント

コメントの記入