ついにベールを脱いだJavaFX

第7回 クラスを作る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 16.5 分

今まで紹介してきたサンプルはすべて,JavaFX Scriptの標準APIを使用して作成してきました。しかし,本格的なアプリケーションを作成するには,標準APIだけではいかんともしがたい部分があります。特にMVCでいうところのM,つまりモデルの部分は標準APIだけで表すには難しい場合が多くあります。

そこで,今回はクラスを自作することに挑戦してみましょう。

クラスの定義

とりあえず,クラスを1つ作ってみましょう。名字と名前を保持するクラスです。

リスト1

class Name {
    var firstName: String;
    var lastName: String;
 
    function fullname(): String {
        return "{firstName} {lastName}";
    }
}

クラスの定義はclassで行います。波括弧の中では,アトリビュートと関数の定義を行います。アトリビュートの定義は,変数と同じくvarで行います。Preview SDKまではアトリビュートの定義はattributeだったのですが,JavaFX 1.0で変更されました。

実をいうとこの変更に伴って,アトリビュートという言い方は使わずに,すべて変数として表すことになりました。しかし,単に変数と書いたときにインスタンス変数なのかローカル変数なのか,もしくはスクリプト変数なのか区別しにくいため,この連載では以前からなじみのあるアトリビュートを使い続けることにします。

関数も波括弧の中で定義します。インタープリタ版では関数の実体は波括弧の外で行っていましたが,これも変更されました。

上のNameクラスの場合,firstNameとlastNameという2つのアトリビュートを持ち,いずれも型はStringです。そして,fullnameという関数を持ち,戻り値の型はStringです。

では,このクラスを使ってみましょう。

リスト2

var name = Name {
    firstName: "Yuichi"
    lastName: "Sakuraba"
}
 
println("Full Name: {name.fullname()}");

実行結果を以下に示します。

図1

Full Name: Yuichi Sakuraba

アトリビュートにデフォルト値を持たせるには,アトリビュートの定義で値を代入します。アトリビュートにデフォルト値を設定しない場合は表1のようになります。

表1 アトリビュートのデフォルト値

デフォルト値
String "" (null)
Integer 0
Number 0.0
Duration 0ms
Boolean false
オブジェクト null
関数 null
シーケンス [ ] (null)

Stringとシーケンスにnullと記載しているのは,空文字や要素のないシーケンスがnullと同等に扱われるためです。これも実際に試してみましょう。

リスト3

class Photograph {
    var title: String;
    var width: Integer;
    var height: Integer;
    var resizable: Boolean;
    var image: Image;
 
    // デフォルト値の代入
    var kind: String = "JPEG";
}
  
var photo = Photograph {};
 
println("Title: {photo.title}");
println("Width: {photo.width}");
println("Resizable: {photo.resizable}");
println("Image: {photo.image}");
println("Kind: {photo.kind}");

kindアトリビュートだけデフォルト値を設定しました。titleアトリビュートやwidthアトリビュートはデフォルト値はなく,オブジェクト生成時も値を代入していません。このスクリプトを実行すると,次のようになりました。

図2

Title: 
Width: 0
Resizable: false
Image: null
Kind: JPEG

この結果からもStringが空文字,Integerが0,そしてBooleanがfalseになることがわかります。また,オブジェクトはnullになります。

次に関数型のアトリビュートを定義してみましょう。関数型のアトリビュートを定義するには,引数と戻り値の型も定義しなくてはなりません。引数の型指定にはコロンはあってもなくてもかまいません。また,関数型のアトリビュートで定義したメソッドをコールするのは,普通の関数をコールするのとまったく変わりません。

リスト4

class Printer {
    // 引数,戻り値なし
    var reset: function(): Void;
 
    // 引数,戻り値あり
    var print: function(String): Boolean;
    // こちらでも OK
//  var print: function(:String): Boolean;
}
 
var printer = Printer {
    reset: function(): Void {
        println("reset");
    }
 
    print: function(text: String): Boolean {
        println("Print: {text}");
        return true;
    }
}
 
printer.print("Hello, World!");

resetアトリビュートは引数がなく,戻り値の型はVoidです。printアトリビュートは引数の型がString,戻り値の型がBooleanになります。実行結果を次に示します。

図3

Print: Hello, World!

varだけでなく,defで変数を定義することも可能です。第3回でdefを使うと,値を一度しか代入できないことを説明しました。それはクラス定義でも同じです。

リスト5

class MathConst {
    def pi: Number = 3.1415;
}

著者プロフィール

櫻庭祐一(さくらばゆういち)

横河電機に勤務するかたわらJava in the Boxにて新しい技術を追い続けています。JavaOneは今年で11年目。名実共にJavaOneフリークと化しています。

コメント

コメントの記入