Aptana JaxerでサーバサイドJavaScriptを始めてみよう!

第2回 Jaxerの環境構築/サンプルアプリ解説

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Jaxerの環境構築

前回は,Jaxerの概要とJaxerを使うメリットを解説しました。今回は,Jaxerの環境構築,およびサンプルアプリの解説を行います。

では早速Jaxerの環境を構築してみましょう。

Jaxerを動作させるには以下の2つの方法があります。

  • Aptana Jaxerをインストールする
  • Aptana Studioをインストールする

後者はAptana Studioに付属されているJaxerのランタイムを利用して動作させる方法です。どちらの方法も,ファイルをダウンロードして,解凍するだけなので簡単です。

Aptana Studioは,Eclipseをベースにした統合開発環境(IDE)で,Ruby on Rails やPHP,JavaScriptさらにはiPhone やAdobe AIRのbeta3までをもサポートしており,HTMLのエディタとしてもDreamweaverに匹敵する機能を有しています。

JaxerのアプリケーションはhtmlとJavaScriptのファイルだけで構築するので,テキストエディタでも十分開発できるのですが,せっかくなので「Aptana Studioで開発」して,「Jaxerにデプロイ」するという手順を踏みたいと思います。

Aptana Studioは,現在,Windows,Mac,linuxのそれぞれのスタンドアローン版とEclipseのプラグインという形で提供されており,以下のページからダウンロードできます。

スタンドアローン版とプラグイン版に機能面で差はありませんので,好みに応じてどちらかを利用すれば良いでしょう。

環境構築(Windows)

今回の連載では,スタンドアローン版を利用することにして解説をすすめていきます。インストール手順は次にあげるステップだけです。どうですか? 拍子抜けするほど簡単ですよね。

Aptana Jaxer
  1. AptanaのサイトからZip版をダウンロード
  2. 解凍後,任意のディレクトリへ配置
Aptana Studio
  1. AptanaのサイトからZip版をダウンロード
  2. 解凍後,任意のディレクトリへ配置

Jaxerの起動

それでは,Jaxerのサーバを起動し,付属のサンプルを見てみることにしましょう。Jaxerのzipファイルを解凍後に現れるAptana Jaxerフォルダの中のStartServers.batをダブルクリックしましょう。

画像

すると,コマンドプロンプトが起動し,以下のようなメッセージが表示されます。

画像

これで,Jaxerの起動は終了です。以下のアドレスへアクセスすることで,Jaxer上で起動するサンプルのtopページを表示することができます。

  • http://localhost:8081/aptana/

※すでに8081ポートを他のアプリケーションが利用している場合は起動できないので,ポートを利用している他のアプリケーションを停止するか,StartServers.batをテキストエディタで開き,JAXER_APACHE_PORT=で指定されているポート番号を空いているポート番号へ変更してください。

画像

なお,Jaxerを停止したい場合は,表示されているコマンドプロンプト上で,何かキーを押下します。

著者プロフィール

栗栖義臣(くりすよしおみ)

TIS株式会社 主任。鹿児島県出身。大阪大学大学院工学研究科にて原子力工学を専攻。卒業後,TISで主にJavaの開発案件に携わる。 SUN × Recruit主催のmash up award 2ndにて「サグール賞」「きざし賞」「特別賞」を受賞(asso-ball.networdarium.net)。iGoogleガジェットコンテストで「特別賞」を受賞(U.T.)。ブログは「でぃべろっぱーず・さいど」。

URLhttp://dev.chrisryu.com/

コメント

コメントの記入