プログラマに優しい現実指向JVM言語 Kotlin入門

第2回 開発環境の構築

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第1回では導入としてKotlinの概要や特徴について解説しました。今回はKotlinで実際に開発を始めるための環境を整える方法を紹介します。

開発環境を準備する

前回の記事でKotlinの魅力を知っていただけたでしょうか。それではコードを実際に書いて,遊んでみませんか。今回は,Kotlinを実行する開発環境として次の方法を紹介します。読者の皆さんの用途に合わせて利用してください。

  • Webブラウザで利用できるエディタ
  • シンプルなCLIコンパイラ
  • IntelliJ IDEA

Webブラウザで利用できるエディタ

先に挙げた中でもっとも手軽で簡単な方法がWebブラウザ上で開発する方法です。JetBrainsが提供するKotlin Web Demoを利用します。Webブラウザから次のURLにアクセスしてください。

アクセスすると図1のような画面が表示されます。

図1 Kotlin Web Demo

図1 Kotlin Web Demo

中央にコードを編集するエリア(=エディタ)があり,最初のアクセス時にはHelloWorldコードが入力された状態になっています。ここに入力されているコードを実行するには画面右側にある再生マークの実行ボタンをクリックします。コードが実行されると,その結果がコンソールに出力されます。

エディタはシンタックスハイライト機能はもちろんのこと,コードの補完機能まで備えています。コードの補完機能を有効にするために画面右側の[Type checking]のところで[Server]を選択します図2)⁠これでコードの補完機能が有効になりました。試しにエディタにlistOf(1, 2, 3).と入力します。最後の.を忘れないでください。ここで[Ctrl]キーと[Space]キーを同時に押してください。するとアクセス可能なメンバの一覧が表示されます。

図2 コードの補完

図2 コードの補完

シンプルなCLIコンパイラ

手持ちのマシンの上でコマンドからコンパイルを実行する方法です。皆さんが現在使用されている任意のエディタでコーディングできます。

コンパイラを入手するには次のURLよりKotlin公式サイトへアクセスしてください。

公式サイトへアクセスしたら[Download compiler]をクリックしてください。Githubのページが開くので「kotlin-compiler-0.10.195.zip注1)⁠をクリックしてZIPファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたZIPファイルを展開すると,kotlincファイル注2としてKotlinソースファイルをコンパイルするためのスクリプトが得られます。皆さんが使用されているPC環境に合わせて,ここへのパスを通しましょう。

コンパイラの準備は以上です。次にコンパイラを使用して,Kotlinソースファイルからclassファイルへコンパイルしてみましょう。

リスト1の内容を記述したファイルをHelloWorld.ktとして任意の場所に保存します。拡張子ktはKotlinのソースファイルのための拡張子です。

リスト1 デフォルトパッケージのHelloWorld

fun main(args: Array<String>) {
  println("Hello, world!")
}

ターミナルを起動し,カレントディレクトリをHelloWorld.ktが保存されているディレクトリに変更します。そして次のようにコマンドを叩きます。

$ kotlinc HelloWorld.kt
$

行頭の$は便宜上,プロンプトを意味する記号とします。メッセージが出力されることなく次のプロンプトが表示されればコンパイル成功です。lsコマンドなどで同ディレクトリ内にclassファイルが作成されているのが確認できます。

コンパイルで得られたclassファイルを実行するにはjavaコマンドを使用します。ただし実行に際して,Kotlinランタイムkotlin-runtime.jarが必要です。また,実行対象のclassファイルは_DefaultPackage.classです注3)⁠次のようにクラスパスを指定してjavaコマンドを実行してください注4)⁠Hello, world!と画面に表示されれば成功です。

$java -cp $KOTLIN_HOME/lib/*:./ _
DefaultPackage
Hello, world!
$
注1)
数字部は執筆時現在のバージョンを表しています。
注2)
Windowsの場合は同ディレクトリ内のkotlinc.batファイルを使います。
注3)
$KOTLIN_HOMEはZIPファイルを展開して得られたkotlincディレクトリのパスです。
注4)
今回はパッケージを定義しなかったのでこのような名前が付きました。

著者プロフィール

長澤太郎(ながさわたろう)

早稲田大学情報理工学科を2012年に卒業。同年入社したメーカー系SIerを経て,2013年にエムスリー株式会社へ入社。以来,世界の医療を変革するためソフトウェアエンジニアとして従事。

日本Kotlinユーザグループ代表,日本Javaユーザグループ幹事を務める。国内初となるKotlin入門書「Kotlinスタートブック」(リックテレコム)の著者。

ビールとディズニーが大好き。

コメント

コメントの記入