コレクターが独断で選ぶ! 偏愛キーボード図鑑

第13回 小型メカニカルキーボード―BLACK PAWN & Majestouch MINILA

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

本記事の内容はSoftware Design掲載当時の内容であり,現在では変わっている場合があります。

はじめに

今回はHappy Hacking Keyboard(以下,HHKB)のような形状の小型メカニカルキーボードを紹介します。小型メカニカルキーボードは,近年になっていくつか製品が発売されています。海外で販売されている製品が多いですが,日本でもいくつか販売されています。筆者が所持しているうち,日本でも比較的簡単に手に入るBLACK PAWN写真1),Majestouch MINILA,Majestouch MINILA Airを紹介します。

写真1 BLACK PAWN

写真1 BLACK PAWN

小型メカニカルキーボード

小型メカニカルキーボードは,おおむね次のような特徴を持ちます。

  • テンキーレスキーボードよりも小さいHHKBのような形状
  • Cherryのメカニカルスイッチを採用
  • DIPスイッチでの挙動変更

HHKBのような形状で,ファンクションキーのないキーボードが多いです。その代替としてと[Fn]いうキーが搭載されており,[Fn]を押しながら[1]を押すと[F1]を押したのと同じ動作をします。もちろん,KBT Race 75%注1写真2のようにファンクションキーも搭載し,テンキーレスキーボードの隙間を詰めたような形状の小型キーボードも存在します。

写真2 ファンクションキー搭載の小型キーボード KBT Race 75%

写真2 ファンクションキー搭載の小型キーボード KBT Race 75%

ほとんどの製品がCherryのメカニカルスイッチを採用しており,たいていは黒軸,赤軸,青軸,茶軸とスイッチの異なる4バージョンが販売されています。黒軸と赤軸の特徴は,線形に重さが増す軸で黒軸のほうが重いです。青軸と茶軸の特徴は,キーを押したと認識する直前で荷重が強く,青軸にはクリック音があります。これらの中から好みのタッチを自分で選べます。Matiasのmini Quiet Pro注2) のようなCherry以外のメカニカルスイッチを採用している小型のメカニカルキーボードも,種類はかなり少ないですが存在します。

DIPスイッチを搭載しているキーボードが多く,細かく挙動が変えられます。[CapsLock]と左[Ctrl]を入れ替えられるキーボードが多いです。

注1)
KBT Raceは一時期日本でも販売していました。今でも探せばあるかもしれません。
注2)
大きめの量販店で入手可能です。

BLACK PAWN

BLACK PAWNはセンチュリー(株)が販売するメカニカルキーボードで(写真1),日本語配列のUSBキーボードです。Cherryスイッチを採用し,黒軸,赤軸,青軸,茶軸それぞれのバージョンがあります。キーボードのキーひとつひとつにバックライトLEDが搭載されており,[Fn][v]で点灯できるのが大きな特徴です。

DIPスイッチが搭載されており,[CapsLock]と左[Ctrl]を入れ替えられます。

筐体はメタルでおよそ600gあり,ずっしりと重く,キーボードが安定します。センチュリーの直販サイトやAmazon.co.jpで販売されており,価格は約12,000円です。

Mejestouch MINILA

Majestouchシリーズで有名なダイヤテック㈱の小型メカニカルキーボードです写真3)。USB接続で,日本語配列と英字配列が存在します。Cherryスイッチを採用しており,黒軸,赤軸,青軸,茶軸それぞれのバージョンがあります。

写真3 Majestouch MINILA(日本語配列)

写真3 Majestouch MINILA(日本語配列)

スペースバーの両隣に[Fn]があり,親指で[Fn]を押せるようになっています。[Fn]とホームポジション周辺のキーを組み合わせることで上下左右の矢印キーや[BackSpace]を入力できるようになっています。そのため,ホームポジションを崩さずに矢印キーや[BackSpace]を入力できます。

写真4 DIPスイッチ

写真4 DIPスイッチ

DIPスイッチを搭載し,[CapeLock]と左[Ctrl]の入れ替えや,[Fn]をスペースに変更することが可能です写真4,5)。

写真5 DIPスイッチの説明

写真5 DIPスイッチの説明

重量は約700gと重くキーボードが安定します。価格は約12,000円で,ダイヤテック・オンラインショップやAmazon.co.jpで購入できます。

Mejestouch MINILA Air

MINILAのBluetoothバージョンです写真6)。MINILAと基本的に同じで,日本語配列と英字配列の両方が存在します。Bluetoothの小型メカニカルキーボードとなるとこれだけかもしれません。

写真6 Majestouch MINILA Air(英字配列)

写真6 Majestouch MINILA Air(英字配列)

Bluetoothキーボードですと,USB経由でバッテリーを充電して使う方式もありますが,これはバッテリーではなく,単三電池2本で動作します。USBポートは存在しないため,USBキーボードとしては使えません。

値段は約14,000円で,MINILA同様,ダイヤテック・オンラインショップやAmazon.co.jpで購入できます。


今回は,小型メカニカルキーボードの中でも日本で入手可能な日本語キーボードを中心に紹介しました。英字キーボードであれば,海外ではほかにKBT RaceやKBT PURE,KBC POKER2などが販売されています注3。小型のキーボードをお探しであれば,HHKBのProfessionalよりも安く,種類も多いので,探してみると自分にあったものが見つかるやもしれません。

注3)
PUREやPOKER2は,http://mechanicalkeyboards.com/で購入できます。
Software Design

本誌最新号をチェック!
Software Design 2017年2月号

2017年1月18日発売
B5判/192ページ
定価(本体1,220円+税)

  • 第1特集
    なぜプログラマの役に立つのか
    いまはじめるDocker
  • 第2特集
    Linuxファイルシステムの教科書
    Ext3,Ext4,XFS,F2FS,Btrfsの特徴と進化
  • 第3特集
    なぜ入りたい会社に入れないのか?
    エンジニアが採用できない会社と評価されないエンジニア(後編)
  • 一般記事
    セキュリティ情報の最前線「Black Hat USA 2016」でトレーニング!
    ペネトレーションテストで学ぶ侵入攻撃の手法と対策

著者プロフィール

濱野聖人(はまのきよと)

EmacsとPCキーボードをこよなく愛するDebian GNU/Linuxユーザ。PCキーボードは100枚以上所持。

コメント

コメントの記入