LinuxCon Japan 2011 Preview

第1回 来たれ! Linux/OSSの未来を背負う若きデベロッパたちよ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

The Linux Foundationジャパンディレクタ
福安徳晃氏

The Linux Foundationジャパンディレクタ 福安徳晃氏

来る6月1~3日,⁠LinuxCon Japan 2011」がパシフィコ横浜にて開催される。Linuxおよびオープンソースソフトウェア(OSS)分野の国際技術カンファレンスとしてはアジア地区で最大規模であり,日本では昨年の「LinuxCon Japan/Tokyo 2010」に続く3回目の開催となる。

今回から3回にわたって,その魅力に迫る。第1回目は日本でのLinuxCon開催の意義や今年の見所を,The Linux Foundationジャパンディレクタの福安徳晃氏に聞いた(本文中敬称略)⁠

LiuxCon Japan 2011の見所

――― LiuxCon Japan 2011まで3ヵ月を切りました。今年はどのような内容になるのでしょうか。

福安:現時点(2011年2月)でお話できるのは,基調講演のおもな内容です。まずはLinux 創始者のLinus Torvaldsが来日して講演を行います。Linusの来日は2009年の「Japan Linux Symposium」以来のことです。また,The Linux Foundationからは,エグゼクティブ・ディレクタのJim Zemlinが講演することになりました。

SCSI SubsystemメンテナでNovellに所属するJames Bottomleyも,2009 年の基調講演,昨年の一般講演に続く登壇です。今回はより多くの人に聞いてもらいたいという意図で基調講演をしてもらうことになりました。また,LWN.net 編集者でカーネル開発者でもあるJon Corbetには,Linux.com Japanで人気のコンテンツLinux Weather Forecast⁠Linux天気予報)を生の講演でやってもらう予定です。

Jon Corbet氏(LinuxCon Japan/Tokyo 2010にて)

Jon Corbet氏(LinuxCon Japan/Tokyo 2010にて)

複数のデベロッパによるパネルディスカッションとしては,⁠Kernel Developers Panel」「Asian DevelopersPanel」が予定されています。Kernel Developers Panelは,コミュニティリーダーによるディスカッションを通じて,最新動向や今後の方向性などの話題を提供する予定です。

もうひとつのAsian Developers Panelは,今回からの新たな試みです。昨年はJapanese Developers Panelとしていましたが,LinuxConはワールドワイドでも4ヵ所,米国と日本のほかには南米と欧州でしか開催していないアジア地域で最大級のLinux/OSSイベントです。つまり日本はアジアで唯一のLinuxCon開催地ですから,日本だけでなく中国や韓国のデベロッパの声も聞ける場を作ろうと企画したのです。

――― 中国は近年,オフショア開発の委託先として,日本のみならず世界各国から開発案件が集まっていますから,技術者の数も増えているでしょうし,技術力も鍛えられていることでしょう。韓国もAndroid 端末などの開発を通じて組込み系を中心に技術力を伸ばしていることと思います。

福安:実際,カーネルコントリビュートの数を国別に見れば,日本も相当な数にのぼりますが,中国はさらに多いのです。実態をみると,やはり中国では受託開発企業のエンジニアが多いようですが,韓国ではサムスンのエンジニアが中心となってLinuxコミュニティでのプレゼンスを増してきています。このような彼らの最新動向を知りたいですよね。そこで,Asian DevelopersPanelでは日・中・韓の有力デベロッパを集めてディスカッションしてもらう予定です。

――― 一般演題はCFP(Call for Participation)の募集を締め切って,4月号が発売されるころには,ちょうど選考に入っているところですね。

福安:一般演題では,プレゼンテーション,パネル,分科会,テクニカルチュートリアルなど合わせて60 ~70のセッションを予定しています。受け付けたCFPはプログラムコミッティによるディスカッションを経て審査しますが,昨年は約40の枠に対し80あまりの応募があり,惜しくも見送った例は多いですね。ですから一般演題でも厳選した内容となっているはずです。

LinuxCon Japan/Tokyo 2010のJames Bottomley氏のセッションの模様

LinuxCon Japan/Tokyo 2010のJames Bottomley氏のセッションの模様

コメント

コメントの記入