LinuxCon Japan 2011 Preview

[レポート]LinuxCon Japan 2011開幕 Linus Torvalds氏が基調講演「20年間の開発者の労力の先に今がある」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

6月1日~3日,パシフィコ横浜にて開催される「LinuxCon Japan 2011」が開幕した。初日最初の基調講演はLinux生みの親Linus Torvalds氏が登壇。「20 Years of Linux」(Linuxの20年)と題し, Greg Kroah-Hartman氏との対談形式でキーノートが進められた。

開会の挨拶に立ったのはLinux Foundation ジャパンディレクタの福安徳晃氏。東日本大震災の影響から,一時はLinuxCon中止も検討されたが,開催を願う励ましの声やスポンサー,関係者の協力を得て開催に至ったことを明かした。そして,電力消費量が逼迫する中,開会中の電力の保証を約束してくれた横浜市に謝意を表した。

あいさつする福安徳晃氏

あいさつする福安徳晃氏

Linuxから20年,そのすべてを語れるのは一人だけ

そしてあらためて,今年誕生して20周年を迎えるLinuxのこれまでを振り返った。ヘルシンキ大学の研究室で始まったLinuxが,現在は世界中の証券取引所をはじめとする株式市場の70%で利用されており,エンタープライズから小型の組込み機器に至るまで,あらゆる身近な環境に広がっている。

続けて「この20年間のすべてを語ることができる人物は一人だけです。今日はその人をお招きしました」とLinux開発者,Linus Torvalds氏を紹介。キーノートを引き継いだ。

Linus氏の講演は,来場者の代表としてカーネル開発者のGreg Kroah-Hartman氏がインタビューする形で進められた。

キーノートの模様。左がLinus氏,右がGreg Kroah-Hartman氏

キーノートの模様。左がLinus氏,右がGreg Kroah-Hartman氏

Linux 3.0登場のいきさつ

まずは数日前に発表となったLinuxカーネルの新バージョン3.0の話題が上がった。Linus氏来日直前にRC1がリリースされたカーネル3.0.0が,その前のメジャーバージョン2.6系が8年間続いた後の大きなバージョンカウントのアップとなることついて,Linus氏はLinuxカーネルのバージョンアップの意味合いがLinux開発の初期とは変わってきた点を指摘した。

2.2~2.4になるまでのLinuxはバージョンアップのサイクルも長く,次々とメジャーな機能を実装し,そのために不安定になったり実用に問題が出ることもあったが,2.6系になると安定期に入り,(それ以前よりは)大きな機能追加やドラスティックな変更はない分,動かなくなるような破綻や不具合もなくなった。またバージョンアップの間隔も3ヵ月と短くなる。カーネル開発の方針も「常に安定したバージョンを提供する」ことに注力されるようになり,企業や業務での利用が大きく広がった。

このため,かなりの大きなトピックがなければ,2.6→2.8といった大きなカウントのアップができない状況になってしまった。「こうしたやり方を続けるのはもう十分だと思った。あなた(Greg氏)なら2.6.39と38の区別は簡単につくだろうけど,普通の人には覚えにくい。これからは3.0.1といったサブ番号よりももっと大きな3.1,3.2といった刻みでバージョンアップして行きたい」(Linus氏)。

「できることは同じ,でも速く動く」

では,Linus氏が「安定している」と語る最近のLinuxカーネルの中で気に入ったフィーチャー(特徴,機能)はある? という問いにLinus氏は,「目を引く機能よりも退屈に見えるようなものが好きですね」と答え,例としてカーネル2.6.38で取り入れられた,実行速度改善の機能を挙げた。「これによって40%のスピード向上が見られた。できることはいつもと同じ。ただそれが速く動くのです」(Linus氏)

また,何か新しいフィーチャーが取り入れられるケースについては,「いろいろなやり方があると思う」としながら,「だれかの要望があって改善する場合と,今はまだユーザがいないような限界に挑戦する機能,でも5年後にはユーザがいるかもしれない,そういうフィーチャーの両方が必要。片方だけではダメだと思う」と答えた。特定の分野で少人数しか使っていないような機能でも,10年後にはさまざまな場所で使われるようになったものを見てきたとLinus氏は語る。「たとえばSMP対応などもその1つです」。

さらに「そこにLinuxの成功の理由がある」とLinus氏は続けた。「AppleではMac OSとiOS,Microsoftでもハイエンドとローエンドでは違うOSを使う。でもLinuxはハイエンドからローエンドまで同じOSだ。これは組込みにおいて特に重要なポイントになる」。

これに対してGreg氏が「そうすると,たとえばローエンドでは必要ない機能まで入ってしまうことがありますよね。また中には独自の実装を押し通す,たとえばARMコミュニティとか(笑)」と水を向けると「3.0ではARMのツリーからジェネリックなところにコードを持って来ることに成功したよ。組込みのコミュニティが,我々もそのエコシステムの一部として認めてくれたんだ。まだ第一歩といったところだけどね」と,最新カーネルでは組込み系のコードにおいて一定の成果があったことを強調した。

「目を引く機能よりも地味なものに惹かれる」というLinus氏

「目を引く機能よりも地味なものに惹かれる」というLinus氏

次に,現状の課題となっているLiunxのデスクトップアプリケーションについての話題となった。Greg氏が「世界を支配するためには,カーネルが優れているだけでなくアプリケーションも必要です。今でも世界を支配したいと思っていますか?(笑)」と問うと,Linus氏は「『世界を支配』というのも,10年前なら面白い冗談だったが,最近は冗談にならなくなった(笑)」と返したうえで,「デスクトップアプリケーションは増えているけど,既存の製品に割って入るまでにはなっていない」と認めた。そして「使い慣れたアプリケーションを変えさせる(納得させる)のは難しい。人は慣れたものを使いたがるものだから」と,アプリケーションを普及させる難しさを語った。

またLinus氏は1つの可能性として,インタラクティブなUIをさらに進化させる方法があると示唆した。「技術的には魅力的なデスクトップを作ることは可能になっている。すでにラップトップでLinuxをプレインストールしたマシンも登場している」。

コメント

コメントの記入