使ってみよう! Live Framework

第15回 Live Framework CTP,次期リリース準備段階へ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Live Framework CTPの提供終了

これまで本連載で扱ってきたLive FrameworkのCTPバージョンですが,米国時間の8月21日にマイクロソフト公式のLive Services Blogにて9月8日をもってサービスを終了との発表がありました。残念ながら本連載にて紹介したLive Frameworkのコードなどはしばらくの間 利用できなくなりますが,完全なサービスの終了ではなくLive Frameworkは次の段階に進み,新たなLive Frameworkの発表が期待されます。今回は発表のあった内容について紹介します。

Windows Liveブランドへ統合

2008年PDC2008にてAzureサービスプラットフォームのCTPが発表されました。そして,そのAzureサービスプラットフォームのビルディングブロックのひとつとしてLive Servicesがあり図1),Live Servicesへアクセスする開発環境としてLive Frameworkが登場しました。このことは,第2回に紹介しています。

図1 Azureサービスプラットフォーム

図1 Azureサービスプラットフォーム

Azureサービスプラットフォームの一部として存在したLive Servicesですが,Azureサービスプラットフォームの構成から切り離され,次期リリースされるWindows Liveサービスへ統合するとしています。

これは,Live Servicesが.NET ServicesやSQL Servicesと比べ少し方向性の異なるものであったと推測できます。実際にLive Frameworkを利用した開発ではAzureサービスプラットフォームを意識する必要はなく,Windows Azureや.NET Servicesの開発と異なっていました。また,Live ServicesとLive Frameworkは主にエンドユーザーや個人ユース向けのサービスおよび開発環境であったことも異なります。

CTP期間中,コミュニティからAzureサービスプラットフォームの構成を明確にしてほしいというフィードバックもあり,フィードバックを反映しAzureサービスプラットフォームはWindows Azure,.NET Services,SQL Servicesから成るとMSDN Forumsで述べています。

Azureサービスプラットフォームから分離することは,Live ServicesがWindows Azure上での動作を停止するのではなくWindows Liveブランドの各種サービスがAzure上で稼働する準備段階に入ったとみて良いでしょう。次期リリースでは各種サービスもLive Frameworkによりアクセスできることが期待できます。

9月8日以降のCTPサービスについて

米国時間で9月8日以降は,本連載でも紹介したLive Framework CTPに関する以下のすべてのサービスおよびSDK・ツールは使用できなくなります。

  • Live Framework Developer Sandbox
  • Live Framework Client
  • Live Framework SDK
  • Live Framework Tools for Microsoft Visual Studio

特にDeveloper Sandboxのストレージにデータを保管している場合は,期限までに必要なデータをダウンロードしておく必要があります。9月8日以降,オンラインストレージ上のすべてのデータは削除されます。エンドユーザー向けのLive Meshは継続して利用可能です。

またオンラインでのサービスが使用できなくなりますので,Meshに接続していたデバイスは削除し,Live Framework Clientをアンインストールすることをすすめています。

Azure Services Developer Portal図2では,Mesh-enabled WebアプリケーションおよびLive Framework-enabled Webサイトの作成はできなくなり,また作成済みのWebアプリケーション・Webサイトの情報の編集およびAnalytics機能の利用ができなくなります。

図2 Azure Services Developer Portal ‐ Live Services画面

図2 Azure Services Developer Portal ‐ Live Services画面

これらのLive Frameworkを利用したWebアプリケーション・Webサイトも動作しなくなります。ただし,取得したApplication IDに関してはCTPサービス終了後も存続し,その他のLive Servicesへのアクセスに利用または削除の選択ができる予定です。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入