LL Future×gihyo.jp presents 今年もLLのアツい夏がやってきた!

第3回 未来を発明する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

LLで未来を発明する

「LLで未来を発明する」セッションを担当するえんどうと申します。LLに関わったのは第2回のLLWeekendから。私はKahuaプロジェクトというオープンソースプロジェクトに当初から参加しています。Kahuaプロジェクトは今年3月にオライリージャパンから「プログラミングGauche」という本を出版しました。表紙の魚(フムフムヌクヌクアプアアというハワイの魚です)が目印です。

「LLで未来を発明する」セッションでは,Perl,Ruby,Moshといった言語処理系の設計者,実装者の方に集まっていただき,未来の言語,100年後の言語を一緒に考えていきます。以下の方の出演を予定しています。

  • Larry Wall(Perl)
  • まつもと ゆきひろ(Ruby)
  • ひげぽん(Mosh)

「未来を予測する最良の方法は,未来を発明してしまうことだ」というアラン・ケイの有名な言葉があります。また,ポール・グレアムは『百年の言語-The Hundred-Year Language』というエッセイを書き,100年後を予想して現在どの選択肢に賭けるべきかを考察しています。

このセッションでは次の3つの質問をパネラーにぶつけ,未来の言語,100年後の言語を一緒に考えてみようと思っています。

  1. 百年後の言語はどうなっていると思いますか?
  2. 1のために,あなたは今まで何をしてきましたか?
  3. 1のために,あなたはこれから何をしますか?

言語の未来を発明するセッションにご期待ください。

実行委員会の舞台裏

さてここからは実行委員会の舞台裏について少し書いてみます。まず実行委員会で交わされる用語について。実行委員会では,プロレス由来の用語が多数使われています。まずイベントそのもののことを「試合」,その年の最初に確認されるスタッフの参加宣言のことを「闘魂宣言」といったぐあいです。これはプロレス好きの某実行委員の影響が色濃く現れている,と実行委員の間では信じられています。

次に,今年の「興行」の最大のテーマは「外人選手の招聘」にありました。私も何人かの大物外人選手に出演交渉を行いましたが,都合が悪くご出演いただけませんでした。お名前は書きませんが非常に有名であり,計算機業界に多大な影響を与えた方ばかりです。

そんな苦闘の結果,今年はLarry Wall氏の招聘に成功しました。実は当初LLFutureとYAPC::Europeの日程と重なることが判明し,Larry Wall氏の招聘は絶望とされていた時期もあったのですが,幸いにもYAPC::Europeの日程が変更になり,来日が決定しました。この外人選手招聘の成功は,今後の「興行」を左右する重要な第一歩であると確信しております。

実行委員になった感想

最後に,2年目のLLWeekendから実行委員に参加してみての感想を述べます。

実行委員に応募した動機は,最初の年にGauche,Haskellといった言語がまったく登場しなかったということです。これらの言語は2年目に初めて取り上げられ,4年目のLLRingでは「関数型言語」セッションが開催されるまでになりました。

個人的に達成感があったのは3年目のLLDNです。このときのLLNightイベントでは,念願の新宿歌舞伎町ロフトプラスワン進出を果たしました。この経験が2007年と2008年のgauche.nightに生かされることになりました。LLイベントの中心になっているjus(日本UNIXユーザ会)は数々のイベントノウハウを持った団体です。機会があればぜひLLイベントの裏方にまわってみると良いかも知れませんよ。

著者プロフィール

えんどうやすゆき

株式会社タイムインターメディア・オープンソース推進室に所属。継続ベースのアプリケーションサーバを開発する「Kahuaプロジェクト」に当初から参加。2008年にはオライリー・ジャパンから『プログラミングGauche』(共著)を出版。2007年,2008年にはオープンソースのScheme処理系Gaucheのイベント「gauche.night」を主催。

コメント

コメントの記入