LL Future×gihyo.jp presents 今年もLLのアツい夏がやってきた!

LL Future×gihyo.jp presents 今年もLLのアツい夏がやってきた! 開催直前,LLFuture 実行委員会座談会

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

いよいよイベント開催前日となりました。

本連載の締めとして,開催直前に,えんどうやすゆき氏(Kahuaプロジェクト),法林浩之氏(日本UNIXユーザ会),高野光弘氏(日本UNIXユーザ会),波田野裕一氏(日本UNIXユーザ会),佐々木健氏(アンカーテクノロジー株式会社),やましたのぶお氏の6名による特別座談会を実施しました。

LLFuture 実行委員会座談会

自己紹介とLLへの関わり

――まずはじめに,皆さんの自己紹介とLLイベントへの関わりについてお話しいただきました。

法林氏:私は,日本UNIXユーザ会(jus)に所属しており,2003年に開催された最初のイベントからLLに関わっていて,今回で6回目の参加となります。年々開催規模が拡大され,今ではjusが扱うイベントの中でも最大規模となっており,重要な位置付けを占めていると感じています。

法林浩之氏(日本UNIXユーザ会)

法林浩之氏(日本UNIXユーザ会)

高野氏:私は2005年のLLDNから参加しています。jusのイメージというとアカデミックな印象が強い中,Nightの部が非常に大きなインパクトを受けたのを覚えています。本当に凄い夜でした。

波田野氏:私も,法林さんと同じく第1回目から参加しています。第1回目のLL Saturdayでは当時四大言語と言われていたPerl,PHP,Ruby,Pythonにフォーカスを当てた内容で,150名分のチケットがすぐに売り切れてしまいました。

それ以降,楽しく参加させていただいています。最近は,仕事で使うためにオブジェクト指向を学ぶなど,公私にわたり,LLの占める割合が増えています。

えんどう氏:私はGaucheコミュニティ,Kahuaプロジェクトから参加しています。LLイベントには,2回目のLL Weekendからの参加ですね。それから3年目のLLDNのとき,夜の部の企画を担当したいと手を挙げ,新宿ロフトプラスワンでの開催にこぎ着けました。

今年のLL Futureでは「LL で未来を発明する」の番長をつとめていまして,一番未来っぽいセッションを行えればと思っています。

やました氏:2回目から実行委員として参加しています。当時,Haskellという言語にはまっていて,なんとかLLイベントにねじ込めればと思いまして(笑)。このイベントから,Haskellがある程度一般的に広まって,書籍が発行されたりもしました。また人と人のつながり,広がりもできてきたと感じています。

今年に関してはまだまったく手伝えていません(苦笑)。

法林氏:当日がんばってください(笑)。

佐々木氏:私は,インフラ回りの仕事をすることが多く,LL言語にはとてもお世話になっています。LLのイベントは一昨年のLL Ringから参加しています。イベントに関わるような人は優秀なプログラマが多いのですが,そういう方はだいたい世間より少しずれてるんですよね(笑)。その中にいると妙に安心感が得られるんです。

LLイベントの良さって?

――続いて,LLイベントの良さについて,実行委員会の立場からお話しいただきました。

法林氏:まず,運営側が楽しめる感覚を持てることが一番の良さです。私自身,趣味でバンドをやっていたこともあり,人に見てもらうことに対してとても積極的になれるんです。その感覚を持ったうえで,来場者の皆さんには見て楽しんでもらい,かつ勉強になる内容を構成したいと考えています。これはLLイベントに限らず,どんなイベントを作るときでも同じように考えています。

他のやり方があるのかもしれないですが,今のような形で実行委員会による企画・運営により,見ている側も楽しめればと思っています。

やました氏:内容に関していえば,何が良いとか悪いとかよりも,イベントそのものが楽しいことが大事ですね。さらに,参加者みんながプログラムを書くことが好きだというのも大きなポイントだと思います。

やましたのぶお氏

やましたのぶお氏

法林氏:そうですね。本当にプログラミングが好きな人たちが集まってきてくれていて,こんなにたくさん集まってくれることに驚いていますし,嬉しいです。

あと,もう1つ驚いたのが,若い人の占める割合が多い点です。過去5回のアンケート結果を見てみると,20代が中心となっています。これは喜ばしいですね。

波田野氏:イベント全体がネタに走りがちというのも特徴でしょうか(笑)。

1年目のLL Saturdayの一番最初のセッションが,小飼弾さんによるものでしたが,今思うと,この頃からすでにLLはネタ好きな人たちの集まりになっていたのかもしれません。

法林氏:そうそう。プレゼンをする人にはとくに頼んでいないのに,本当におもしろい内容の人が多くて。

波田野氏:LLイベントのコンセプトという点で見ると,LLDNの夜の部で1つのカラーが決まったように思いますね(笑)。

えんどう氏:はい。ネタ的な部分を含め,LLイベントは,ショーとしておもしろいと言う要素が含まれていると思います。加えて,本質的なところではプログラマのためのイベントなので,プログラミングの楽しさを伝えたい思いが込められていますね。それを見に来た人たちの原動力になって,自分でも何かやろうって思ってもらえるのが,LLイベントの良さではないでしょうか。

えんどうやすゆき氏(Kahuaプロジェクト)

えんどうやすゆき氏(Kahuaプロジェクト)

コメント

  • 警察に通報します

    takano32 (2008-01-29 (Tuesday) 06:48) そうそう、自分ってこんな感じだったんだぁ(違)みたいな。なんつーか、左側はもはや似顔絵レベルではなくて、モンタージュ画だよwwwこの顔見たら110番しなきゃwww

    警察に通報します。

    Commented : #1  高野光弘の被害者 (2008/09/10, 03:53)

コメントの記入