MA受賞への5つのアプローチ

第3回 100kw-sgss 渡邊 恵太さん ~アカデミックな視点から~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

日本最大級のWebアプリケーション開発コンテスト「 Mashup Awards(MA)」の受賞者の方へのインタビューを連載でお届けしてます。第3回のゲストは,昨年度(MA5),優秀賞/審査員特別賞を受賞された100kw-sgssの渡邊 恵太さんです。

優秀賞受賞作品の「CastOven(キャストオーブン)」は,あたため時間に合わせたYouTubeの動画を検索し,待ち時間ぴったりの動画を電子レンジの扉部分に取り付けられた液晶ディスプレイ上で再生する電子レンジ。

100kw-sgssの渡邊 恵太さん,松田 聖大さんのお2人は,当時,慶應義塾大学SFC研究所に所属されていて,電子レンジとYouTubeをマッシュアップするという今までにない斬新なアイデアをアカデミックなアプローチでMAに持ち込まれました。

100kw-sgssの渡邊 恵太さん

100kw-sgssの渡邊 恵太さん

それでは,渡邊さんに海外メディアにも多数取り上げられ,MA史上過去最多の問い合わせがあったというCastOvenについてコンセプトから開発秘話等についてお聞きしましょう!!

多数のメディアで取り上げられる等,海外からの反響が大きかったCastOven

-MAに応募されたきっかけは何でしょうか?

MAに出したら目立つのではないかという就職活動の意味も含めての応募

MAに出したら目立つのではないかという就職活動の意味も含めての応募

MA応募当時,私も松田君も慶應義塾大学SFC研究所に所属していたのですが,MAへの応募は有志による個人の活動です。

現在所属する「独立行政法人科学技術振興機構五十嵐デザインインタフェースプロジェクト」には今年の1月に就職しました。2009年の9月に慶應義塾大学SFCの博士号をとって卒業した後の進路がまだ決まっておらず,受賞するかしないかは別として,MAに出したら目立つのではないかという就職活動の意味も含めてのMA応募だったので,優秀賞までいただいたのはうれしい限りです。

CastOvenは,以前に所属していた研究室で2008年9月に行った「時間展」という時間をコンセプトとした展示会の際に初めて発表しました。MAでは発表・未発表問われなかったので,こういうマッシュアップもあるということを紹介できるいい機会だと思いMAに応募してみました。

今回,応募してみて面白かったのは海外からの反響が大きかったことですね。英語サイトをきちんと作っていたこともあって問い合わせも多かったです。海外のニュースサイトやテレビ,雑誌等で取り上げられたようです。

CastOvenを通じて作品のクオリティを高めることの大切さを実感

-CastOvenはどのように開発されましたか?

開発期間は3カ月くらいです。役割分担としては,発想やコンセプト,ソフトウェアは私が,ハードウェアや電子レンジのボタンのハック等の実装を松田君が分担しています。

今までの自分のやり方では,作品を作る際はコンセプト先行で外装や見た目はとりあえず置いておこうという感じだったのですが,松田君はデザイン等にこだわる子だったので作品としてのクオリティが高まりました。

今回は使用していないのですが,重さ等のデータもとれるようになっていて拡張も可能です。通常,こういった研究レベルでは,電子レンジを実際に動かすところまではやらないのですが,今回は電子レンジとしてもちゃんと動くという点がポイントで,説得力が違ってきますね。

電子レンジとしても機能するCastOven

電子レンジとしても機能するCastOven

日常生活の中にどうやって情報システムを浸透させるかという研究に2002年から取り組んでいるのですが,生活に「情報」を溶け込ませると考えたとき,新しい特殊なデバイスというのもアリだとは思うのですが,逆にユーザーが混乱してしまいかねません。そこで,家電などといった従来の文化や形式の中で情報と出会う方法もひとつの未来としてあるのではないかと考えました。

以前,ある講演で,「研究でも"これどこで売ってるの?"と言わせるくらいのものに仕上げないといけないと聞いたことがあるのですが,CastOvenを通じて作品のクオリティを高めることの大切さを実感しました。CastOvenでは「これは売っているのですか?」などの現実的な突っ込みをされる点が今までの研究と違う点ですね。

著者プロフィール

佐藤有美(さとうゆみ)

Webコミュニケーションプロデューサー。

(株)湖池屋の商品企画部にて,メールマガジンを主体としたWebコミュニティを立ち上げ,運営する。Webコミュニティでは1週間に1,000通を超えるメール対応をはじめ,ユーザー参加型の商品企画・プロモーション等,常にユーザーとの接点に立ち,“コミュニケーションの3つのしん”を体得する。2003年に独立し,Webプロデュース・プランニング,セミナー,執筆等の活動を行っている。大手飲料メーカー,女性向けポータルサイト,SP会社等,実績多数。

コメント

コメントの記入