MA受賞への5つのアプローチ

第4回 現役高校生プログラマーmoco03さん ~アイデアを次々に実現し,広報宣伝~

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

日本最大級のWebアプリケーション開発コンテスト「 Mashup Awards(MA)⁠の受賞者の方へのインタビューを連載でお届けしています。第4回のゲストは,昨年度(MA5)⁠特別賞U-23賞を受賞されたmoco03さんです。

moco03さんは愛知県在住の現役高校生。日本語の文章を1度英語に翻訳し,その翻訳文をさらに日本語に翻訳し直すことで最初の日本語よりもおもしろい文章を楽しむことができる「翻訳しまくり」というサービスで,MA5受賞者の中で最年少の受賞に輝かれました。

それでは,moco03さんにプログラミングとの出会いやMA受賞の経緯などについてお伺いしましょう!!

高校生プログラマー moco03さん

高校生プログラマー moco03さん

『翻訳しまくり』 moco03さんMA5 特別賞U-23賞 受賞

「翻訳しまくり」「Google 翻訳」のAPIを使っています。APIを使って何かできないかと考えたとき,普通に日本語を英語に翻訳するだけでは当たり前ですが,翻訳した英文をさらに日本語に翻訳し直してみるとおもしろい結果になったので,これをサービスにしようと開発に取り組みました。

(例文)

原文:
犬も歩けば棒に当たる
翻訳文:
If you walk the dog hit the bar
再翻訳文:
あなたは犬を歩けば棒を打つ

土曜日曜の部活が終わった後の時間などを使って開発し,期間は1カ月くらいかかりました。開発を始めると1日それに費やしてしまって宿題が出来なかったりしますが(笑

プログラムを始めたきっかけは何でしょうか?

小学校6年生の頃から父親にもらったPCでインターネットを見ていたのですが,⁠はてなブックマーク」等でおもしろいサービスを作っているひとを見ているうちに,自分でもこういうサービスを作れたらいいなと思うようになったことがきっかけです。実際にプログラミングを始めたのは中学3年の受験が終わった頃で,受験後の暇な時期を利用してPHPの勉強を始めました。進学先も情報系の大学に進みたいと考えていて,将来もプログラミングの仕事に就きたいです。

元々,身の回りの友だちはPCにあまり詳しくないのですが,自分のつくったサイトを教えて使ってもらったりはしています。今まで1~2人くらいプログラミングを始めたいと言う友だちも出てきて本を貸してみたのですが難しかったみたいです。中高生のプログラマーのひとたちとはインターネット上で知り合っています。

学校でのPCの授業はエクセルやワードの使い方など事務的なもので,プログラム関連の授業はありません。ワードで作った文章をみんなで見せ合って評価するといった感じの授業です。そこでSQLのセキュリティホールをついて変なタグを入れるいたずらをして怒られました。

「翻訳しまくり」には,Twitterとの連動やランキングなどソーシャルな機能も付加されていますが,普段からそういったソーシャルサービスをよく使われていますか?

MAの授賞式で知り合った方とは今もTwitterでつながっています

MAの授賞式で知り合った方とは今もTwitterでつながっています

Twitterをはじめた頃はフォロワーが少なかったので,自分からフォローしまくり,それに反応してくれたひとにフォローしてもらっていました。また,MAの授賞式で知り合った方とは今もつながっていて,ときどき会話しています。特にMAで知り合ったu_nekoさんとは年も近いので色々話しています。

今は受験勉強中で自分用のPCをインターネットに接続できない状態にしているので,Twitterは以前ほどは使っていません。どうしてもPCが必要なときは家族共用のPCを使っています。

moco03さんのTwitterアカウントはnanigashi03です。

著者プロフィール

佐藤有美(さとうゆみ)

Webコミュニケーションプロデューサー。

(株)湖池屋の商品企画部にて,メールマガジンを主体としたWebコミュニティを立ち上げ,運営する。Webコミュニティでは1週間に1,000通を超えるメール対応をはじめ,ユーザー参加型の商品企画・プロモーション等,常にユーザーとの接点に立ち,“コミュニケーションの3つのしん”を体得する。2003年に独立し,Webプロデュース・プランニング,セミナー,執筆等の活動を行っている。大手飲料メーカー,女性向けポータルサイト,SP会社等,実績多数。

コメント

コメントの記入