増井ラボノート コロンブス日和

第1回 GyaTV

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

GyaTV――Webページを自動的に表示する

楽するためには作業の絶対量を減らさなければなりません。ソフトウェアを作成する場合は,良い言語やエディタを使って効率を上げるのは基本でしょう。似た操作を繰り返す場合は,次の操作を予測することによって作業量を減らせることもあります。

しかしいくら作業を減らす工夫をしても何もしないことにはかないません。何も作業せずにソフトウェアは作成できませんが,情報を眺めたり収集したりという程度であればまったく手を動かさなくてよい可能性があります。テレビのニュースをつけっぱなしにしておくと,なんとなく世間の新しい情報について知ることができます。記憶したい情報をずっとどこかに表示しておくようにすれば,知らないうちに覚えてしまうかもしれません。

GyaTV(ギャツビー)は,登録しておいたURLをスクリーンセーバのようにランダムに表示させるWebサービスです。原理は簡単で,私が運営しているGyazzというWikiのページに登録したURLのリストから,定期的にランダムにURLを1つ選択してそのページを表示するというものです。Web上のコンテンツの中身を吟味して選択したり観賞したりしているといくら時間があっても足りませんが,自動的に表示されたものを眺めるだけなら楽です。GyaTVの原理はとても単純ですが,さまざまな応用ができて便利に利用できます。

デジタルフォトフレーム

自分のデジカメ写真をランダムに液晶画面に表示する「デジタルフォトフレーム」という製品が流行ったことがあります。こういう製品は最近あまり話題になっていないようですが,デジカメ写真をスクリーンセーバのように表示するのは気持ちが良いものです。

手持ちのパソコンやタブレットコンピュータでGyaTVを動かしておけば,デジタルフォトフレームとして使うことができます。きれいなイラストや写真のまとめがよくWebに投稿されていますが,私は「東京タワー」図1「スミソニアン博物館」図2の写真をGyaTVで表示して楽しんでいます。

図1 東京タワーのスライドショー(毎日新聞のサイトの写真をランダム表示)

図1 東京タワーのスライドショー(毎日新聞のサイトの写真をランダム表示)

図2 スミソニアン博物館のコレクション

図2 スミソニアン博物館のコレクション

GyaTV.com/xxxというURLでスライドショー表示を行うためには,Gyazz.com/GyaTV/xxxというWikiページにURLリストを登録します。たとえば図3のようにhttp://Gyazz.com/GyaTV/towerにURLのリストを登録しておけば,http://GyaTV.com/towerでスライドショーを楽しむことができます。

図3 URLのリスト

図3 URLのリスト

Wikipediaのランダム表示

あまり知られていないかもしれませんが,Wikipediaページの左側には「おまかせ表示」というリンク図4があり,これをクリックするとWikipediaのランダムなページに飛ぶようになっています。

図4 Wikipedia[おまかせ表示]ボタン(特別:おまかせ表示)

図4 Wikipediaの[おまかせ表示]ボタン</a>(特別:おまかせ表示)

Wikipediaの情報は膨大ですので,ランダムにページを表示したとき,自分が知ってる内容が出ることはほとんどありません。クリックするたびに新しい情報に触れることができるのは楽しいものです。手動でクリックしても楽しいのですが,GyaTVにおまかせページを表示するURLを登録しておけば,一定間隔で新しいページが表示されることになるのでなかなか新鮮です図5)。

図5 ランダムに表示される謎Wikipediaページ

図5 ランダムに表示される謎Wikipediaページ

図5 ランダムに表示される謎Wikipediaページ

著者プロフィール

増井俊之(ますいとしゆき)

1959年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部教授。ユーザーインターフェースの研究者。東京大学大学院を修了後,富士通半導体事業部に入社。以後,シャープ,米カーネギーメロン大学,ソニーコンピュータサイエンス研究所,産業技術総合研究所,Appleなどで働く。2009年より現職。携帯電話に搭載される日本語予測変換システム『POBox』や,iPhoneの日本語入力システムの開発者として知られる。近著に『スマホに満足してますか? ユーザインターフェースの心理学』。

コメント

コメントの記入