増井ラボノート コロンブス日和

第2回 Gyump

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

長いURLを便利にしたい

あらゆるものがURLで表現可能になりつつありますが,URLで表現する対象が膨大な量になってくると,長いURLを扱う機会が増えてきています。長いURLは取り扱いが面倒ですし,記憶するのもたいへんですから,次のような工夫がよく用いられています。

ブックマークを利用する

よく使うURLに手軽にアクセスできるようにするために,ブラウザのブックマーク機能が広く使われています。ブックマーク機能はMosaicのような初期のブラウザでも実装されていたほどポピュラーなもので,あまり機能が進化しないまま現在のブラウザでも利用されています。

ブラウザのメニューからよく使うURLにアクセスできるのは便利ですが,気軽に登録しているとあっという間にメニューが一杯になってしまいます。階層的にブックマークを管理すれば良いのですが,きちんと分類して管理するのは面倒なので,結局利用の機会が減ってくることが多いようです。

ブックマーク情報を,複数のマシンやブラウザで共有しづらいのも面倒です。最近のブラウザではブックマーク情報を複数マシンで同期できますが,こういう設定は面倒なものです。また,ブックマークをブラウザ上に記憶する代わりに,クラウド上に記憶して共有するソーシャルブックマークのようなサービスもありますが,ソーシャルブックマークは,Webページにコメントを付ける用途で利用されることが多く,頻繁に利用するURLにアクセスする用途にはあまり使われていないように思われます。

長いURLを短いURLで置き換える

長いURLに簡単にアクセスしたり他人にURLを知らせたりする場合のために,長いURLを短くしてくれるTinyURL,Bit.ly,Goo.glなどのURL短縮サービスがよく使われています。これらのサービスを利用すると,http://pitecan.com/……のような長いURLの代わりに,http://goo.gl/jx7VZyhttp://bit.ly/1LnYzAtのような短いURLを利用できます。

URLが短ければ記憶が可能かもしれませんし,他人とURLをやりとりする場合にも便利なのですが,jx7VZyのような暗号的な文字列を記憶することは困難です。覚えることができないため,ファイルなどに書いておく必要があるのであれば,長いURLを利用するのとあまり変わらないかもしれません。短い名前を自分で選べるサービスもありますが,好きな名前が使えるとは限りませんし,一度登録したURLを後で変更できないのが普通です。

また,短いURLと長いURLの対応はサーバに記憶されているので,サービスにトラブルがあったり,サービス自体が終了したりすると使えなくなるのは心配です。普通は対応データベースを取得できませんから,データをバックアップしておくこともできません。


そもそも個人的に使うURLは短くて良いはずです。私の周囲で「SFC」といえば慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスのことに決まっており,スーパーファミコンのことではありません。自分の周囲で言及することが多いものは,たいてい数文字で表現できてしまうでしょうから,よく使うものから順番に短い名前を割り当てておけば便利でしょうし,情報圧縮や効率化の面でも有利なことは間違いありません。今回は自分用の短い名前を気軽にブックマークとして活用できるGyump(ジャンプ)というサービスを紹介します。

Gyump:柔軟なURL短縮サービス

URL短縮サービスの1つであるGoo.glにhttp://pitecan.com/を登録するとhttp://goo.gl/jx7VZyのようなURLが利用できるようになります。curlコマンドで確認してみると,図1のようなHTMLとステータス301(Moved Permanently)が返ってくることがわかります。

図1 短縮URLサービスでcurlコマンドを試す

% curl -w '[%{http_code}]\n' http://goo.gl/jx7VZy
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>Moved Permanently</TITLE>
</HEAD>
<BODY BGCOLOR="#FFFFFF" TEXT="#000000">
<H1>Moved Permanently</H1>
The document has moved <A HREF="http://pitecan.com/">here</A>.
</BODY>
</HTML>
[301]
%

Goo.glや,そのほかのURL短縮サービスは,短い名前と長い名前の対応データベースを保持しており,短い名前でアクセスされたとき図1のようなHTMLとステータスコードを返すという単純なしくみで動いているようです。このようなものは自分で作るのも簡単です。

Gyumpは,ユーザが指定した名前を使って任意のURLにアクセスできるようにするサービスです。たとえば「sd」というIDを持つユーザが「map」というキーワードで東京駅の地図にアクセスしたいとき,http://gyump.com/sd/mapというURLを利用できるようにするというものです。既存の短縮サービスと異なり,Gyump.com以下の名前は任意のものが使えるので,自分のID(e.g.sd)と短い名前(e.g.map)のような任意の組み合わせを利用できます。

何も登録されていない状態でGyump.com/sd/にアクセスすると,図2のように登録フォームだけが表示されます。

図2 sd.gyump.comの初期状態

図2 sd.gyump.comの初期状態

ここで「map」というキーワードと東京駅の地図のURLを入力して登録すると,東京駅のURLが「map」という名前で登録され,登録されたURLが図3のようにリストされます。この状態ではhttp://sd.gyump.com/mapというURLで東京駅の地図にアクセスできます図4)。

図3 東京駅を登録後のリスト

図3 東京駅を登録後のリスト

図4 http://sd.gyump.com/mapにアクセスして表示される地図

図4 http://sd.gyump.com/mapにアクセスして表示される地図

リスト中の「map」をクリックすると編集モードになります。http://sd.gyump.com/map!のように,短いURLの最後に!を付けたURLにアクセスすると,直接編集ページに飛ぶことができます図5)。

図5 編集フォーム

図5 編集フォーム

著者プロフィール

増井俊之(ますいとしゆき)

1959年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部教授。ユーザーインターフェースの研究者。東京大学大学院を修了後,富士通半導体事業部に入社。以後,シャープ,米カーネギーメロン大学,ソニーコンピュータサイエンス研究所,産業技術総合研究所,Appleなどで働く。2009年より現職。携帯電話に搭載される日本語予測変換システム『POBox』や,iPhoneの日本語入力システムの開発者として知られる。近著に『スマホに満足してますか? ユーザインターフェースの心理学』。

コメント

コメントの記入