増井ラボノート コロンブス日和

第4回 Gyazo

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Gyazo

今回は「Gyazo」という画像キャプチャ/アップロードサービスを紹介します図1)。

図1 Gyazo.comトップページ

図1 Gyazo.comトップページ

Gyazoは2015年末の時点で,月間ユニークユーザ1,000万人,1日の画像アップロード数70万件という大規模なWebサービスですが,もともとは2007年ごろに私がコロンブスの卵的な発想で開発した小さなツールが大きく育ったものです。初期のGyazoは,パソコンのデスクトップを領域選択・キャプチャして,アップロードする単純なサービスでしたが,最近は動画キャプチャ機能/画像編集機能/コメント機能/検索機能/ブックマーク機能/チーム機能などが強化され,さまざまな用途に利用できる便利なツールに進化しています。

Gyazoはもちろん「画像」をもじった名前です。先月までの3回にわたり,「GyaTV」,「Gyump」,「Gyamm」など,「Gy」で始まるシステムを紹介してきましたが,これらはGyazoにちなんだものです。「京都」「キヨト」と発音する欧米人が多いように,欧米人は「gya」「kyo」などの発音が苦手らしいので「Gy」で始まるドメインは取得しやすいようです。

Gyazoの基本的な使い方

Gyazoはパソコンのデスクトップ画面の一部をキャプチャして,Webにアップロードするツールですが,従来はこのために次のような3ステップの操作が必要でした。

  • アプリを起動してスクリーンキャプチャを画像ファイル(A)としてセーブする
  • 画像編集ソフトで(A)を開き,必要部分を切り出して別のファイル(B)にセーブする
  • (B)をWebにアップロードする

一方,Gyazoを利用すると次のような1ステップで済むようになります。このような操作をGyazoると呼んでいます。

  • Gyazoを起動して画面の一部を選択すると,選択部分が自動的にWebにアップロードされて画像URLが割り当てられる

Gyazoった画像のURLはコピーバッファに保存されるので,Gyazoったあとですぐにチャット画面やメールテキストなどにURLを貼り付けることができます。

Gyazoにアップロードした画像はWeb上に残るので,あとで資料などとして利用できます。アップロードされた画像のURLは,ハッシュ関数で生成されるので,GyazoったユーザがURLを公開しない限り,他人から画像が見られることはありません。

Gyazoの実拡張装機能

Gyazoはもともと私が個人的に使うために開発したもので,前述のようなソースコードをGitHubで公開していますが,ビジネス化にともなってさまざまな機能を追加したものをGyazo.comで運用しています(いくつかの機能はGyazo Pro[課金版Gyazo]ユーザ限定です)。

編集機能

Gyazoった画像をブラウザ上で編集して文字や図形を追加できます図2)。

図2 画像を編集して矢印とテキストを追加

図2 画像を編集して矢印とテキストを追加 図2 画像を編集して矢印とテキストを追加

コメント機能

アップロードされた画像にブラウザ上でコメントを付けることができます。「EpsonのHMDを試してみてるところ。」というコメントを入力しています図3)。

図3 コメントの追加

図3 コメントの追加

検索機能

入力したコメントを使って画像を検索できます。前述の画像や編集後の画像が検索結果に現れています図4)。

図4 「hmd」で検索を行ったところ

図4 「hmd」で検索を行ったところ

ブックマーク機能

ブラウザで表示されているページをGyazoったときは,WebページのタイトルやURLがコメントに記録されます。また,アプリケーション画面をGyazoったときは「Microsoft Word」のようなアプリケーション名が記録されます。たとえば本誌のWebページをGyazoると,図5のようにページタイトル/ページURL/アプリケーション名(Firefox)が,コメントとして記録されます。

図5 本誌のページをGyazoった結果

図5 本誌のページをGyazoった結果

このように,Gyazoを画像付きブックマークとして利用できますし,WebページのタイトルやURLをもとに画像を検索することもできます。図6の例では,前回Gyazoった画像に加え,「Software」「Design」というコメントがついた画像がリストされています。

図6 「Software Design」で検索を行ったところ

図6 「Software Design」で検索を行ったところ

著者プロフィール

増井俊之(ますいとしゆき)

1959年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部教授。ユーザーインターフェースの研究者。東京大学大学院を修了後,富士通半導体事業部に入社。以後,シャープ,米カーネギーメロン大学,ソニーコンピュータサイエンス研究所,産業技術総合研究所,Appleなどで働く。2009年より現職。携帯電話に搭載される日本語予測変換システム『POBox』や,iPhoneの日本語入力システムの開発者として知られる。近著に『スマホに満足してますか? ユーザインターフェースの心理学』。

コメント

コメントの記入